「国語」から始めよう!

国語はあらゆる学びの力の基盤です!国語力がつけば、すべての教科の成績が上がります!


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2016年02月17日 09:43

道場寄席(よせ)ってなんですか

 本日は千葉県公立高校前期選抜の「合格」発表日ですね。  国語道場では、事前の模試成績と、入試当日の厳密な自己採点結果との照合で、大勢を予測しております。  そういうわけで、ほぼ合否の予想はできているのですが、内申書に対する評価など不確定な部分も影響するので、やっぱり本人たちから報告を聞くまではドキドキします。  なので、早めに皆さんご連絡くださいねm(_...

続きを読む

—————

2016年02月16日 21:21

ひろなり君、誕生日おめでとう!

 物静かでいつもにこやかなひろなり君ですが、心に燃えるものを持っているなといつも感じます。  今年に入って、定期テストの学年順位を40位近くも上げた努力とそれを支える精神力はすばらしいものがあります。  自分なりの勉強スタイルをつかむことができているようですね。これからのさらなる成長にも期待してしまいます。  これからも一緒にがんばっていこう!

続きを読む

—————

2016年02月13日 11:05

「ずいぶん静かにやっているんですね」

 1月の後半ころから途切れることなくお問い合わせ、入塾のご相談、無料体験授業を承っております。  昨日もまたご入塾のご連絡、まことにありがとうございます。  昨日の入塾面談で授業をご覧になったお母さまが感想を述べてくださいました。  「ずいぶん静かに(子供たちが)やっているんですね」  まあ、やはりそこは塾長に威厳があるからですね( ̄― ̄)bグッ!  静かな教室で、子どもたちが集中して勉強に取り組めるような雰囲気を作るためには、教室スタッフ一同の相当の努力が必要です。  ただ、難しいのはそれだけではやはり不十分で、静かな学習環境を作れるかどうかで一番肝心なのは教室責任者のキャラクターです。

続きを読む

—————

2016年02月12日 23:08

ひろかず君、誕生日おめでとう!

 夏期講習後はちょっと調子を崩してしまったところがあったけれども、やりましたね。  冬期講習までの頑張りで、算数では驚きの偏差値27アップ、2教科合計でも過去最高の成績を収めることができました。   これまでの努力が数字に表れてとてもよかったと思います。これからに期待だね!

続きを読む

—————

2016年02月11日 12:16

強欲で罪深きもの、汝の名は女なり

 小2の娘が家内と、学校の友達のことを話している。  娘:「◯◯ちゃんのお母さん、とってもきれいなの。とても42歳とは思えない。」  母:「(――〆)」  女子の日々の友達づきあいは、闘争であるらしい。まことにご苦労なことである。  勉強ができる、スポーツが得意、目が二重、ピアノを習っている、絵が上手、家が新しい、自分の部屋がある、お母さんが美人・・・  こういう一つ一つのことがクラス内での自分のステータスを決めていく。学級内の女子たちの序列を、スクールカーストと呼ぶそうだ。  男子の場合、そこまで激烈な序列争いはないように思う。いや、私が鈍感だっただけか?  相原コージという天才的な漫画家が

続きを読む

—————

2016年02月10日 10:54

千葉県公立高校前期選抜 的中したことと反省点

 一昨日から国語道場の新規塾生募集のチラシを入れさせていただいております。連日お問い合わせをいただいておりまして、昨日1日だけでも3件のご新規のお問い合わせ、入塾面談のお申し込みを頂戴いたしました。まことにありがとうございます。  大人気の読書指導「ことばの学校」ですが、昨年後半ごろから満席の時間帯が増えていて、新しくお入りいただくことが難しくなっておりました。  しかし、このたび新たに1台分機材を導入いたしましたので、現在のところほぼすべての時間帯にご新規でお入りいただけます。どうぞこのチャンスに、楽しみながら日本語の読む力と語彙力を確実に伸ばせる読書指導「ことばの学校」をお始めになってはい

続きを読む

—————

2016年02月07日 16:38

読解力は知識量でもある

 今日は千葉県公立高校前期入試前最後の日曜道場でした。  緑町中や稲毛中、千草台中、みつわ台中は第4回定期テスト(後期期末テスト)が公立高校前期入試と同日実施なので、その対策も兼ねました。  うれしかったのは、定期テストまでまだ1か月ほど時間のある高校生や、なんと第1志望の私立高校に合格し、入試がすでに終了したた生徒も自習に来てくれたことでした。  指定校推薦で希望の大学進学が決まった生徒にしても、1月の入試で難関私立高校への進学が決まった生徒にしても、学ぶ意欲が一向に衰えません。私としては、これが一番うれしいですね。  アリストテレスは、「すべての者が再現されたもの(とりあえずここでは文学作

続きを読む

—————

2016年02月05日 21:23

こうた君、誕生日おめでとう!

 いいですね。とても集中して取り組めています。次のテストに向けて、気合が入っていますね。  入試まであと1年となりましたが、そこまでの道程、定期テストやVもぎといった節目があります。その一つ一つに目標を決め、結果を検証して進んでいきましょう。  君ならきっと大きな成果を上げられるはずです。  まずは、次の定期テストです。今の調子で頑張れ!

続きを読む

—————

2016年02月05日 10:25

ことばの学校は「習い事」ではありません

 昨日は、低学年から塾を始めることはよいことだということを申し上げました。子どもの学力を驚異的なレベルまで伸ばす下地を作るために有効だからです。  ただ、「習い事」を詰め込む感覚で国語道場を入れる・・・、という感覚の方がいらっしゃいましたら、ちょっと冷静になっていただきたいと思います。  念のために申しておきますと、私は自分の子どもの習い事については常に真剣です。  少なくとも週に1日は、娘のピアノの練習に付き合っています。1回に90分くらいはやりますかね。  おかげでみるみる上達して、もうじきに私を超えていきそうな具合(^^;  私が「なんだかなー」と思ってしまうのは、やみくもに子どもの空い

続きを読む

—————

2016年02月04日 11:31

低学年のお子さんの入塾が増えていることは、とてもよいことだと思っています

 連日のお問い合わせ、誠にありがとうございます。  新年度生の募集チラシですが、8日から配布を開始します。近隣の皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありません。お手元に届きましたらどうぞご笑覧くださいませ。  道場入口看板にも同じものをご用意しております。ただし、補充してもすぐになくなってしまうため、入れ物に入っていない場合がございます。その際は、どうぞご遠慮なく教室にご請求ください。  さて、国語道場では新小学1年生~新中学3年生までのお子さんを募集しています。高校生は、入りきらないため、中学から継続する方のみお引き受けしています。  それで、最近は小学3年生以下の低学年のお子さんのご入塾が増え

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター