国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年06月23日 14:31

長時間の勉強は本当に「効率が悪い」のか?

 時まさに第16回チャイコフスキイ・コンクール真っ最中であります。  チャイコフスキイ・コンクールは、世界で最も権威が高い芸術音楽演奏者のコンクールの一つと言われております。今回、ピアノ部門では、藤田真央さんという日本出身のコンテスタントが活躍しています。現在決勝ラウンドまで進出。  コンクールの様子は medici.tv...

続きを読む

—————

2019年06月22日 23:12

国語道場は中学2年生が一番「たいへん」

 先日の記事では、今回の第1回定期テスト・前期中間テストで90点以上の高得点を紹介しました。  しかし、国語道場は、入塾試験を実施して成績が良くて塾の実績になりそうな生徒ばかり集めている塾ではありません。あくまで生徒たちの学力・成績を上げるということに命を懸けている塾ですから、そちらの方で頑張った生徒たちも紹介したいと思います。 理科 +20点 緑町中3年 英語 +21点 緑町中3年 理科 +21点 千葉大附属中2年 理科 +22点 緑町中3年 英語 +23点 幸町第一中2年 数学 +24点 緑町中3年 社会 +24点 緑町中2年 英語 +25点 緑町中3年 理科 +31点 千葉大附属中3年

続きを読む

—————

2019年06月21日 23:38

数学が得意な人は「ウソつき」が多い

 何度も申し上げていることですが、私の塾は「国語」道場という名称ですが、数学も英語も社会も理科も教えている塾です。国語の専門塾になるつもりは毛頭ありません。  なぜか。  どうでしょう。「中学受験は算数で決まる」とか、「大学受験で一番大切な教科は英語だ」などと言った言説、皆さまどこかで一度はお聞きになったことがあるのではないでしょうか。  こういった言葉をどう考えるかについては、様々な解釈が可能です。しかし、受験についてのデータから考えるならば、このように理解するべきだと思います。すなわち、 難関校受験において、合格している受験生で国語が苦手という者はほとんどいない。合否を分けるのは算数・

続きを読む

—————

2019年06月20日 22:58

7月の予定

 7月の予定を塾生の皆様には連絡アプリにて送信させていただきました。  7月は、前半が引き続き面談実施期間で、後半が夏期講習期間に入ります。  12日(金)は、今年度第1回の漢字検定実施日です。受検者の方は検定開始時刻の15分前にご入室ください。  また、13日(土)が夏期講習の日程表提出締切日ですのでよろしくお願いいたします。  夏期講習というと、7月ではなく6月29日(土)が、講習費早期申込割引が適用される最終日です。これは中学生だけなんですが、塾外からお申し込みになる方も有効ですので、同じお申し込みになるのでしたら、この日までにご提出いただいた方がお得です。

続きを読む

—————

2019年06月20日 00:24

第1回定期テスト・前期中間テスト、高得点者が続々と

 第1回定期テスト・前期中間テストの成績が出そろってきました。  なんだか最近、高得点と言っていい点数を取ってくる生徒が多くなってきた感じがします。  国語道場を開いて初めの頃は、そこそこの点数を取れるようにするだけでも結構大変だった記憶があります。最近は、最初はなかなか点数が取れなかったお子さんたちも得点力がついて、80点台くらいは当たり前といった感じにまで成長してくれていたりします。  今、手元に点数の報告を見ても、ざっとこんな感じです。 数学 90点 中1男子 理科 92点 中3女子 英語 92点 中3女子 数学 93点 中2男子 英語 93点 中2男子 英語 93点 中1男子 社会 9

続きを読む

—————

2019年06月18日 20:51

爆発的に語彙力が伸びる低学年の時期を見逃すな!

 以前もお話しましたが、塾長の私は、ショパン好きが高じてポーランド語を勉強しています。と言っても日々忙しいので、1日30分程度できるかどうかですが。  ポーランドのクラクフという町にある語学学校が刊行しているテキストをアマゾンで購入したところ、オンラインの学習サービスがついていました。大変よくできたサービスで、音声データや練習問題が無料でついています。毎日単語テストもやってくれます。ということで、塾長は国語の授業で毎回子どもたちに漢字テストをやらせておりますが、私自身も毎日ポーランド語の単語テストを受けております。  開始から52日で192単語習得。1日3.7単語。1年続ければ1,300語く

続きを読む

—————

2019年06月17日 22:43

7月は何をする月ですか?

 おかげさまで夏期講習のお申し込みを今の時点ですでにたくさんちょうだいしております。まことにありがとうございます。  国語道場の夏期講習お申し込みは、夏期講習期間中の日程表をご提出いただくことで成立します。夏期講習期間中は、自由に通いたい日時をご指定いただく方式となっております。もちろんそれぞれの時間帯に定員がございますので、良い時間帯はお早めにお申し込みくださいますよう引き続きお願いいたします。  さて、ご提出いただいた日程を一つ一つこちらの時間割に転記する作業を進めているのですが、一つご注意いただきたいことがありましたので、この場を借りてお話しておきたいと思います。   日程表というものは

続きを読む

—————

2019年06月16日 17:57

「ちょっとひねった問題になるとできない」子の特徴

 今日は前期中間テスト・第1回定期テスト対策学習会「日曜道場」最終日でした。  と言っても参加者は3名でした(^^; それでも、今週テストのある稲浜中の生徒は1人しかいなかったので、テストの終わった中学校から来てくれた生徒がいて、とてもうれしかったです。  おまけに玉ねぎをたくさんいただきました。  私、毎日3食ジャワカレーでOKという人なので、大変ありがたいです。やりませんが。カレーは栄養価高すぎて太りますので。  テスト前の勉強を私が見ることでいろいろと思うことが出てきます。今日は、「ちょっとひねった問題」になると途端に知っていることでも出来なくなるお子さんについて書いておこうと思います

続きを読む

—————

2019年06月15日 22:12

「国語道場に通うのは楽しいと言っています」

 明日は前期中間テスト対策学習会「日曜道場」の最終日です。とは言っても、明日の時点でまだ中間テストが終わっていないのは、国語道場の中では稲浜中の生徒だけで、対象者が一人しかいません(^^;  一人でも教室を開けることはやぶさかではないんですが、ちょっと寂しいので、テストが終わった中学校のみんなもちょろっと勉強しに寄ってくださいね(^^)/  かねてお知らせしている通り、現在夏の個人面談を実施中です。  面談では、お子さん一人一人につきまして学習の進捗、問題点とその対応・解決策をお話させていただいているのですが、同時にご要望やお気づきの点をお聞きしています。  国語道場は、今年度の入るに際しまし

続きを読む

—————

2019年06月15日 00:20

夏期講習の中3受験生最優先受付は、15日(土)までです!

 連日、夏期講習のお申し込みをいただいております。まことにありがとうございます。  中3受験生はどうしても授業回数が多くなるため、優先申込受付期間を設けておりますが、その締切は本日15日(土)です。本日中にご提出いただいた方につきましては、他の学年でお申し込みになっている方よりも優先的に座席を確保させていただいております。  16日(日)以降は、どの学年も関係なく、申し込み順に座席を確保させていただきます。ちなみに、中3以外の学年の方も、本日15日にお申し込みは可能です。本日までに申し込んだ中3受験生よりは後になってしまいますが、明日以降に提出されるよりももちろん早い順番でご希望の時間帯に授業

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター