国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年05月21日 13:31

千葉県公立高校入試平均点速報値、今年も的中!国語道場の情報力

 先週、千葉県教育委員会から、今年の2~3月に行われた公立高校入試の平均点などのデータが発表されました。  前期選抜の5科平均点が294.3点、後期が290.9点でした。  国語道場は、受験生に対し試験当日に予想平均点の速報値を知らせています。これは、国語道場が加盟する千葉学習塾協同組合情報部が、統計学的手法を用いて算出し、国語道場に提供されているものです。その数値は、 前期 295±5点 後期 290±5点 でした。毎年のことながら驚異的な正確さ。この数値を、入試当日に受験生に提供しているわけです。  受験生一人一人の内申点、模試成績の蓄積がありますから、正確な平均点情報があれば、即座に合否

続きを読む

—————

2018年05月14日 23:28

躍進する国語道場生~4月実力テストの結果より②

 4月の実力テスト、中学生もとてもがんばりました。そこで、昨日の小学生に続き、偏差値大幅アップを達成した中学生たちを湛えたいと思います(^^)/ 千葉大附属中3年のりおちゃん、国語が偏差値+5ポイントアップ! 緑町中3年のだいち君は、社会が+5ポイントアップ! 緑町中2年のあまねちゃんは、数学の偏差値がさらに+5ポイントアップ! 同じく緑町中2年のゆいちゃんは、国語が+5ポイントアップ! 緑町中1年のまおちゃん。数学が+5ポイントアップ! 緑町中2年のはやた君は、総合力で5教科+5ポイントアップでした! 轟町中2年のゆうと君は、国語の+6ポイントアップが効いて、5教科+5ポイントアップ! こち

続きを読む

—————

2018年05月13日 23:42

躍進する国語道場生~4月実力テストの結果より

 4月の実力テストの成績が返ってきました。今回も国語道場生、がんばりました!  小学生が受けているテストは、全国規模の偏差値が出るものです。国語道場では、小学生も実力テストの受験が必須です。中学受験をする・しない、本人が希望する・しないにかかわらず、全員受験です。実力テストを受けない方は、在籍を続けることができない決まりになっています。  「小学生で偏差値の出るテストなんて・・・」となんとなく感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、私の考えではそれは正しくありません。そもそも学習塾に通うのは学力向上が目的でしょう。テストを受けずしてそれを検証することは不可能です。  他のチェーン個別指導塾な

続きを読む

—————

2018年05月09日 23:07

ゆいちゃん、誕生日おめでとう!

 早いもので、ゆいちゃんが国語道場に通い始めてから4回目のハッピーバースデーですね!  もとより国語は得意でしたが、ここ2年は、ほぼ一貫して偏差値も60代後半をキープする実力。すごいです。国語は、一般に成績が乱高下しやすいと言われていますが、これほど一貫してトップクラスの成績を維持できるのは、国語の本当の力が身についている証拠だと言って間違いありません。  本当の国語力は、あらゆる教科の内容を学んだり問題を解いたりするときの考える力でもあります。そして最後の最後まで伸びるのは、その力のある人です。これからのさらなる成長を期待しています。頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年05月07日 13:47

はやた君、誕生日おめでとう!

 国語道場に来てくれるようになって2度目の誕生日だね。  はやた君は、特に国語の授業はいつも準備をしっかりとして臨んでくれているのが印象的です。ほかの教科に比べて国語が少し苦手と聞いていますが、国語の授業の最初に行う漢字テストも非常に速いペースで進級できているし、現在使っているテキストも、各単元毎回満点かそれに近い成績で進められて、もうすぐ卒業ですね。苦手なことから逃げるのではなく、積極的に向き合っていく姿勢はとても立派だと思います。  1月の実力テストでは、夏休み明けと比べて、国語の偏差値は14ポイントも伸び、ほかの教科とほとんどそん色がなくなってきました。はやた君の努力の成果ですね。  こ

続きを読む

—————

2018年04月30日 16:22

子育てには「魔法」が必要

 小5の娘が、「ジブリ映画の中で一番好き」ということで、昨日は一緒に「思い出のマーニー」を見ました。  見た後の感じが非常にさわやかで良い映画ですね。自己肯定感の低い少女が、最後には明るく元気になって、義母とも和解できてよかった。マーニーが、実は杏奈の実の祖母で、幼い杏奈を育てていたなんて、奇跡のような話ですね。  ジブリの映画だけど、これには魔法は出てこないのね。幻想的な場面はたくさんあったけど。監督は宮崎さんじゃないからかな。  まあ、そんな感想を抱いて、ほくほくして風呂に入りました。しかし、頭を洗っているうちに、ふつふつと疑問も湧き上がってきました。  杏奈を預かっていた大岩夫妻。彼らは

続きを読む

—————

2018年04月28日 19:25

みほちゃん、誕生日おめでとう!

 早くも国語道場に通い始めて2回目の誕生日ですね。  昨年の今頃は、実力テストの成績が道場の「成績優秀者」に掲示されるように頑張ろうと言っていた時期でした。有言実行で、みごと1月にはその目標を達成できましたね。素晴らしい!  中学校生活のパターンも決まったようですが、道場でもたくさん授業を入れてくれていますね。意気込みを感じます。  中学の勉強は大変なところもありますが、道場の先生たち一同、みほちゃんを応援していきます。これからも一緒に頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年04月27日 21:48

のりゆき君、誕生日おめでとう!

 国語道場からはちょっと遠いお家からがんばって通ってきてくれていますね。  読書指導「ことばの学校」の授業の前の休み時間、自分のお気に入りの本を夢中になって読んでいるところが印象的です。国語道場がのりゆき君にとって素敵な本の出会いの場になったことを、とてもうれしく思います。  そんなこともあってか、4月の実力テストの国語の偏差値は、前回から+5アップで過去最高を記録しました。楽しみながらたくさんの本を読み、日本語力を磨いて、そして結果に結びつけるなんて、すばらしいですね。  これからのさらなる成長にも期待しています。また一緒に頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年04月26日 10:39

その個別指導塾、中1のふだんの授業から5教科勉強できていますか?

 国語道場は、国語科の専門塾ではありません。国語・数学(算数)・英語・社会・理科の5教科を教える塾です。  それでなぜ「国語」道場なのかというと、学んだことを身につけ、よい成績を収められるようになるには、国語の知識やその勉強で培われる習慣などの総合的な力が最低限必要だからです。  一般的なチェーン個別指導塾ですと、英語と数学ばかり取らせています。中1、中2だと、ほとんどがそれだけやってお茶を濁していると言っていいでしょう。  しかし、先々の高校受験のことを考えると、中学1・2年で社会・理科をきちんとやらないのは致命的なミスだと言わざるを得ません。なぜなら、英語や数学は中1、中2と学年が上がるに

続きを読む

—————

2018年04月22日 21:31

みどり台パントリーに行ってきた

 ツイッターで、弥生小の門の前の広い歩道でちょっとしたイベントがあることを知ったので、家族と義弟の親子と一緒に行ってきました。  イベントの名称は「みどり台パントリー」。  こんな感じで、弥生小の前の歩道にタープテントが10張ほど並び、出店者の皆さんが、ソーセージや野菜を焼いていたり、コーヒーを淹れていたり、古本や東欧雑貨を売っていたりしていました。みどり台や西千葉ゆりの木通りにあるお店が来ていたようです。  まずは古本屋さんで本を物色。文庫本2冊を購入しました。  ドストエフスキイの「死の家の記録」は、自身のシベリア流刑の経験をもとに書かれた本。ドストエフスキイの書いたものは学生時代にた

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター