2020年02月28日 22:44

公立小中学校休校期間における国語道場の運営につきまして~3月12日修正

 2月27日の、安倍晋三首相による、全国の小・中・高等学校・特別支援学校に対する春休みまでの休校「要請」を受けまして、周知のとおり千葉市では、公立小・中学校が3月3日~16日までの休校が決まっています。→24日(火)まで延長されました。

 これに伴いまして、塾生のご家庭から、当該期間における国語道場の運営につきましてたくさんお問い合わせをいただいておりますので、こちらにて方針を記しておきたいと思います。基本的な方針は、2009年に起きた新型インフルエンザ流行を乗り切った時の対応に基づいています。

 

◯原則として通常通り開校いたします。3月1日の「過去問道場40」、2日の「自己採点会」は予定通り実施いたします。春期講習も予定通り実施いたします。ただし、次の場合は直ちに休校いたします。

 ①学校保健安全法に基づいて、緑町中学区の小・中学校及び轟町中学区の小・中学校が同時に臨時休業(「学校閉鎖」)になった場合。

 ②塾長並びに講師、塾生のうちに1名でも感染者が発覚した場合。 

 ③「新型インフルエンザ対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言により休業の指示が出された場合。

 

◯開校時には次の点について最大限留意いたします。

 ①ドアノブやトイレの便座など不特定多数のものが触るところには、定期的に消毒をいたします。

 ②室内の換気を常に行っています。

 ③室内は湿度60%を目標に加湿し、ウィルスの働きを抑えます。

 

◯その他ご留意いただきたい点。

 ①風邪の症状のある方は、ご来校をご遠慮ください。WHOの勧告にもあるとおり、マスクはなくてもかまいません

 ②ご自分の学校が、新型コロナウィルスが原因で学校保健安全法に基づく「学校閉鎖」になった場合は、自身に感染・発症がなくとも来校をご遠慮ください。

 なお、学校の休校期間中、午前中から塾を開けてほしいといったご要望もいただいておりますが、これについては実施しない方針です。まず、千葉市の休校は、極力人が集まることを避けて感染拡大を防ごうという目的だと考えられます。その期間に敢えて人を集めるキャンペーン的行為をすることに、道義があると思われません。また、そもそもスタッフを集められないということもあります。ご了承ください。

 状況は流動的なため、今後の変更も十分ありうるということをあらかじめお含みおきください。変更があり次第、できるだけ早く告知させていただきます。

—————

戻る


友だち追加

お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。