国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年10月17日 20:34

親がゴリゴリやるのを止めれば、子どもはよくなっていく

 うちで飼っている犬なんですが、かれこれここ半年ほど皮膚病に悩まされてきました。  動物病院ではアトピー性皮膚炎だと診断されて、とりあえずかゆみを抑える薬を処方してもらってきたんですが、このまま一生薬漬けになるのかと暗澹たる気持ちになったものです。  獣医師さんからは、皮膚の弱い犬の扱い方として、ブラッシングや入浴のさせ方についてアドバイスをもらいまして、その辺私も工夫するようになりました。  まず、あまり力を入れてごしごしブラシでさばかない。  なんかもう、ついつい毎朝ガシガシやってしまっていたんですね。抜け毛やフケが多いので、出来るだけとってやったほうがいいのだろうくらいに思っておりまし

続きを読む

—————

2018年10月16日 16:48

国語道場は、英検・漢検の公正な実施を心がけています

 本日、「英検(実用英語技能検定)」を主催している財団法人日本英語検定協会さんから、来年度以降も国語道場が「英検」準会場として登録されたとする旨の連絡が届きました(´▽`)...

続きを読む

—————

2018年10月15日 22:35

りおちゃん、誕生日おめでとう!

 道場で充実した塾ライフを送ってくれていることを、いつもうれしく思っています。  塾での学習が充実しているから、当然それが成績にも反映してくるだろうとは思っていましたが、実力テストや学校の定期テストと、様々なところで成果が表れてきたことは、先生たちにとっても大変な喜びです。学校の実力テストの学年順位が、夏期講習後に60番上がったと報告してくれたときは、私も本当にうれしかったです。  りおちゃんについては、だれにでも気軽に声がかけられて、ほかの学校の生徒や全然学年の違う生徒ともすぐに友達になれてしまうところが、勉強での頑張りと並んで素晴らしいところだなと思っています。  入試まであと4か月ほどで

続きを読む

—————

2018年10月11日 23:41

かんた君、誕生日おめでとう!

 かんた君は、今年の中3生最後の入塾者です。  コミュニケーション能力が高くて、ひょうきんでとてもいいキャラだなと思っています。人の話をよく聞けているので、理解も早い印象があります。  4月以降、実力テスト偏差値は回を追うごとに上がり、志望校への合格を確実なものにして言っているように思います。  このまま最後まで突っ走っていこう!先生たちも最後まで応援していきますよ!

続きを読む

—————

2018年10月10日 20:38

テレビくらい見てください

 スマートフォンの登場とその後の普及具合を見て、次のような思いを強くしております。 子どもの学習環境に関して言うと、ろくでもないものが後から後から出てくる。 これまであった「ろくでもないもの」は、えてして新しく出てきたろくでもないよりはましである。  一昔前だったら、子どもの携帯電話の使い方が問題になっていました。子どもが友達とメールのやり取りばかりしているとか、いかがわしい携帯サイトを見ているとか、とんでもない通信料金を請求されたとか、そんな感じでしたね。  そうした問題が何一つ解決されることなくスマートフォンの時代になり、携帯電話は今や“ガラケー”などと呼ばれています。スマフォを持

続きを読む

—————

2018年10月09日 20:48

中学英語でつまづかないために

 今月、国語道場では準会場として英検の1次試験、漢検が実施されます。  以前は押し売りのように(笑)生徒に検定を勧めて、何とか実施に必要な最低人数を確保していたものですが、最近は、そんなことをやらなくても、募集すると最低人数の倍くらいはすぐに受検者が集まってくれるようになりました。  塾生だけでなく、ご兄妹、親子で挑戦なんていうステキなご家族もいらっしゃいます。塾生のつながりでなく、個人的にお申し込みくださる方もいらっしゃいます。本当にありがたいことです。  英検1次試験は先週の土曜日に実施いたしました。準会場での受検のよいところの一つに、周りの目を気にせずに自分のペースでチャレンジできるとい

続きを読む

—————

2018年10月05日 18:35

ななちゃん、誕生日おめでとう!

 道場に来てくれるようになって3か月。部活などもあっていそがしい中、夏休みはみっちりとここまで学校で学んできた内容の復習をし、さらに第2回定期テストに向けた学習をがんばりました。  その結果、第2回定期テストでは、第1回に比べて約10位、学年順位を上げることができましたね。すごいことです。  でも、ななちゃんの本当に良いところは、その学ぶ姿勢だと思います。先生たちから新しいことを学んだり、分からなかったことを教えてもらった時に、欠かさず「ありがとうございます」とあいさつできるところは、本当に素晴らしいですね。  これからの成長にも期待しています。また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年10月01日 22:24

あなたの意見は聞いていません

 「あなたがもし奴隷だったら」という本を購入しました。千葉聖心高校の学校説明会に行ったとき、図書室の目立つところにあったのを読んだのですが、挿絵と文章の力に圧倒され、ぜひ子どもたちにも読んでほしいと思いました。  国語道場では、教室に早くやってきたり、授業後保護者の方のお迎えを待ったりする生徒たちのための読み物をたくさん用意しています。そのコーナーに置いておきます。  この本は、ロッド・ブラウンという画家の作品を使って絵本の体裁にまとめたもののようですが、なんと言ってもその画力に惹きつけられます。しかし、本文を書いているジュリアス・レスターという作家の、奴隷になるということについて読者に想像

続きを読む

—————

2018年09月30日 23:05

ゆいちゃん、誕生日おめでとう!

 国語道場に来てくれるようになって、2回目の誕生日ですね。  ゆいちゃんの良いところはたくさんありますが、特に挙げるとすると、それは先生たちの話をよく聞いてくれることと、出される課題を真剣に取り組んでくれるところだね。塾での勉強がとても充実している感じが、見ていてとても伝わってきます。  そして、今回の第2回テスト。英語の90点越えを始め、大変すばらしい成績で、学年順位も一気に上昇。ゆいちゃんの頑張りをいつも見ているだけに、先生たちもとてもうれしく思いました。  これからも、今のような取り組みを継続していきましょう。ゆいちゃんの未来が素晴らしいものになるように、先生たちも応援していますよ!

続きを読む

—————

2018年09月27日 21:19

秋の面談、お申込受付中です!

 お蔭様で国語道場のウェブページを、連日たくさんの方々が訪問してくださっているようです。おととい25日は、1日のページ・ヴュー(PV)数が3,000件を超えていて、驚いてしまいました。  今の時期は特段チラシをと入するなどの宣伝は行っていないのですが、ご新規のお問い合わせ、面談・入塾のお申し込みをいただいております。本当にありがたいことだと存じております。  来月は、恒例の秋の面談(秋期カウンセリング)を実施いたします。すでに塾生の皆様には連絡用アプリでお知らせをさせていただいておりますね。  すでに続々とお申込をいただいているところですが、アプリからのお申し込みが苦手だという方のために、明日

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター