国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2020年01月21日 11:19

国語道場についてのカン違い

 2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公の明智光秀役の長谷川博已さんのインタビューをテレビで見ました。明智光秀の役作りについて「本能寺」から逆算しないでくれと、脚本家から言われているとのことでした。面白いアプローチだなと思います。  私は、職業柄、子育て論の本や記事をよく読みます。これらの多くは、理想の姿から逆算する話が多いように思います。つまり、将来子どもがこんな風になってほしいなら、小さいうちから子どもにこういうことをやらせていくとうまくいく(はずだ)ということが書かれているということです。  「現役東大生に聞く、子どものときの習い事」とか「東大生が子どものときに読んでいた本」

続きを読む

—————

2020年01月20日 23:29

2月の予定

 2月の予定を公開しました。上の表をクリックしていただきますと、予定表のリンクが開かれます。  2月は何と言いましても千葉県公立高校前期選抜学力検査ということになります。国語道場は、毎週日曜日、「過去問道場」と称しまして、公立高校入試過去問を使った直前対策を実施いたします。最後の最後までお預かりしたお子さんを責任を持って指導いたします。入試本番が一番楽だったとなるくらいまで根性注入させていただきます。  同時に、2月は後期期末テスト・第4回定期テストの時期でもあります。通常授業は完全にテスト対策モード。過去問道場が行われる毎週日曜日は、正午より中学1・2年の塾生の自習用にも開放させていただきま

続きを読む

—————

2020年01月18日 20:27

いよいよ明日から「過去問道場」スタート!

 いよいよ県内私立高校の前期入試が始まりました。国語道場の受験生の中からは、早くも喜びの声が続々と届いております。12月のそっくりもぎの段階ではちょうどギリギリくらいのところかなと思われた難関校からも合格をいただきました!冬期講習での授業フルコンボが効きましたね(^^)v  しかし、今年の国語道場の受験生全員の第1志望校は、千葉県公立高校です。それに向けてさらなる追い込みをかけていきます。それが明日から始まる、千葉県公立高校入試過去問演習会「過去問道場」です。これから毎週日曜日、朝9:30~7時間ぶっ通しで、過去問を使った学習指導を行います。  まず、毎回一つの年度の全5教科の問題を入試本番と

続きを読む

—————

2020年01月17日 17:56

正しく恐れる人は救われる

 今日で阪神淡路大震災発生からちょうど25年になるんですね。朝から報道番組では関連イベントの様子が流れたり防災への備えの啓発が行われています。  大震災当時、私はちょうど大学4年生でした(一浪して1年留学しているので、2年ダブっている)。当時、ロシアではチェチェン紛争という内戦が起きていましたから、朝起きて茶の間に流れていたテレビの映像を見たとき、それが日本のものと理解できず、またロシア軍が無茶苦茶やったのかなと一瞬思ったのを思い出します。特に衝撃的だったのは、横倒しになった高速道路の映像でした。自分の中で、世の中こんな風にできていると思い込んでいたものが、もろくも崩れ去ったような感覚を持った

続きを読む

—————

2020年01月16日 23:23

今年度第3回目の「英検」・「漢検」は、国語道場では実施いたしません

 思いのほかたくさんの方からお問い合わせをいただいてしまったので、ちゃんと告知させていただきます。  国語道場では、毎年第3回目の「英検」・「漢検」は実施しておりません。理由は、入試時期にモロかぶりだからです。例えば「英検」1次試験の日程は、今年は千葉県公立高校前期選抜学力検査日の1週間前に当たります。前期学検日は、中学1・2年生の後期期末テスト・第4回定期テストの集中日にもあたります。  まぁ、やってやれないこともないのかなとは思いますが、特に「英検」なんかは聞き取り問題の雑音対策もあるため、実施時間中は塾生も完全にシャットアウトしなければいけないということで、やっぱり厳しいです。その時間、

続きを読む

—————

2020年01月15日 13:55

塾が楽しいから成績も上がる

 最近入塾した生徒の保護者の方から、お子さんが「塾が楽しくてしょうがない」と言っているとのお便りをいただきました。うれしい限りです。  ちょっと考えると、不思議な感じもします。なぜかというと、国語道場は授業中、本当に勉強ばかりしている塾だからです。  チェーン個別指導塾について伝え聞くところだと、授業中は雑談ばかりやっているというところも少なくないということです。そうやって子どもの歓心を買おうというところもあるのかもしれませんが、国語道場の場合はその正反対。ムダな私語が多いと塾長にふつうに怒られますし、塾に来る日数も多いほうなんじゃないかと思います。  つまるところ、学ぶということは根源的には

続きを読む

—————

2020年01月10日 21:50

子どもの「問題」を作っているのは大人のほう

 今は昔のことです。塾生の保護者の方からのお電話。大変な剣幕で、「もう塾を今月で辞めさせる」とのお話。  その生徒はというと、特別勉強熱心というわけではありませんでしたが、塾での取り組みは特に問題なく、宿題もたまに忘れる程度。強いて問題と言えばそれくらいで、成績も徐々に良くなっていたので、電話をいただいた時には私もちょっと驚いてしまいました。  どうなさったのかお聞きしてみると、家でボーっとしているとか、ゲームばかりしているとかとにかくやる気が感じられない。このまま塾に通わせ続けてもムダなんじゃないかなどといったことでした。  ハァーッですね。学習塾あるあるですかね。  よくよくたどってみると

続きを読む

—————

2020年01月09日 22:21

受験生にこの時期気をつけてほしいこと

 本日の中3数学の授業。生徒の答案のまる付けをしているときのこと。  (-ω-;)ウーン。計算問題が5問中3問間違い・・・。  その生徒の問題用紙を見てみると、計算途中をきちんと記しておらず、与式にちょこちょこっと小さな字でメモを書き込んでいるだけで、不正確極まりない暗算をブッこいて自爆という体たらく・・・。  これは基本的な学習習慣がついていない生徒の話ではないんです。本来はもっときちんと丁寧に取り組む生徒なんですね。  入試本番がいよいよ近づいてきて、焦りもあるのでしょう。テストで、一問でも多く正解を出したい、易しい計算問題なんかはさっさと済ませて後のほうの難問を解く時間を稼ぎたい・・・

続きを読む

—————

2020年01月08日 23:47

定期テスト対策へ道場は準備万端!お子さんを塾に追い出そう(^^)

 千葉県内の私立高校前期入試初日まで10日を切りました。国語道場の受験生たちは、少しずつ緊張感が高まりつつも、和やかにそして何時間も熱心に勉強に取り組んでいます。  中学1・2年生にとっては、今年度最後の定期テストが5~6週間後に迫ってきています。  国語道場では、冬休み終了直後からただちに学校の予習モードに入っています。予想される定期テスト範囲を、次々と学校に先んじて学んでいきます。  実は国語道場には、普段の授業でもうどんどん上の学年の内容の勉強に入っている生徒が何人もいます。このような生徒は昨年度くらいから一気に増えてきました。特に速い生徒だと、中学1年生で社会の地理・歴史の学習が一通り

続きを読む

—————

2020年01月07日 13:28

「分かりやすい」を疑え・・・思考力のひ弱な子供たち

 年末、家内から「面白いから」ということでNHK...

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター