国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年05月26日 01:31

国語道場が定期テストに強い秘密ーーできるまで繰り返す

 最近このブログで、「ことばの学校」のご案内を熱く繰り返していたせいか、昨年度の4倍もの小学生が通ってくれるようになりました。まことにありがとうございます。  しかししかし、もちろん中学生の生徒さんも大切に指導させて頂いております。  いよいよ西千葉周辺の中学校の第1回定期テスト(前期中間テスト)が近づいてきましたね。  国語道場の中学生は、今現在で約半数の生徒が、何らかの教科がすでに第1回定期テストの予想範囲の学習の1巡目を終えています。  学校行事の都合でテスト日程が早い緑町中の2年生以外は、テスト範囲もまだ出ていませんので、なかなかよいペースですね。  国語道場では、一人ひとりの生徒につ

続きを読む

—————

2015年05月12日 00:27

小学生の深刻な語彙力不足とその唯一の解決法

 ゴールデンウィーク「ことばの学校」無料体験会にはたくさんの皆様のご参加、まことにありがとうございました。今回は、西千葉地区の方々のみならず、遠方からお車でいらっしゃったり、電車を乗り継いで来られたりという方々も見えまして、こうしたことは国語道場を設立して初めてでしたので、大変感激いたしました。  「ことばの学校」読書指導では、指導に先立ち、簡易的な語彙力診断を実施します。小2~小6の国語の教科書に出てくる単語や表現を、学年別にそれぞれどの程度習得しているかを測るものです。  「ことばの学校」本部の方の話によりますと、全国の中学1年生の学年別語彙力で最も多いのは、なんと小4レベルだということで

続きを読む

—————

2015年05月07日 12:59

9日(土)まで!ゴールデンウィーク「ことばの学校」無料体験会

5月の大型連休は終わりましたが、国語道場のゴールデンウィーク「ことばの学校」無料体験会にご参加くださった皆様には誠にありがとうございました。お子様の国語力、あらゆることを学ぶ力の基盤になる力を本当につけるにはどうしたらよいかということのご参考にしていただければ幸甚です。 今回の体験会で特徴的でしたことは、お問合せ・ご参加いただいた皆様のお住まいの地域が広がったところです。 国語道場における「ことばの学校」読書指導が始まって今年で3年目になりますが、従来の生徒の皆様の在学校は緑町小、轟町小、弥生小、千葉大附属小といった西千葉周辺の学校でした。今回お問合せ・体験会ご参加くださった皆様の中にはお住ま

続きを読む

—————

2015年04月29日 21:42

またまた、3万語マスター誕生!

春の「読書指数診断」の成績表を返却しています。 「読書指数診断」とは、読書指導「ことばの学校」に付属する、日本語語彙力・読書力を診断するテストです。 今回の診断で、また新たに語彙力3万語マスターが誕生しました! 弥生小6年 M.K.君 おめでとう!ここのところぐっと伸びてきている感覚はあったのですが、本当によく頑張りましたね。 ここで何度も繰り返しお伝えしてきたことですが、日本語語彙力3万語とは、中学校の学習課程を習得することができる力の目安の一つです。 しかし、特段のトレーニングもなく一般的な公立小学校から中学校に進学する場合、子どもたちの多くは2万数千語程度の語彙力しか身についていません。

続きを読む

—————

2015年04月28日 03:31

中学受験、する?しない?

 小・中学生向けの読書指導「ことばの学校」を導入して今年で3年目となりますが、お蔭さまで昨年同時期の3倍を超える小学生に通っていただいております。  トップページでもご案内しております通り、ゴールデンウィークに、その「ことばの学校」無料体験会を実施いたします。まだまだご予約を受け付けておりますので、どうぞ皆様この機会に、楽しくてためになる「ことばの学校」を体験なさってください。  小学生といいますと、先週、4月の実力テストの成績表を返却いたしました。今回春期講習にご参加になった小学生の82%の偏差値がみごとに上昇しました。春期講習における苦手単元の集中的な攻略が奏功したものと考えております。

続きを読む

—————

2015年04月21日 00:13

ゴールデンウィークに「ことばの学校」の無料体験はいかがですか?

 トップページでもお知らせしております通り、「ゴールデンウィーク」後半に、開講以来大変ご好評をいただいております「ことばの学校」無料体験イベントを実施します。  「ことばの学校」読書指導って何?という方もたくさんいらっしゃると思いますので、こちらの記事ではその概要についてご説明したいと思います。  「ことばの学校」とは、朗読音声の助けを借り、古今東西の名作や子どもたちが大好きなシリーズ本、近年の入試頻出文章の原典などの本をまるごと読ませながら、同時に言葉や表現を身につけさせられるシステムです。  なぜ朗読音声を聞きながら読むのでしょうか。  それは、朗読音声を聞きながら読むことで、読み聞かせの

続きを読む

—————

2015年04月14日 00:54

塾はサボってもいいんです

 妖怪、はやっていますね。  小2のうちの娘も妖怪が大好きで、ゲームは持っていないのですが、水木しげるの妖怪の本を何冊も夢中になって読んでいます。  私もたまにパラパラと読んでみるのですが、「ゲゲゲの鬼太郎」でも有名なぬり壁という妖怪について、興味深いエピソードが書かれていました。  水木しげるさんが、太平洋戦争で南方で戦う一兵士であったことは有名ですが、ジャングルでの戦いのさなか、水木さんは何とぬり壁に遭遇したのだと言います。  敵襲から逃れ、真っ暗なジャングルの中を進むうちに、何かが前方に立ちはだかって一歩も前に進めない。なんとか前進しようと突っ込んだり、左右の脇を探ってみたりしても、何者

続きを読む

—————

2015年04月09日 22:00

10年近く以前に通われていた方からのご紹介

今日入塾のご相談にみえた方なのですが、国語道場を知ったきっかけを伺ったところ、なんと10年近く前に兄弟で通っていた生徒の保護者の方からお聞きになって、ということでした。大変驚いたとともに、感激してしまいました。 二人とも今ではすっかり社会人。上のお子さんは国語道場の前身の桜友進学会を卒業した後、さらに国立の大学院に進み、いまでは国家の官僚、下のお子さんは大学の薬学部から大企業で活躍中と伝え聞いています。 塾の卒業生が元気で活躍しているとい話だけでもうれしいのですが、いまでも私どものことを考えてくださっていることに、ただただ感謝の念に堪えません。

続きを読む

—————

2015年04月09日 13:32

ご入学、ご進級おめでとうございます!

桜は終わってしまいましたが、国語道場がある西千葉(京成みどり台)の「学園通り」は、一面かわいらしい風車で「満開」です。 週末に「学園通りこうし隊」のみなさんが植えられたんですね(私用で参加できず、すみません<m(__)m>)

続きを読む

—————

2015年04月06日 23:04

西千葉に育てられて14年目のシーズンスタート!

 いよいよ新学年がスタートしましたね。  国語道場の中学生は、3月中に次回の前期中間テスト(第1回定期テスト)範囲の予習を進め、春休み期間中は前学年の復習を集中して行いました。新年度の準備は万端です。  今年度で国語道場はおかげさまで、前身の桜友進学会から数えて開校14年目に入ります。  一方で、去る3月に、いつの間にかエルヴェ学院西千葉校さんが閉鎖されていました。これで、国語道場創立の2001年以前から西千葉にあったチェーン個別指導塾がすべて消滅しました。  この15年弱の間に、日能研ユリウスさん、個別指導Axisさん、ITTO個別指導学院さん、個別教室のトライさんなどなど、ちょっと思いつく

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター