国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年12月15日 18:51

塾はやっぱり人が大事

 久々の更新になりました。  冬期講習に向けてご新規の方のお問い合わせや学習相談、無料体験授業、ご入塾のお手続きを立て続けにいただきまして、おかげさまで先週はそれの対応で大変多忙でした。  それに加えまして、ちょうど先週の日曜日は、千葉の塾の先生方を招いての勉強会を主催しなければなりませんでした。ちなみに、国語道場の私は、千葉学習塾協同組合個別指導の会の責任者なのです(...

続きを読む

—————

2019年12月07日 17:53

「朝読書」の時間などがイマイチ効果がない理由

 先日の記事でも扱いましたが、PISA(国際学習到達度調査)2018における日本の読解力「低下」の話題です。朝日新聞や毎日新聞は、偶然にも「PISAショック再び」という見出しで報じています。  国立教育政策研究所の分析に、次のようなものがありました。  図が小さいですが、イメージとしましては、平均~ちょっと上くらいの読解力の子どもが減って、読解力の低い子ども、特に「レベル1」の層がグンと増えているようです。  う~ん。どうしてなんでしょうね。最近は学校で始業前に「朝読書」などといった取り組みを行っているところも多いようなんですがね。  どうしてだろうと思っていますと、このブログでもしばしば言

続きを読む

—————

2019年12月05日 23:47

読書離れで日本の子どもたちの読解力低下?これは「ことばの学校」受講生の大チャンス!

 昨年行われたPISAの結果が、昨日から大きく報道されています。曰く、日本の読解力の成績が大きく下がり、参加国・地域中15位だったと。  PISAというのは、ご存じの方も多いとは思いますが、OECDが3年に1度実施している国際的な学力テストです。この結果はしばしば日本の教育行政に大きな影響を与えています。特に2003年の結果は「PISAショック」と呼ばれて、当時の国の学習指導方針だった「ゆとり教育」を終わらせ、大きく方向転換を促すことになったことをご記憶の方も多いでしょう。  このPISAでは、読解力と数学的リテラシー、科学的リテラシーの3分野が調査されます。後の2つ、数学と科学の出来は例によ

続きを読む

—————

2019年12月01日 18:15

Vもぎ・Sもぎ、難問に立ち向かう意味

 国語道場では、本日から冬期講習がスタートしました。今年は冬休みが短いため、1・8・15日の日曜日も冬期講習日程として開講しています。  今日は、進学研究会の県立そっくりもぎの受験日でもありました。そして午後3時より恒例の「県立そっくりもぎ見直し会」を実施しました。「県立そっくりもぎ見直し会」は、模試の当日という印象がほやほやで復習には最も効果的な日に今日受けたばかりのテストを全問見直しするという学習イベントです。国語道場の中3受験生のみんなは、一日お疲れさまでした!  一人の生徒が、数学の難問の考え方を講師に質問していた時のことです。 これだけ時間をかけて解いても、まだ完全に理解しきれて

続きを読む

—————

2019年11月28日 22:32

子どもの語彙力アップには、家族そろってテレビを見るのもいいですかね、一人でネット動画鑑賞よりも

 ここ数日、立て続けにご新規の方からのお問い合わせを頂戴しております。まことにありがとうございます。  メールでお問い合わせの方にはできる限り早い返信しております。当方から2~3日たっても返信がない場合は、おそらくご利用のメールサービスで迷惑メール判定などされているものと思われます。ご遠慮なくお電話などいただければと存じます。  さて、今朝は、皿に盛られたちぎったレタスの上に前田製菓の野菜クラッカーをバリバリ割って散らしてシーザーサラダにして食べたんですけれども、前田製菓のクラッカーと言えば、 あたりまえだのクラッカー というキャッチが有名ですよね。これは、「てなもんや三度笠」というテレビ番組

続きを読む

—————

2019年11月27日 17:18

【冬期講習早期申し込み割引】の受付締め切りは、今度の土曜日(30日)です!

 一人一人に必要な勉強を必要なだけ。中学生は定額制で通い放題の国語道場の冬期講習、現在お申し込み受付中です!  詳しいご案内は、このウェブサイトのご案内ページをご覧ください。受講料は、 中学3年生 52,800円 中学2年生 25,080円 中学1年生 16,830円 詳細を読む: https://www.kokugo.chiba.jp/%e5%86%ac%e6%9c%9f%e8%ac%9b%e7%bf%92/ 中学3年生 52,800円 中学2年生 25,080円 中学1年生 16,830円 詳細を読む:...

続きを読む

—————

2019年11月24日 18:37

躍進続く!第3回定期テスト・後期中間テスト

 今日は恒例の定期テスト対策学習会「日曜道場」第4ラウンド。朝から夕方までみっちり7時間、勉強してもらいました。  「日曜道場」は基本的に自由参加で、自分のやりたいことを、どの時間からでも、期間中何時間でも勉強できるというものです。しかし、最近はオープンの9:30からラストまで参加するという生徒が多くなってきました。  今日も、今週定期テストのある緑町中や蘇我中の1・2年生だけでなく、すでにテストの終わっている緑町中の3年生たちも来てくれていました。私もずっと出ずっぱりで指導していましたが、終わってみると7時間なんてあっという間ですね。  国語道場の生徒たちには、とにかく量だけは他に負けないよ

続きを読む

—————

2019年11月23日 19:53

12月の予定

 ちょっと遅くなりましたが、12月の予定を公開させていただきます。  12月は何と言いましても冬期講習ですが、今年は学校の冬休みが短いため、その期間に設定できる講習日が少なくなってしまいます。そのため、1日・8日・15日の日曜日も朝から開校しまして、冬期講習の授業を入れていただけるようにいたしました。  冬期講習ですが、すでに12月26日(木)の午前中はすべて満席締切となっております。そのほかの日程でも間もなく満席となる時間帯がございます。大変恐れ入りますが、お早めにお申し込みいただければ幸いです。  なお、11月30日(土)までにお申し込みいただいた場合、中学生は受講料を一律1,000円引き

続きを読む

—————

2019年11月17日 22:31

第2回「漢検」の結果が返ってきました

 10月18日(金)に実施した「漢検」の結果及び成績表が先週の金曜日に漢検協会から届きました。塾生には来校時に順次返却しております。塾外から受検していただいた皆様には、明日18日(月)に発送いたします。今しばらくお待ちください。  英検も漢検も、なんで結果や成績表を金曜日に届くように準会場に送ってくるんですかね。塾外から受検していただいた方々にも、なるべく早くお送りしたいのですが、翌土曜日・日曜日は郵便局がお休みになるため、どうしても発送が週明けになってしまうのですよ。  今回合格した皆さんは、おめでとうございますです。一般に3級以上の取得が高校入試で評価されるため、「意味」があるのも3級以上

続きを読む

—————

2019年11月16日 21:00

国語道場にはいい先輩がたくさんいます

 今回の第3回定期テスト、すでに成績の出そろった緑町中3年生の中には、学年順位を一挙に十数位挙げて、学年順位一桁台を回復した実力者や、同様に大幅に順位を上げて自己最高記録に到達した苦労人などがいます。こういう子どもたちは、やはり授業中の様子も輝いているというか、いかにも頼もしい感じがいたします。  自然とその周りには、下級生たちが集まってくることになります。「桃李もの言わざれども下おのずから蹊をなす」というやつですね。そして、自分の後輩たちに、どのように勉強していったらよいのか、自分の経験から大切なことを伝えてくれています。  この間も一人の中3生が、 「日曜道場には必ず出たほうがいいよ。」

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター