国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年04月22日 21:31

みどり台パントリーに行ってきた

 ツイッターで、弥生小の門の前の広い歩道でちょっとしたイベントがあることを知ったので、家族と義弟の親子と一緒に行ってきました。  イベントの名称は「みどり台パントリー」。  こんな感じで、弥生小の前の歩道にタープテントが10張ほど並び、出店者の皆さんが、ソーセージや野菜を焼いていたり、コーヒーを淹れていたり、古本や東欧雑貨を売っていたりしていました。みどり台や西千葉ゆりの木通りにあるお店が来ていたようです。  まずは古本屋さんで本を物色。文庫本2冊を購入しました。  ドストエフスキイの「死の家の記録」は、自身のシベリア流刑の経験をもとに書かれた本。ドストエフスキイの書いたものは学生時代にた

続きを読む

—————

2018年04月18日 21:54

けいすけ君、誕生日おめでとう!

 読書指導「ことばの学校」、いつもがんばっていますね!  けいすけ君は、一つ一つの本をとにかくゆっくりと丁寧に読んでいますね。塾長も本を読むのが遅いので、ゆっくりと読む人は好きです。きちんと内容を理解したり、味わいたいと思ったら、自然とそうなるのだろうと思います。  一つの本のグループを読了したところで実施する進級診断では、すばらしい正答率で合格し、次のグループに進むことができました。本を一冊一冊味わい尽くし、そしてそれがけいすけ君の学びの力の向上につながっていることが実感できて、うれしかったです。  これからも、今のように一つ一つのことを丁寧に取り組むことを続けていってください。期待していま

続きを読む

—————

2018年04月17日 09:32

「絶対学力」を伸ばす

 今年度1回目の「読書指数診断」が終了しました。成績表等の返却は、5月15日以降になります。語彙力30,000語マスターがどれだけ誕生するか、とても楽しみです。  「読書指数診断」というのは、日本語の語彙力と読みの正確さを測るテストで、毎年2回、春と秋に実施されています。  面白いのは、このテストが全学年共通問題であるところです。小学1年生から中学3年生まで、みんな同じ問題を解きます。  それの何が面白いのかと言うと、個々の受検者の「絶対学力」を測定することができるところです。  「絶対学力」とは何か。これは私の造語なので、辞書には載っていません(^^;  どういう意味かと申しますと、年齢に関

続きを読む

—————

2018年04月16日 13:42

子どもがくだらない動画ばかり見ています

 皆さんのお宅では、スマホやタブレットでお子さんがずっと変な動画を見ているなんてことはありませんか?ネット上にこんな記事がありました。 子供がYouTubeを見すぎている とある幼児が好む”虚無Tube”の実例  虚無Tubeですか、うまいですね・・・。  恥ずかしながら、小5になるうちの娘も、結構長い時間動画を見ていることがあります。たまにちょろっと見ているものを見せてもらうのですが、正直何が面白いのかさっぱり分からないものもちらほら。くだらなすぎて絡みようがない、それをネタにコミュニケーションを取りようがないところがつらいですね。そして、正直、こんなものばかり見ていて大丈夫かと心配になって

続きを読む

—————

2018年04月09日 10:18

男の子が「読まない」のは正常な成長

 児童文学者の角野栄子さんが、「児童文学のノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞作品賞を受賞したそうですね。  角野栄子さんと言えば、なんといっても「 魔女の宅急便 」ですね。国語道場の読書指導「ことばの学校」でも「魔女の宅急便」は1と2が収録されています。子どもたちも大好きな本です。  そのほかの角野さんの作品としては、「みにくいアヒルの子」の再話、「おそとがきえた」、「ハナさんのおきゃくさま」が収録されています。読書指導「ことばの学校」のすばらしさの一つは、その収録作品のよさにあります。子どもたちには、いい言葉をたくさん吸収していってほしいものです。  さて、男の子

続きを読む

—————

2018年04月08日 12:58

だいち君、誕生日おめでとう!

 国語道場に来てくれるようになってから2度目の誕生日、おめでとう!  部活の厳しい練習がありながら、勉強でもよい成績を残せるよう頑張っているところが偉いですね。  昨年は、実力の伸長著しい1年でした。偏差値の平均は国語が5.7ポイント、数学が6.2ポイント、全教科では3.2ポイント上昇しています。そしてなんといっても、語彙力30,000語を達成したことが素晴らしかったです。  今年はいよいよ受験学年。昨年蓄えた力は、だいち君の成功の原動力になるだろうと信じています。  最後の最後まで先生たちは応援しています。これからもいっしょにがんばりましょう!

続きを読む

—————

2018年04月05日 22:23

こうすけ君、誕生日おめでとう!

 国語道場に通い始めてから、3度目の誕生日おめでとうですね!  もともととても聡明なこうすけ君でしたが、道場で最初に受けた実力テストから比べてみると、偏差値は10ポイントアップ。実力も大幅に伸びていることが分かります。  そして今、さらなる高い目標に向けて、毎日のように道場に来て勉強しているこうすけ君を見ています。これからさらにどれほど成長していくのだろうと、とても楽しみに思っています。  まだまだ先は長いですが、先生たち一同ずっとこうすけ君を応援していきますよ!

続きを読む

—————

2018年04月03日 20:48

りょうたろう君、誕生日おめでとう!

 国語道場に来てくれるようになって、3回目のハッピーバースデイですね。  昨年は、算数の偏差値が平均で8ポイント上昇、2教科では3ポイントの上昇と、なかなか飛躍の年になりましたね。普段の授業や講習での頑張りが、成果となって現れたのでしょう。素晴らしいです。  しかし、そういうこと以上に、りょうたろう君には友達がたくさんいて、その友達といつも楽しそうに道場に来てくれていることが何よりもうれしいです。  今年1年もりょうたろう君にとって素晴らしい年になるように、先生たち一同全力で応援していきます。また一緒に頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年03月31日 18:40

誰でも勉強ができるようになる方法

 早いもので今年ももう4分の1が終わるんですね。  国語道場に通ってくれているお子さんたちの人数は、お蔭様で毎月毎月創立以来最も多い記録を更新し続けています。授業が始まると、教室は熱気でむんむんしてきます。ところが、私がひどいスギ花粉症で、この時期は窓が開けられないものですから、今年、人生で初めて3月に冷房をつけました。  国語道場はこの時期、塾業界のご多分に漏れず春期講習をやっております。  国語道場の春期講習・夏期講習・冬期講習は、いわば「誰でも勉強ができるようになる」講習です。  国語道場の講習に毎回参加している生徒なら、尻上がりに実力を伸ばしていきます。中3最後になってオール5に近い内

続きを読む

—————

2018年03月27日 14:24

「英検」が落選!?大学入試新テストで「従来型」の英検は活用されないことに・・・

 いささか衝撃的なニュースが伝わってきました。   英検「落選」に衝撃 高校教諭「最も身近な試験なのに」    2021年から大学入試センター試験の後継新テスト(大学入学共通テスト)がスタートし、国語と数学では、すべてマークセンス式の現行のセンター試験とは異なり、記述式の解答が求められることになっています。そして、英語では読む・書く・聞く・話すの4技能の力を証明することが求められ、そのために「英検などの民間試験」の成績が必要されることになっている、と言われてきました。    ところが、なんとその「英検」が新制度で活用される民間試験から落選したというではありませんか

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター