国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年05月23日 23:31

国語道場では一人一人の国語力に合わせた学習指導が可能です

 昨日から「読書指数診断」の関連業務で大忙しになっております。  何しろ成績処理だけでも膨大な事務量なうえに、今回語彙力アップを達成した子どもたちには、そのレベルに合った新しい教材を使わせてあげなければいけませんから、新しい教材の発注業務あり、教材が変われば今度は指導内容も変わってきますから、指導方針を記した書式を一人一人準備する業務あり・・・というわけです。実は教材発注業務はまだ終わっておりません(^^;  今回の「読書指数診断」で、大幅語彙力アップ、語彙数30,000語達成の生徒が誕生したことはもちろん大いにうれしいことなんですが、それ以外にもうれしいことがありました。  国語道場の国語の

続きを読む

—————

2019年05月22日 23:39

知能は語彙力に現れる

 本日から、「読書指数診断」の成績表の返却を開始しました。  「読書指数診断」とは、国語道場が西千葉地区で独占的にご提供する読書指導「ことばの学校」に付属する、日本語語彙力・読解力テストです。年に2回、春と秋に実施しています。国語道場では生徒一人一人の日本語力に合った教材を選定しているため、この「読書指数診断」の成績を非常に重要視しています。  今回は、全体的に成績が良かったですね。久々に小学生の語彙力3万語マスターが誕生しましたし、教材のアップグレードにつながるような語彙力の向上が確認できた生徒もたくさん出ました。  子どもの語彙力は、おおむね1年間で2,000~3,000語程度増えることが

続きを読む

—————

2019年05月21日 20:46

子どもは、おかしな習慣を「あたりまえだ」と思っていることがよくある

 先日、小6の娘が自宅で学校の算数の宿題をやっていました。単元は分数のかけ算わり算。それとなく見てみると、分母は分母どうし、分子は分子どうしかけ算をした後に約分をやっています。  「あれ?これ、計算の途中で約分をするようにって習ってない?」  「うん。でも、別にやらなくてもいいって言われた。」  「いやぁ、そんなはずはないと思うけどなぁ。それは必ずやってね。」  本当に学校で、計算の途中に約分をやってもやらなくてもよいようなことを言われたのかどうかは分かりません。子どもが都合よく解釈しているだけかもしれません。いずれにせよ、大人から見てこういう時はこうするのが当たり前だと思うことが、必ずしも

続きを読む

—————

2019年05月20日 16:56

人より半歩先を行く勇気を持つこと

 今日は国語道場は休校日でしたが、塾長は午前中から都内某所にて、これからの英語教育についての勉強会に参加していました。  以前からこのブログでも申し上げてきていますが、日本人の英語力は、アジア最低レベルに長らく甘んじている可能性が高いんですね。米国の大学への進学を希望する人が英語力の証明に受験するテストとしてTOEFLがありますが、その国別平均点(14ページ目)、2018年度も我らが日本はアジア圏でビリから3番目でした。日本よりも低い国は、ラオスとタジキスタンくらいしかありません・・・。  これについては、母語である日本語と英語が似ていないから不利になるのは当たり前だとか、一部の金持ちのエリー

続きを読む

—————

2019年05月19日 20:55

順位を上げるために大切なこと

 いよいよ令和初めての定期テストが近づいてきました。国語道場では、来週より定期テスト対策学習会「日曜道場」をスタートします。  国語道場に入塾してくるお子さんに、私はしばしば、 「塾には何のために来るのですか?」 という質問をします。ほとんどのお子さんは、 「勉強しに」 と答えますね。これはとんでもない勘違いです。  そもそも勉強なんて学校でまずやっていることです。そして、その予習復習のごときは、第一義的に自分で家でやるべきことです。  学校の授業のほかに部活動など忙しい時間を割いてわざわざ塾にお金を払っていくのは、単に勉強をしに行くなどということであってよいはずがありません。塾には、成績を上

続きを読む

—————

2019年05月14日 20:33

コンビニの「あいさつ」はどうにかならないのか

 日本の音楽コンクールの中で国際的に最も権威があるものの一つに、浜松国際ピアノコンクールがあります。先日テレビで、この浜松国際ピアノコンクールについてのドキュメンタリー番組を見ていました。  世界中から集まる若いピアニストたちの滞在中の便宜のために、コンクールの主催者は浜松市の家庭でのホームステイのあっせんをしているそうです。ある外国人女性ピアニストのホームステイの様子を見て、私はぎょっとしてしまいました。  ホームステイ先の家庭にその女性ピアニストが到着してからしばらくして、その家の子どもたちが学校から帰ってきました。彼女は帰ってきた子どもたちに「ハロー」とあいさつをします。ところが、その子

続きを読む

—————

2019年05月08日 20:57

テスト勉強が上手な人とヘタな人の違い

 6月上旬に第1回定期テスト・前期中間テストのある学校では、テストまであと1か月を切りました。国語道場でも、テストに向けて先生たちの指導・子どもたちの学習にますます熱がこもってきました。  この時期のテスト勉強の進め方は、難しいものがありますね。試験範囲が読めないからです。  過去の試験範囲はもちろん把握しているんですが、毎年けっこう変わるので、その情報をそのまま当てはめるのは危険です。したがって、学校進度をにらみながら進めていくことになります。  しかし、「ゴールデンウィーク」があってただでさえ学校はあまり授業が進んでいませんし、今の時期は体育祭の練習で、授業がつぶれているようです。なので、

続きを読む

—————

2019年05月07日 20:33

英語力格差は、今後さらに大変なことになると確信した

 本日5月7日をもちまして、国語道場における2019年度第1回英検準会場受検のお申し込み受付を終了させていただきます。  ご存じの方も多いかと思いますが、英検の3~5級の難易度は、中学校の学習指導要領に準拠しています。中1までに学ぶ文法事項や単語力が必要とされるのが5級で、中2が4級、中3が3級ですね。  だから、今までは、中学生で準2級に合格したり、小6で5級とか中1で4級に合格したりすると、「すごいね」と言われてきたわけです。それ以上になってくると、帰国子女とか英語圏のハーフのお子さんがとるとかいうのが一般的でした。  しかし、昨年度、今年度と英検のお申し込みを承っていて、英語教育において

続きを読む

—————

2019年05月01日 18:35

受験勉強の成否は「ゴールデンウィーク」で決まる

 「ゴールデンウィーク」の途中ですが、受験生の皆さん、勉強してますか( ̄ー ̄)ニヤリ  というか、そもそも受験勉強、始めていますか( ̄▽ ̄)    国語道場の中3受験生は、今日もガンガン勉強しました。教科によってはもう中学3か年分の勉強が終わっちゃうという生徒もいます。  どうですか?勉強は順調に計画通り進んでいますか?  だいたいいつの時期までにこの問題集をここまで進めてとか、英単語はいつまでに1回終わらせてとか、そんな感じで計画を立てて進めていると思いますが、どうでしょう?当初考えていたペースで進んでいますか?  何の問題もなく進んでいるという人は、これからもその調子で頑張ってく

続きを読む

—————

2019年04月30日 21:25

「ゴールデンウィーク」中も割と普通にやっています

 まあ、塾で1週間以上休むようなところもあまりないのかなとは思いますが、ご多分に漏れず国語道場もずっと休みにはしません。  轟町中なんて、今日で前期中間テスト1か月前ですし、緑町中や千葉大附属中なども、第1回定期テスト・中間テストまであと5週間くらいですか。  この「ゴールデン・ウィーク」というのはなかなかくせ者で、休みが多いせいで学校の授業はこの時期はあまり進まないんですよね。それが、テスト前になって急に一気に進んじゃう。  この時期、学校があまり進んでいないからといって油断していると、中間テスト対策学習が十分にできないなんてことになりかねません。だから十分にこの時期に学習を進めておいて、貯

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター