2017年12月10日 23:25

よい塾講師は教え上手ではなく、◯○◯◯上手

 今日は、中3受験生が12月度の県立そっくりもぎを受ける日でした。

 で、国語道場では、すぐその日の午後にテストの解き直しをさせる「県立そっくりもぎ」見直し会を実施します。

 しばしば、会場模擬試験はVもぎがいいんですか?それともSもぎがいいんですかといったご質問をちょうだいしますが、基本的にそこはどちらでも構いません。

 重要なのは、模試の見直し学習で、見直し学習をしないなら、模試は受ける意味がありません。どの模試でもいいので、とにかく見直しを、できればその日のうちにやってください。これは、私自身の経験から申し上げていることでもありますし、それなりに受験勉強というものを必死でやってきた経験のある人であれば、同意していただけることだと思います。

 国語道場で会場模試の見直し会をやらせる意味は、一つにはこの、「模試を受けたら見直し学習をやるもんだ」という作法を叩き込むこと、それから、子どもたちの勉強方法を監督することです。

 まあ、やっぱり甘いんですよ、勉強のやり方が。ただやらせておくだけでは。

 国語道場の「県立そっくりもぎ見直し会」も、7月から始まって今回で4回目なので、勉強の仕方はだいぶ良くなってきました。

 それでも最初のころは、

「見直し終わりました。帰ってもいいですか?」

なんて、始まって1時間くらいで調子のいいことを言ってくる生徒がいました。

「おお、そうか、じゃあ数学の大問5の(3)の解答がなぜこうなるか説明してみ。」

「・・・、いや、説明はできないです。」

「でも、お前今『見直し終わりました』って言ったよな。見直しが終わったのに説明できないってどういうことだよ」

といった感じで、そもそも「勉強する」とか、「分かる」とか、「できる」とかいうことがどういうことかってとこから教えていかないといけないわけです。

 今回12月ともなると、その辺子どもたちもだいぶ成長しましたね。どの問題も一通り考え方まで理解したところまで確認するようになりました。大したものです、国語道場の子どもたちは。

 よい塾講師というのは、教え方が上手というだけではダメなんですよね。というよりも、そんなのは当たり前です。

 それ以上に、やっぱり子どもたちの勉強の仕方をきちんと見て、たぶんここら辺がよく分かっていないんだろうなというところを察知して、ツッコミを入れる力があるかどうかが大事なんですよね。

 「ここんところ答えにこう書いてるけど、その根拠を説明してみ。」

みたいに生徒の理解のあいまいなところ、知識がうろ覚えの所を引っ張り出して、それを直視させ、そしてそれを克服させられるかどうかが腕の見せどころなんだと思います。

 講師の能力で最も重要なのは、教える能力よりもツッコミ力です。国語道場では、そこを私自身も、講師たちも大切にしています。

—————

戻る


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。