思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2020年01月26日 17:41

ガチ過去問演習の意味

 今日(1月26日)は、千葉県公立高校入試問題演習「過去問道場」2日目でした。間に昼食休憩をはさみますが、例によって1日合計7時間の勉強会です。  今年は女子校状態ですね。おっさんは完全アウェー状態でございます。  「過去問道場」では、まず実際の入試と同様に1教科50分の制限時間を設け、本番さながらに過去問を解いていくことからスタートします。なんといってもこれが値打ちモノだと思っています。  人によっては、入試の過去問題集を、普通の問題集と同様にだらだらやってしまうということも結構あるようですね。 なんとももったいない!  そんなことしちゃったら、志望校の合否ボーダーを超えられるかどうかのシミ

続きを読む

—————

2020年01月25日 21:15

1学区で8校が定員割れ?1月進路志望調査発表

 例によって遅いですね。1月に中学校で行われている千葉県公立高校の志望調査の集計結果が新聞各紙で発表されました。  しかし、最近は新聞をとっていない人も多いので、ご覧になれていない受験生も少なくないかもしれません。塾に通っているお子さんであればテスト業者からの情報を塾でもらえると思いますが、独学のお子さんだと大変ですよね。こんな情報、千葉県教育委員会のホームページで公開すべきですよ。なんでこの程度のこともやらないのか。  第1学区の状況としては、現時点で志望者数が各校・各学科の定員に達していないところが結構多いです。8校13学科で「定員割れ」になっています。一番驚いたのは、千葉北高校の志願者数

続きを読む

—————

2020年01月24日 23:46

子どもの成績を上げられる家庭の特徴

 小学生の1月実力テストの成績が、教室管理者向けに閲覧可能になりました。今回もものすごい勢いで偏差値を伸ばした子どもたちがたくさんいます。成績表の返却は来週以降になる予定です。  やはり低学年は強いです。1年以上通っていて、前年度からの成績推移が比較できる小学3年生が4人在籍しているのですが、今のところ全員の成績が通算でプラス。それも11ポイント、12ポイント、15ポイント、17ポイント、18ポイント、20ポイント、28ポイント・・・という驚異的な伸びを、国語・算数のいずれかの教科、または2教科合計でたたき出しています。  やっぱりお子さんの成績を上げられるご家庭の第一の特徴、それは対処が早い

続きを読む

—————

2020年01月23日 22:24

春のカウンセリング(個人面談)お申し込み受付中!

 今日は午前中に神奈川県のある塾長先生とお会いしておりました。国語道場について、「名前から、スパルタ式の厳しい塾かと思っていました」と言われまして、そうか、そんな印象を与える塾名だったかと反省しました。確かに、「国語道場」という名称にすることが決まったときに、当時の生徒から、「塾長が竹刀をもって指導するんですか」なんて聞かれたことを思い出しました(^^;  国語はあらゆる学びの基盤、だからまず国語を鍛えましょうというのが国語道場の第一のコンセプトです。  また、「国語道」のようなものが私はあると思っております。それはすなわち、書かれたものを正しく理解するために丁寧に読むためには、読む人の心の誠

続きを読む

—————

2020年01月21日 11:19

国語道場についてのカン違い

 2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公の明智光秀役の長谷川博已さんのインタビューをテレビで見ました。明智光秀の役作りについて「本能寺」から逆算しないでくれと、脚本家から言われているとのことでした。面白いアプローチだなと思います。  私は、職業柄、子育て論の本や記事をよく読みます。これらの多くは、理想の姿から逆算する話が多いように思います。つまり、将来子どもがこんな風になってほしいなら、小さいうちから子どもにこういうことをやらせていくとうまくいく(はずだ)ということが書かれているということです。  「現役東大生に聞く、子どものときの習い事」とか「東大生が子どものときに読んでいた本」

続きを読む

—————

2020年01月20日 23:29

2月の予定

 2月の予定を公開しました。上の表をクリックしていただきますと、予定表のリンクが開かれます。  2月は何と言いましても千葉県公立高校前期選抜学力検査ということになります。国語道場は、毎週日曜日、「過去問道場」と称しまして、公立高校入試過去問を使った直前対策を実施いたします。最後の最後までお預かりしたお子さんを責任を持って指導いたします。入試本番が一番楽だったとなるくらいまで根性注入させていただきます。  同時に、2月は後期期末テスト・第4回定期テストの時期でもあります。通常授業は完全にテスト対策モード。過去問道場が行われる毎週日曜日は、正午より中学1・2年の塾生の自習用にも開放させていただきま

続きを読む

—————

2020年01月18日 20:27

いよいよ明日から「過去問道場」スタート!

 いよいよ県内私立高校の前期入試が始まりました。国語道場の受験生の中からは、早くも喜びの声が続々と届いております。12月のそっくりもぎの段階ではちょうどギリギリくらいのところかなと思われた難関校からも合格をいただきました!冬期講習での授業フルコンボが効きましたね(^^)v  しかし、今年の国語道場の受験生全員の第1志望校は、千葉県公立高校です。それに向けてさらなる追い込みをかけていきます。それが明日から始まる、千葉県公立高校入試過去問演習会「過去問道場」です。これから毎週日曜日、朝9:30~7時間ぶっ通しで、過去問を使った学習指導を行います。  まず、毎回一つの年度の全5教科の問題を入試本番と

続きを読む

—————

2020年01月17日 17:56

正しく恐れる人は救われる

 今日で阪神淡路大震災発生からちょうど25年になるんですね。朝から報道番組では関連イベントの様子が流れたり防災への備えの啓発が行われています。  大震災当時、私はちょうど大学4年生でした(一浪して1年留学しているので、2年ダブっている)。当時、ロシアではチェチェン紛争という内戦が起きていましたから、朝起きて茶の間に流れていたテレビの映像を見たとき、それが日本のものと理解できず、またロシア軍が無茶苦茶やったのかなと一瞬思ったのを思い出します。特に衝撃的だったのは、横倒しになった高速道路の映像でした。自分の中で、世の中こんな風にできていると思い込んでいたものが、もろくも崩れ去ったような感覚を持った

続きを読む

—————

2020年01月16日 23:23

今年度第3回目の「英検」・「漢検」は、国語道場では実施いたしません

 思いのほかたくさんの方からお問い合わせをいただいてしまったので、ちゃんと告知させていただきます。  国語道場では、毎年第3回目の「英検」・「漢検」は実施しておりません。理由は、入試時期にモロかぶりだからです。例えば「英検」1次試験の日程は、今年は千葉県公立高校前期選抜学力検査日の1週間前に当たります。前期学検日は、中学1・2年生の後期期末テスト・第4回定期テストの集中日にもあたります。  まぁ、やってやれないこともないのかなとは思いますが、特に「英検」なんかは聞き取り問題の雑音対策もあるため、実施時間中は塾生も完全にシャットアウトしなければいけないということで、やっぱり厳しいです。その時間、

続きを読む

—————

2020年01月15日 13:55

塾が楽しいから成績も上がる

 最近入塾した生徒の保護者の方から、お子さんが「塾が楽しくてしょうがない」と言っているとのお便りをいただきました。うれしい限りです。  ちょっと考えると、不思議な感じもします。なぜかというと、国語道場は授業中、本当に勉強ばかりしている塾だからです。  チェーン個別指導塾について伝え聞くところだと、授業中は雑談ばかりやっているというところも少なくないということです。そうやって子どもの歓心を買おうというところもあるのかもしれませんが、国語道場の場合はその正反対。ムダな私語が多いと塾長にふつうに怒られますし、塾に来る日数も多いほうなんじゃないかと思います。  つまるところ、学ぶということは根源的には

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。