国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年06月10日 17:08

国語道場の夏期講習2019、すでに締切時間帯も出ているので告知いたします!

 先週から国語道場生向けに夏期講習のご案内の配布を開始しました。  配布した翌日からもうお申し込みをちょうだいしておりまして、7月下旬の一部の時間帯ですでに満席の枠が出ております。夏期講習をご検討の方には、お早めにお問い合わせください。昨年度も、6月下旬には一部の学年で早々に受付不可能となってしまい、その後にお問い合わせくださった方々をお断りしなければならず、大変心苦しく思っております。  国語道場のコンセプトは、現時点で勉強において自分のやるべきことは全部やるというものです。  具体的には、ここまで学校などで教わった事柄について完ぺきに身に着けるために総復習し、苦手を徹底的に克服すること、そ

続きを読む

—————

2019年06月09日 22:31

塾で分かりやすく勉強を教えてもらえば成績が上がるか?そんなバカなことがあるわけがない

 今日は、主にこれから前期中間テストがある中学校~蘇我中、花園中、稲浜中などのための定期テスト対策学習会「日曜道場」3日目でした。すでに第1回定期テスト・前期中間テストの終わった緑町中、千葉大附属中の生徒たちも自主学習に来てくれました。  今回の第1回定期テスト・前期中間テストでは、前回のテスト結果を大幅に上回る生徒が続出していて、自己最高記録を達成したとか、100点をとったといったうれしい報告がたくさん届いています。  塾長の私は大変マイナス思考の人なので、これだけみんな点数が上がっているとなると、全体の点数や平均点も上がっているんじゃないかということがまた心配になってしまいますが、ひとまず

続きを読む

—————

2019年06月08日 19:34

なぜあなたのお子さんの習い事の成果はどれもこれもイマイチなのか

 子どもの習い事について、なんとも素敵な記事に出会いました。海猫沢めろんさんという作家だそうです。  子育ての模索の経験から大きな気付きに至るまでのお話ですが、多くの親が陥りやすい状況が客観的にそれでいて突き放した感じでなく描かれていて、なおかつ重要なところはずばり押さえてある文章ですね。ぜひ皆様もご一読をお勧めいたします。  一番重要なのは、この海猫沢さんの言うように、まさにこれですよ。 「習い事」とはつまり親の問題でもあるのだ。親がちゃんと月謝を払い、情熱を持って子供を送り迎えし、家でも宿題をやらせる。そうじゃないと続かない。当たり前である。NO情熱、NO習い事  私は小6の娘にピア

続きを読む

—————

2019年06月07日 23:27

ほどほどに困らせることは子どもの成長にとって重要

 ベネッセの教育情報サイトを見ていたら、ぐっとくるタイトルの記事を見つけました。 忘れ物を届けることが子どもの考える力を奪う。普段の会話でできる思考力の育て方  以前の話ですが、塾生が何かこそこそ携帯で授業中家に連絡を取っているんですよね。  しばらくすると、その生徒のお家の方が忘れ物を届けに塾に来られるんですよ。「ああ、これはどうも、ご苦労様です」と言って受け取って生徒に渡しました。  ところが、その後こういったことが何度か続いたので、ある時私はその生徒に説教をしました。 「あのなあ、お家の人だって、お前がこうして塾に来ている間、家族のために食事を作ったり洗濯物を片づけたりしなきゃいけないん

続きを読む

—————

2019年06月06日 22:42

「聞く力」~「読解力」よりも大事?

 国語道場では、中学生の国語はすべて塾長の私が教えています。国語の記述問題の答えの添削をしていると、こういうことがよくあります。  「うん、書いてくれた答えの前半の部分はとてもいいね。で、後半のここなんだけど、この書き方だと潜水深度100メートルというのがどのような記録なのかがよく分からないよね。人間で100メートル潜るなんてとんでもないことだけど、ペンギンだったらそれほど大した記録ではないんだよね。だったら、『あまり深く潜らなかった』とはっきりと書いたほうが意味がはっきりするよね。よし、それじゃこの後半の部分だけ直してきて。」  「はい。」  と、記述問題の修正のポイントを説明して、解答を修

続きを読む

—————

2019年06月05日 22:48

小学生のうちから「論理的」な文章を読めるようにする

 来年2020年度より、新しい学習指導要領が小学校で実施されます。こちらについては、英語の教科化であるとか「プログラミング教育」であるとかしばしばお聞きになるところではないでしょうか。  学習指導要領の実施スタートは、まず1年目に小学校、そして2年目に中学校、3年目に高校という風になっています。ですから、来年2020年度に小学校の新指導要領がスタートし、2021年度に中学校、2022年度から高校となっていくことになります。大学入学共通テストも来年度(実施は2021年)から始まるので、来年度になったらみんな一斉に変わるのかというとそういうわけではありません。  杓子定規に新指導要領実施を進めてい

続きを読む

—————

2019年06月04日 23:15

そういえば漢検の申込受付締切は、今週土曜日までです!

 国語道場は英検だけでなく、漢検(日本漢字能力検定)の準会場でもあります。  令和最初の漢検は、7月12日(金)に実施いたします。  あれ、今年度第1回の漢検ってもう終わったんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は漢字検定は、それぞれの回の検定に複数の実施日が設けられているんです(問題は日程ごとに異なります)。  国語道場を準会場とする令和元年第1回の漢検は、7月12日(金)です。6月中は中学生の定期テストがありますからね。その6月を避けて検定に少しでも集中できるように、7月の日程を選択したということです。  お申し込みの締切は今週土曜日、6月8日とさせていただいておりま

続きを読む

—————

2019年06月03日 22:39

今年も個別指導チェーン塾のぼったくりシーズンがやってまいりました

 国語道場の塾生の皆様には連絡アプリにてお知らせいたしましたが、来週火曜日より個人面談を実施いたします。ご多用のところ大変恐縮ですが、万障繰り合わせの上ご来校ください。  多くの個別指導チェーンでも、営業面談が始まる時期ですね。地元の公立高校に進学するために夏期講習だけで30万とか40万円とか請求されるというアレです。  こんなバカげたことが何十年間も繰り返されているのは、何とも不思議なことです。私が国語道場を立ち上げる20年ほど前だと、『東洋経済』のような雑誌で「夏期講習だけで数十万円もの法外な費用を要求する塾がある」などと、まだまともな意見がマスコミからも流れてきていました。しかし、その後

続きを読む

—————

2019年06月02日 22:35

聖書くらい読んだほうがいい

 今日は第1回定期テスト対策学習会「日曜道場」2回目でした。今週は国語道場の所在地の学区である緑町中学校だけでなく、幸町第一中、千葉大付属中などの第1回定期テスト・前期中間テストが行われるため、参加してくれた生徒の人数が、先週よりもさらに増えました。  それにしても、みんなよく勉強しますね。朝9:30から夕方4:30まで、本当に勉強するんですよ。今回は新年度1回目の定期テストということもあり、ついこの間まで小学生だった中学1年生も、「日曜道場」でがんばっています。  私は、中学生の時は本当に勉強していませんでしたからね。そのために、自分の「目標」もなんちゃってに終わってしまったという経験があり

続きを読む

—————

2019年06月01日 16:17

国語道場は保護者もよく勉強する

 昨日お知らせしたとおり、今日は朝から英検の1次試験を実施しました。  国語道場は、英検のほかに漢検(日本漢字能力検定)の準会場校でもあるのですが、英検・漢検の準会場を運営していて驚いたのは、生徒の保護者の方が結構受検してくださることです。  最初は、受検者を募集するのに私が苦労している(英検・漢検とも実施に必要な最低人数が決まっている)ので、かわいそうに思って一肌脱いでいただいているのかと思っていたのですが、どうもそうではありません。本当に英語や漢字を勉強されて、合格を目指してチャレンジされているんですね。本当に素晴らしいことだと思います。  日本は、先進国の中でも大人が飛びぬけて勉強をしな

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター