2015年11月28日 11:21

習い事がうまくいくためのただ1つのポイント

 親の本気度 親がその習い事が好きかどうか 先生を信頼しているということでなく

 子は親とのコミュニケーションを望んでいる 習い事でやっていることが好きでも、親の心が離れていれば続かない

 色々と失敗して気付いたこと その競技に興味がないわけではないが、子どもはそれを通して親とコミュニケーションをとりたいというのが第一である

 子どもが自ら進んで練習でも試合でも行ってくれるようになると期待するのは、たんなる親の都合

 評判がいいからとか先生がいいからとか言っても、続かないものは続かない なぜならあなたがそれに関心がないから

 ピアノ そもそもあなたはベートーヴェンのピアノ作品を愛していますか?

 音楽教室の人には怒られるかもしれないが、クラシック音楽など、それが好きな人が聞けば良い 皆が聞かなければいけないものでもなければ、知らないからといって恥ずかしいことでもなんでもない 情操教育というなら、興味もないものを無理にありがたがってやる方がよほど良くない

 興味に従ったもの、私はよく知らないが、ヒップホップダンス?が好きで、親子共々楽しみたいというのであれば、そういうほうがいいのではないか

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。