2016年06月12日 23:10

勉強の仕方を学び共有する「日曜道場」

 先週、今週、来週と、西千葉地区公立中学校の第1回定期テスト・前期中間テスト対策日曜道場を実施しています。

 今週テストのある緑町中や千草台中、みつわ台中の生徒たちは、さすがに学校で渡されているワーク類はほとんど終了させていました。

 こうなると、英単語や理科・社会の暗記事項の最終チェック、テスト形式による実践的なプリント学習での仕上げができるわけです。

 通常の授業などの学習では、忘れてしまったことやうろ覚えのことは調べたり確認しながら問題を解くことが多いのですが、テストではそうはいきません。実践的な形式で、つまり実際のテストのように自分の頭の中や体に染みついていることだけを使う練習は絶対に必要です。

 テスト形式でやってみると、数学なんかではできもしない暗算をして計算問題で失点する者が出てくるといったことがあります。普段の授業ではノートに式を全部書けと言われているのに、なぜかテストとなるとそういう横着をこくのですね。

 そういう時は、塾長から「なんのために普段の勉強があるんだ( ゚Д゚)」と叱られます。

 生徒によっては、朝から夕方までそれこそ6時間ほど勉強する者もいます。

 午前中はそれほどでもなかったのに、夕方近くになると良解答を書けるようになってくる。1日集中して勉強することで、めきめき成長するということもあるものです。

 そんな中で、あえて学校のワークを自主的に進めたいという生徒もいました。

 なんだ、まだ学校のワークごと気も終わっていないのかと思ったらそうではない。もうそんなものはすでに一通り終わっている、もう一度繰り返したい、なぜなら前回そうしたら成績が良かったからだと言うのです。

 大変素晴らしいですね。もちろん本人の希望通りにしてもらいました。

 ちょうどみんなが勉強している前で、そのように言ってくれたこともありがたかったです。

 轟町中の生徒たちは、テストが来週以降ですから、まだ学校のワークが終わっていないという子どもたちがほとんどでした。彼らの中には、テストの前の日までにそれが終わればいいという学習計画を立てているものも少なくありませんでした。

 しかし、そんなので好成績を収められるはずはありませんね。学校のワークなんかをテスト前ぎりぎりまでに1回通したくらいで何が身につくというのでしょう。

 実際に何度も繰り返しやったところ、いい成績をとることができたと言ってくれた生徒がいてくれたことで、テスト前までに1回やっておけばいいんじゃないのと思っていた子どもたちの刺激になったことでしょう。

 それぞれやることは別々ですが、こうしてみんなで集まって勉強することで、共有できる学びがあるものだなあと思いました。やはり日曜道場はいいものです。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。