国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年07月10日 21:59

梅雨の晴れ間

 今日は五月晴れでしたね。  「7月なのになんで五月晴れ?」  今日は旧暦の5月25日。だから五月晴れ。  旧暦は今の暦よりも1月程度遅れることが多いです。五月雨(さみだれ)は、今の暦の6月ころの雨、だから梅雨の雨のこと。  本来五月晴れは、今の5月の大気が安定して毎日のように続く好天のことではなく、梅雨の合間の晴れことですね。  国語道場画面している学園通りでは、今、アガパンサスが見頃を迎えています。  下手な写真で申し訳ない^^;  昼間に植栽帯を眺めていると、イチモンジセセリとヤマトシジミが飛び交っていましたね。  中央上部の花の塊の左下と、一番右の花の塊の右下にイチモンジセセリが1

続きを読む

—————

2015年07月09日 23:43

読解力がないとはどういうことか

 大切なことなので何度でも申し上げますが、「国語」の問題をどんどん解けるようになるスペシャルなテクニックみたいなものなんか存在しませんからね。  いや、確かに世の中には「国語」の「読解」の本はたくさん存在します。しかし、その多くが、学習者よりも指導者向けかなというものですね。  たしかに指導者という立場の人間は、それらに目を通して知っておくべきことがたくさんあるとは思います。でも、これをどれだけの子どもが使いこなせるのかなあ。ちょっと疑問です。  学びの場においては、もっとシンプルで、汎用性の高い能力が身につけられるようにすべきだと思っています。  これも重要なので何度でも繰り返しますが、国語

続きを読む

—————

2015年07月08日 23:36

本当に大切なことは、本気で子どもにやらせよう

 今度の日曜日は、私の小2の娘の初めてのピアノ発表会があります。練習してきたことが発揮できるように願っています。親もドキドキですね。  ちなみに、そういうわけで日曜日は私、千葉で娘の発表会→3時からは道場でVもぎ見直し会というスケジュールです。  ピアノに関しては、私は娘に本気で取り組んでほしいと思っています。なぜかというと、私 クラオタ だからです。音楽は、人間がその全存在をかけて取り組むに値するものだと思っています。  といっても、ベートーヴェンの父親よろしくスパルタではやっていませんよ。休日に娘の練習を見るときは、気がついたところをどんどんほめています。  ほめるということは、自分が本当

続きを読む

—————

2015年07月07日 23:50

今度の日曜日は、Vもぎ見直し会やります

 夏期講習の募集なのですが、7月1日(水)までにお問い合わせ、資料請求等していただいた方につきましては、必ず受講していただけるようにしております。  このウェブサイトのトップに「募集終了」とあるので、もう申し込めないのかと思われた方がいらっしゃったので、改めてお知らせするとともに、混乱させてしまいまして、申し訳ありませんでした。お詫び申し上げます。  さて、今度の日曜日(12日)は、道場の中3受験生にとって初めての会場模擬試験ですね。会場は穴川の敬愛学園高校、集合時間は8時10分です。  模試自体は13時に終了しますが、終了後はちょっと休憩して、15時に道場に集合しましょう。  今年も恒例のV

続きを読む

—————

2015年07月07日 00:05

暇な時に、ポケットからスマフォじゃなくて本を取り出す習慣をつけたい

 日曜日は、子どもを連れて東京銀座のヤマハへ・・・ 行ったつもりで津田沼へ。  東京へは往復で3時間かかっちゃうなあとか、交通費でCD買えちゃうなあとか、いろいろ考えて妥協してしまいました。元来出不精なもので・・・。  国語道場では、今年はおかげさまで小学生が引きも切らずご入塾いただいているという状況で、前年同時期と比べて実に4倍もの小学生においでいただいております。誠にありがたい限りです。  小学生は時間に正確ですね。というより、授業時間前入室が当たり前ですね。この辺、年とともに来るのが遅くなる中学生とは違います。  国語道場の小学生は、全員読書指導「ことばの学校」を受講しています。  この

続きを読む

—————

2015年07月04日 21:19

面談は国語道場の命です

 今日は、塾生、体験授業、入塾のお手続きということで、7件面談をさせていただきました。  通常の授業もありましたので、いささか頭がぼうっとしております。  国語道場が、こうして地域のたくさんの皆様に訪れていただける場所になっていることを、大変ありがたく思っております。  国語道場では年に3回、定期的な面談を実施しています。  私としては、基本的に全生徒の保護者の方に教室までおいでいただきたいと思っています。というか、小・中学生の保護者の方はほぼ全員、毎回ご足労くださっています。  面談の準備というのは、これは結構大変だったりします。1つの準備に数時間かかってしまうこともあります。  まずは資料

続きを読む

—————

2015年07月03日 21:50

お父さん、お母さん、あなたこそ止まりなさい

 8月23日は、私が生まれる前に死んだ祖母の命日で、母とその姉妹が東京築地の本願寺に毎年集まっておりました。  築地本願寺は仏教の寺といっても、外観はよくある木造のそれとはだいぶ違い(その後だいぶ成長してから、インド風の建物をまねてデザインされたということを知った)、中はステンドグラスにオルガンがあって、折りたたみのイス席もあるという、キリスト教の教会のようになっているユニークな寺です。  この、母と叔母たちの集まりに行くのはそれなりに楽しみで、それはなぜかというと、一つにはそのあとで築地のすし屋でみんなで食事をするからでした。もうひとつは、毎年1・2冊ずつ、寺の売店で売られている仏教漫画を買

続きを読む

—————

2015年07月02日 21:25

なぜ親は「個別指導」をしてはいけないのか

 ある程度予想していたことではありましたが、夏期講習生の募集が1日で終了となってしまい、申し訳ありませんでした。  7月1日までにお問い合わせをいただいている方につきましては、確実に授業を実施させていただきますので、ご安心ください。日程表が完成し次第、道場にご提出ください。  さて、何年か前の、ある生徒と保護者と私の三者面談でのこと。  その生徒は当時まだ入塾間もなく、宿題をしばしばやってきませんでした。面談でそのことについてご報告すると、お母様がそのお子さんに、  「え、いつも『宿題はやったの?』って聞いたら、『もうやったよ』って言ってたじゃない。」  「・・・分かんない時があるからそんとき

続きを読む

—————

2015年06月30日 23:19

夏期講習生の募集を開始いたします

 連日、塾生の面談にご新規の方のお問い合わせ、ご相談、体験授業の対応で、てんてこ舞いしております。  本日、また新たにご入塾のお手続きを承りましたので、当面の募集人数を残り3名様とさせていただきます。  いよいよ7月1日になります。折込広告などでお知らせしてまいりました通り、夏期講習のみ・夏期講習からのご入塾を希望される方の受付を、午後3時より開始いたします。しかし、上のとおり、受け入れ可能な人数が大変少なくなってしまいました。申し訳ありません。  国語道場の夏期講習中学生コースは、 ①定額制 ②5教科 ③回数が多い ところが特長です。  まず受講料ですが、中学1年生が33,048円(税込)、

続きを読む

—————

2015年06月30日 00:49

読書なんかしても読解力はつかない

 よく、「うちの子は本を読まないので国語が苦手なんです」と言われる親御さんがいらっしゃいます。「国語が苦手だったら、本をたくさん読むといいよ」なんてアドヴァイスする先生も少なくないですよね。  うーん、どうなんでしょうね。  上の例の「国語」を、読解力のことであるとすると、多くの人が読書することで読解力がつくと考えているということになるのでしょう。  しかし、ちょっとお聞きしたいのですが、自分は本はよく読む方だったが、国語の成績は今一つだったという方はいらっしゃいませんか。結構いらっしゃるのではないかと思うのですが・・・。  以前、芥川賞作家の平野啓一郎の本を読んでいて、実際そのようなことが書

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター