国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2014年09月02日 02:45

子ども体験教室が多すぎる

お母様方にとって、苦しい苦しい夏休みがようやく終わりましたね。本当にお疲れ様でした。 夏休みは子どもたちにとって既習事項の復習をする絶好の時期ですので、塾は夏期講習を大々的に実施しています。しかし、テレビの報道で見たところでは、最近は勉強以外の「体験教室」がたくさんあって、どこもなかなかの盛況のようですね。 科学実験教室は塾でも開催しているところもありますね。英語だけで子どもたちが共同生活を送るイングリッシュ・キャンプ、面白いところではお寺が企画する座禅体験もあるそうです。千葉市では、数年前から子どもたちが仮想の町を運営するというものもありますね。どれも非常に興味深く、私も中学生と小学生の息子

続きを読む

—————

2014年07月29日 02:17

吹奏楽コンクールを聴きにいきました

 中1の息子が初めて吹奏楽コンクールに出場しました。その応援もかねて、7月27日(日)は青葉の森芸術文化ホールに、千葉県吹奏楽コンクール中学C部門第2組の演奏を聴きに行きました。  ご存じの方も多いかと思いますが、吹奏楽コンクールには3つの部門があります。 A部門は、50人までの編成で課題曲と自由曲の2曲を演奏し、勝ち進むと最後に全国大会があります。B部門は、35人までの編成で自由曲1曲を演奏し、東日本大会まであります。C部門は、人数制限なしで自由曲1曲を演奏し、地方大会だけというものです。  私の息子の中学校が出場しているのもC部門なので言っていいのかなと思いますが、C部門に出場するというこ

続きを読む

—————

2014年07月22日 02:52

理科・社会はいかに「勉強」しないで済ませるか

 いよいよ夏休みが始まってしまいましたね。お母様方には長い試練のときです。心よりお見舞い申し上げます。  とは言え、子どもたちにとっては楽しい時間です。何か一つでもいいですから、お子さんと一緒に何かを見たり、やったり楽しい体験をしていただければと思っております。今回のテーマに関連して言いますと、理科や社会のような教科は、子ども時代にどれだけ体験的な学びがあったかどうかが決定的な意味を持っているように思います。  中学生の定期テストについて、保護者の方がよく言われることに、このようなものがあります。「理科や社会なんてただの暗記物じゃないですか」。  これは一面では正しい考えです。理科や社会の重要

続きを読む

—————

2014年07月15日 00:13

個人情報を守るために

 私の中1の息子宛に、聞いたことのない家庭教師センターから先月DMが届きました。  「あ、これは流出しているな」ととっさに気がつきました。  個人情報保護法が全面施行されたのが2005年、その後住民基本台帳が原則非公開になったのが2006年。  ベネッセという会社は、全国規模で住民基本台帳の個人情報を収集していました。これをお読みになっている保護者の皆様も、昔はよく進研ゼミの案内がどういうわけか送られてきていたと思います。それは、このように全国の住民基本台帳の情報を集め、そこにDMを送っていたからです。  住民基本台帳を閲覧することができたのが2005年まででしたので、現在小学3年生くらいまで

続きを読む

—————

2014年07月08日 01:18

Vもぎ見直し会で分かること

国語道場の学習指導の基本コンセプトは、やるべきことはすべてやらせるということです。塾ですので、授業が最も中心的な役務であることは間違いありません。しかし、生徒や保護者の皆様のご要望は、成績を上げること、そして志望校に合格することでありましょうから、授業を提供するということだけでは不十分です。そこで、私が受験生であった時の経験から始まって今に至るまで、学び、実践してきた様々な学習法の中で、効果的でなおかつ必要不可欠と思われるものすべてを、子どもたちにやって欲しいと思っています。そしてそれらのものを具体的にまとめ、授業時間外に取り組ませています。その一つがVもぎの見直しです。Vもぎとは、千葉県公立

続きを読む

—————

2014年07月04日 01:02

体験授業はお友達と受けてはいけません

連日、お問い合わせ、体験授業のお申し込みをいただき、まことにありがとうございます。屋外の看板に入れているチラシも毎日のように減っていまして、ウェブサイトにもたくさんの方がアクセスしてくださっています。国語道場にご関心を抱いてくださいまして、大変感謝いたしております。 いよいよ7月に入りまして、夏期講習が近づいてまいりました。中学2年生につきましては、あとお一人お引き受けいたします。国語道場は入塾テストは実施しません。早い者順です。一番最初にご入塾手続きをなさった方にお入りいただきますので、現在保留中の方、ご検討中の方におかれましては、あらかじめお含みおき下さい。 さて、最近は塾に入る前に体験授

続きを読む

—————

2014年06月30日 15:38

子どもを簡単に塾に入れてはいけません

小1の私の娘が、今年からピアノを習い始めました。ちょっと遅いとお感じなる方もいらっしゃるかも知れませんが、英才教育をするつもりはないので、これはこれで良いと思っています。ピアノを習いたいというのは、かねて娘自身が希望していたものでした。これは、幼稚園の友達の話などから興味を持ったことなのだろうと思います。しかし、敢えてすぐには習いに行かせず、1年以上我慢させておきました。果たして、1年以上経っても、彼女のピアノを習いたいという希望がなくなることはなかったので、小学校入学を機に、道場の卒業生が通っていた稲毛の音楽教室に通わせることにしました。我が娘ながら、レッスンでは先生の言うことをよく聞き、家

続きを読む

—————

2014年06月27日 03:11

個別指導塾の夏期講習料は適正か

早いもので、2014年も半分終わりですね。国語道場も、夏期講習生の募集で、西千葉地区の方々のお宅にチラシを配布させていただいております。さて、近隣の個別指導塾チェーンさんの夏期講習について、私も道場の生徒の親御さんから色々と噂をお聞きします。なんでも、中3の夏期講習だけで30万円とか場合によっては50万円とか請求されている方が結構いらっしゃるそうです。こうしたことを、私はぼったくりだとかサギだとか言うつもりは毛頭ありません。まあ、もっともテレビCMとか派手な広告を控えて、もう少し授業料を安くできるんじゃないの?などと思うところもありますが。もちろん、中3の夏休みだけで30万円やら40万円かかる

続きを読む

—————

2014年06月25日 21:45

「ことばの学校」は速読の指導ではありません

たまにご質問をいただくのですが、読書指導「ことばの学校」は速読法の指導ではありません。 むしろ、子どもに速読法なるものを身に着けさせようという親御さんがいらっしゃることに驚きを禁じえません。挑発的なことを申し上げるようですが、子どもに速読なんかをやらせようとする方は、自身が漱石やドストエフスキーもまともに読んだことがないのではありませんか。 子どもの読書で最も大切なことは、本の中の言葉から書かれていることを自分の頭の中で追体験すること、本とともに生きること、本と戦うことです。 そのように本を読むためには、一言一句として無駄な言葉は存在しません。書かれている文字を丁寧に読んでいくことが国語道場の

続きを読む

—————

2014年06月23日 14:08

子どもが変わる夏期講習

 子どもたちの夏休み、毎年あって当たり前のような気がしますが、一年ごとの夏休みは一生に一回しかありません。小学2年生の夏休み、中学3年生の夏休み・・・、みんなそれぞれ一生に一度しかないのですよね。  だから、その年その年、夏休みにやるべきことは、できる限りすべてやり遂げてもらいたいものです。  でも、子どもたちにとっては、「ああ、今年もいつものように夏休みがやってきた」というふうにしか思えないものかもしれません。一生に一度しかない今年の夏休み、それを実感して頑張らせるために、今こそ大人の働きかけが必要です。  子どもたちの夏休みの時期、多くの塾さんが夏期講習をなさると思います。たいていは、夏期

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター