2020年04月06日 22:59

休校につきまして

 報道にもありますように、4月7日に政府より「新型インフルエンザ等特措法」に基づく緊急事態宣言が発令され、千葉県はその対象地区に入る見通しとなっております。

 4月6日午後11時時点で、千葉県の対応の詳細は明らかではありませんが、東京都の対応案の中に学習塾の休業要請(事実上の指示)が入っているため、千葉県も同様の対応になると予想しております。

 国語道場は、過去の記事において方針を示しておりますとおり、従来の法的根拠のない自粛要請には応じてまいりませんでしたが、明日発令されるとみられる休業要請については、コンプライアンス順守の立場からそれに従い、また、新型コロナウィルス感染拡大を防ぐという趣旨に賛同し、休校させていただきます。

 なお、国語道場につきましてのお問い合わせは、お電話では火曜日~土曜日の午後2時より、通常通り承ります。メールでは、これまで通り24時間承ります。各種ご相談につきましては、十分なソーシャルディスタンスを確保したうえで、実施させていただきますので、お気軽にお尋ねください。

 塾というのは、お子さん方に勉強を教え、学力を向上させていくための場所でありますが、その運営に携わる者は、勉強で得たものを活用できる者でなければならないと思っております。このコロナ危機に際して生かすべきは、歴史の知識であろうと思います。

 今から100年ほど前に第一次世界大戦が終わっているのですが、その終結の一つの原因と言われておりますのは、「スペインかぜ」という史上最強のインフルエンザです。世界では数千万人が死に、日本だけでも数十万人が命を落としたということです。今回の新型コロナ・ウィルスがそれほど強力なものになるとは考えられませんが、「スペインかぜ」は実に1918年から1920年の3年間にわたって猛威を振るったことを踏まえて、今般のコロナ危機がここ数週間や数か月で収まらないかもしれないということは、頭に入れておく必要があろうかと考えています。

 この休校期間中に、学習面においてお預かりしているお子さん方に何も行わないというのは、私といたしましてはあり得ない対応であろうと考えております。そこで何か新しい学習指導のアプローチを研究していく所存なのですが、「スペインかぜ」のケースも踏まえまして、これから先長期にわたって活用可能な手段を構築していけるように、体制を整えていければと考えています。

—————

戻る


友だち追加

お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。