国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年08月19日 21:51

小学校低学年での言語能力の低さが一生たたるかもしれないという話

 うちの小5の娘ですが、轟町にある自由保育の幼稚園に通わせていました。  入園式の時、確か園長先生が 「自分の気持ちを人に伝えられるようになりましょう」 というようなことを言われていたのを覚えています。そのほかにも、幼稚園生活の中で「自分がどういう気持ちなのか、どうしてほしいのかを言えること」の大切さが強調されていたように思います。  当時は私にあまりその点についての問題意識がなかったのですが、今振り返ってみると、とても重要なことを言われていたのだなと思い知らされます。  国語道場には、小学1年生から中学3年生までのお子さんたちが通っています。その中で、自分がどうしたいのかということを伝える言

続きを読む

—————

2018年08月17日 21:41

あつき君、誕生日おめでとう!

 あつき君が国語道場に来てくれるようになって8か月ほどですが、あつき君の能力の爆発的な開花に協力できてとてもうれしく思っています。  実力テスト偏差値は、1月→4月で数学の17ポイントアップをはじめ上昇し、定期テストの学年順位は、昨年の第3回定期テストから今年度の第1回定期テストにかけて30位以上のアップを実現しました。  普段の学習状況を見ても、国語では読解したことを自分の言葉で簡潔に記述する力に長けていますから、まだまだこれからの成長にも期待できると思っています。  入試の最後の最後まで先生たちはあつき君を応援し続けますよ。また頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年08月11日 20:05

こひろちゃん、誕生日おめでとう!

 国語道場での学習をスタートしてまだ1月ほどですが、すでにいくつもの単元の学習を終了し、各単元の確認テストもほぼ満点の成績で進められていますね。  しかし、こひろちゃんのもっと素晴らしいところは、初めて会う先生にも物おじせずに話しかけたり、またお話を聞いたりできるところです。心が落ち着いている証拠だと思います。  だから、こひろちゃんはこれからさらにもっともっと伸びていくのだろうなと想像しています。これからのこひろちゃんの成長を見られると思うと、先生たちもとても楽しい気持ちになります。  またいっしょに勉強をがんばりましょう!

続きを読む

—————

2018年08月10日 21:21

あさひ君、誕生日おめでとう!

 あさひ君が道場に通ってくれるようになってから、早いものでもう3回目の誕生日です。そして、今年はいよいよ受験生ですね。  部活の厳しい練習でフラフラになりながらも、ここまで頑張って勉強を続けてきましたね。前期中間テストでは、これまで過去最高の学年順位に到達したのは、本当に素晴らしかったです。  そして今。夏期講習の学習で見せてくれるあさひ君の答案には、たしかな学力の向上が感じられます。今月の県立そっくりもぎが楽しみに思われるくらいです。  先生たちは最後の最後まであさひ君を応援し続けます。また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年08月09日 21:11

夏休み中盤、国語道場生は毎日猛勉強!

 ここのところ大きな災害続きで、今回の台風接近はいささか緊張しましたが、国語道場のある西千葉周辺はこれといった大きな被害はなかったようです。  夏休みが始まって3週間目がもうすぐ終わろうとしています。残り3週間、ちょうど中間地点に差し掛かっているところです。  ぼーっと生きている人は気づいていないかもしれませんが、第2回定期テスト・前期期末テストまであと4週間ほどというところです。  国語道場の夏期講習は、中学生向けの内容としては、これまでの学年の総復習+第2回定期テスト・前期期末テスト対策がもれなく入っています。  そこいらのぼったくり個別指導チェーン塾のように、30万も40万も講習費を払

続きを読む

—————

2018年08月07日 19:08

よしのちゃん、誕生日おめでとう!

 よしのちゃんが国語道場に来てくれるようになってもうすぐ半年になりますが、なかなかいいペースで学習を進められていますね。  国語記述のテキストは大変よい調子で、間もなく1冊終了です。各単元の小テストも100点ばかりと、しっかりと理解しながらこなせているところがいいと思います。  今月はよしのちゃんにとって初めての実力テストがあります。よしのちゃんが力を出し切れるように先生たちも応援しています。  これからも一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年08月02日 23:38

みれなちゃん、誕生日おめでとう!

 みれなちゃんが国語道場に来てくれるようになって、もうすぐ1年になりますね!  この間はコンクールの応援に行って、初めてみれなちゃんの演奏する様子を見ました。音楽に入り込んだ様子で、とても感心しました。  国語道場ではみれなちゃんに合ったテキストを使って指導を続けてきましたが、定期テストの国語の成績が、平均で前年度よりも10点アップ、それに伴って5教科合計でも約10点アップしました。これまで頑張ってきたことが実を結び始めたようで、とてもうれしく思います。  これからのさらなる学力・成績アップを期待しています。また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年07月29日 22:00

小さくまとめないで

 今日は、青葉の森芸術文化ホールに、千葉県吹奏楽コンクール中学生C部門を聞きに行きました。  緑町中学校吹奏楽部の皆さん、 みごと金賞受賞、おめでとうございます!  国語道場塾生の部員たちが頑張っているところがみられてうれしかったのですが、さらに彼らが金賞を獲得したので、私としては1回で2度うれしい経験が出来ました。  他校の状況などを考えると、上位での金賞受賞だったのではないかと推察します。来年以降はB部門などに挑戦するのもいいのかなといった印象を持ちました。  今日入手したプログラムに、1959年に行われた第1回コンクールの出演順が掲載されていました。  なんと第1回千葉県吹奏楽コンク

続きを読む

—————

2018年07月25日 22:10

球児たちの夢のあと

 今年の国語道場は、おかげさまで猛烈に忙しく、授業やその準備などの通常の業務のほかに、ご新規の方のお問い合わせや面談などの対応を時間的にも体力的にもぎりぎりのところで実施させていただいていました。  しばらく「いったい今生徒が何人いるんだろう」という状況にまでなっていましたが、ようやく事務も落ち着き、各種データも明らかになってきました。やはりといいますか、過去最高だった昨年をさらに上回る、たくさんのお子様方に通っていただいております。本当に感謝です。  「夏の甲子園」は、東千葉代表が木更津総合に決まりましたね。3年連続出場、決勝でもコールド勝ちレベルの圧勝。  私自身、野球チームなどに所属して

続きを読む

—————

2018年07月23日 15:48

だいき君、誕生日おめでとう!

 自分の好きなことに全力で打ち込むのは、素敵なことだと思います。中学生としての活動の総決算の時期ですが、ベストを尽くせるよう祈っています。  好きなことに打ち込むことの大切さは、だいき君の礼儀正しさや受け答えのしっかりとしたところを見ればよくわかります。だいき君のそのはきはきとしたところは、これからの受験勉強やこれから先の人生において、大きな力になるだろうなと思います。  いよいよ本格的な受験勉強に専念することができる時期になりますが、だいき君の中に培われた力を生かして、先生たちは一丸となって応援していきます。最後まで一緒に頑張りましょう!

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター