国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年12月10日 12:25

千葉県私立・公立高校入試関連某重要資料入手

 千葉市内某所。今度の千葉県内の高校入試の動向についての極秘情報を入手しました。  と言うとちょっと大げさなんですが。校長会も、なんでこの程度の(しかし受験生にとっては重大な)データを一般に開示しないんでしょうかね。  この手の情報、新聞開示されるのがここのところ毎年1月の20日過ぎと非常に遅い。公立高校の願書提出が2月1日から始まるので、それまで1週間程度しか時間がありませんから、遅すぎ。  なんだかなあと思いますね。文科省はここのところ「主体的な学び」なるものを促すんだという方針を打ち出しているわけですけれども、その主体的な学びに必要な大前提は、その材料としての情報が十分に開示されているこ

続きを読む

—————

2015年12月09日 22:27

併塾について

​ 今年の秋に、地元の中学校の美術の先生が地域住民向けに陶芸教室をやってくれていて、その時にうちの娘が作った犬の食器が焼きあがり、うちに届きました。  なかなか良い出来。さっそく今日から使っています。  トップページにもありますように、現在国語道場は満員のため、新規塾生の募集を停止しております。にもかかわらず、連日のようにお問い合わせが引きも切らずという状況です。国語道場にご関心を持っていただいて、誠にありがとうございます。  先週末は5件ほどメールでのお問い合わせを頂戴しておりまして、そのご回答に昨日まで時間を要しておりました。遅筆にて誠に申し訳ありませんが、できる限り懇切にご対応させてい

続きを読む

—————

2015年12月06日 15:44

「Vもぎ見直し会が楽しかったです」

 今年は天皇誕生日が水曜日で、週末に絡まないものだから、実質的な冬休みが短いですね。  そんなわけで、国語道場では12月はさっそく昨日(5日)から土曜日・日曜日も冬期講習として朝から開校しています。みんな、志望校合格に向けて、さらなる学力向上のためにがんばって勉強に取り組んでいます。  今日(6日)は、中3受験生は午前中は県立そっくりもぎだったので、午後3時より恒例の「Vもぎ見直し会」です。  自己採点に続き、全教科・全問題の見直しを、それぞれ終わるまで、テスト当日に実行します。開始から間もなく1時間。  まあ、とにかく進研さんが配っている「解答・解説」があまりにも不親切ですよね。解説が「簡潔

続きを読む

—————

2015年12月04日 10:50

詩っていったい何が言いたいんですか?

 先日の国語の授業。茨木のり子の「薪を割る」という詩とその鑑賞文についての問題を解かせていた時のことです。  この「薪を割る」という詩はどういう詩かというと、ある人(おそらく作者)が薪割りをしていると、飼っている犬が近寄ってきてそばに寝そべるとか、虻が捨てた桃の皮の上で交尾を始めるとかそんなことが描かれている詩です。  正答率もなかなかだったのですが、まる付けのあとで生徒が、 「この詩は一体何が言いたいんですか?」という質問をしてくれました。  いやあ、素晴らしいと思いましたね。こういうことも疑問に感じずにただやれと言われた問題をやっている方が異常ですよ。さすがは道場生です。  こうした質問に

続きを読む

—————

2015年12月03日 10:45

校門配布の消しゴムを使う子どもの成績が上がらないのはなぜか

 轟町中1・2年の中間テストが返ってきている。今回は私の中で仕上がりが不十分で、結果を心配していたのだが、昨日までに報告があった分については皆点数がアップしていた。  順位が判明するまではいいか悪いかまで判断できないが、やはり国語道場のように普段から5教科やっている成果はあるのだろう。  これが塾では普段英語と数学だけしかやっていないとなると、テスト直前期まで国語や理科・社会の学習時間が0に近いなんてことになる。これじゃあ数学と英語だけはなんとかなったが、5教科合計ではダダ下がりだなんてことになりかねない。  国語道場のように普段から5教科やっていれば、その積み重ねで合計点が伸びてくるというこ

続きを読む

—————

2015年12月02日 10:47

水木しげると子育てのヒント

 うちの小2の娘が最も尊敬する漫画家の一人である水木しげるさんが亡くなった。  奇しくも、訃報が入る前日に娘が作っていたのがこのノート。 水木さんの導きがあったことは想像に難くない。  私自身、「ゲゲゲの鬼太郎」などの漫画作品はあまり読んだことはないのだけれども、妖怪図鑑が子どもの頃大好きだった。復刻されたものを娘にも買って与えたが、彼女もそれを愛読している。  妖怪は幽霊とは違う。幽霊は怨霊で、人を呪い殺すとか危害を加える危険なものだが、妖怪は、人を驚かせたり困らせたりすることはあるが、その程度のものである。概ねみんなこのような妖怪観を持っているのではないかと思うが、それは行き着くところ水

続きを読む

—————

2015年12月01日 10:53

「30㎝竹尺の入れ物を作ってください」と学校から言われた・・・

 小2の娘の学校の算数の授業で、30㎝竹尺を使うのだそうだ。  21世紀にもなって竹尺かと思ったが、さらに驚いたのは、何でも「危険だから」竹尺は教室に置いていかなければいけないのだそうで、さらに布などで作った入れ物に収納しておかなければいけないんだとか・・・。  最近の学校は正しい竹尺の使い方も教えていないのかと・・・。あれはランドセルのわきに差しておいて、戦うときに使うものだ。  ↑イメージ  それは冗談として、今の時代に30㎝竹尺なんて、教育の形骸化のシンボルでしかないなあと感じた次第。大体、皆さん生活や仕事の場で竹尺なんて使っているのだろうか?少なくとも私は学生時代を通して竹尺なんて、

続きを読む

—————

2015年11月29日 23:22

だいち君、誕生日おめでとう!

 秋の面談で気合を入れた成果か、ここのところ授業や宿題への取り組みがとてもよくなっていますね。  第3回定期テストでも成績が上向きになってきました。  高校入試まで残りあと1年ちょっととなってきました。そこに向けて、さらなる頑張りに期待しています。  先生たちもみな応援していますよ。

続きを読む

—————

2015年11月28日 20:41

Aちゃん、大学合格おめでとう!

 今年度の志望校合格第1号です!  左側の背の高いほうが生徒で、背の低いほうが担当講師です(^_^)/  中2から通ってきてくれて、今年で4年。本当に感慨深いものがあります。  高校受験の時もそうでしたが、我々のアドバイスや進めを聞きながらも、最終的には自分で考え抜いて決めるタイプですね。自分が好きなこと、得意なことから将来の志望を考え、そこから今回合格した大学の専攻を決めたという、すばらしい生徒です。  私も彼女と同じ吹奏楽部だったんですが、いや~、彼女のようには高校時代ものを考えていませんでしたな~^^;  本当に立派です。こんな素晴らしい生徒が通ってくれていて、塾をやっている者としてこ

続きを読む

—————

2015年11月28日 11:21

習い事がうまくいくためのただ1つのポイント

 親の本気度 親がその習い事が好きかどうか 先生を信頼しているということでなく 子は親とのコミュニケーションを望んでいる 習い事でやっていることが好きでも、親の心が離れていれば続かない 色々と失敗して気付いたこと その競技に興味がないわけではないが、子どもはそれを通して親とコミュニケーションをとりたいというのが第一である 子どもが自ら進んで練習でも試合でも行ってくれるようになると期待するのは、たんなる親の都合 評判がいいからとか先生がいいからとか言っても、続かないものは続かない なぜならあなたがそれに関心がないから ピアノ...

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター