国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2014年12月22日 13:35

国語道場生の成績アップの秘密は、圧倒的な学習時間にあり

国語道場では、先週の土曜日(20日)から、どこよりも早く冬期講習が始まっています。中3受験生はもちろん、中1・中2生、小学生も、朝から頑張って勉強しています。 国語道場は、講習期間中は約10時間開校しているのですが、ほとんどその間ぶっ通しで勉強している子どもたちも少なくありません。多くは中3受験生ですが、中学1・2年生もいます。本当に国語道場の生徒たちはよく勉強するなあと、塾長の私が驚くほどです。 こういうことが可能なのは、国語道場の授業料が安価で定額、通い放題であることにもあります。一般的なチェーン個別指導塾では授業を増やせば増やすほど受講料が高くなるため、こんなに授業に出られては何十万円に

続きを読む

—————

2014年12月18日 23:49

塾長のトークネタ、ニュースレターネタも買う時代?

皆さんのところにも、いろいろな商品案内のダイレクトメールは届くと思いますが、学習塾にも様々なものが届きます。 塾ですので、教室で使う新しい教材の案内が一番多いですね。その他に、事務機器などの紹介も届きます。 今日届いたのは、なんと塾通信のコラムの記事を定期的に送るので買いませんかというものでした(-_-;) 確かにサンプルで載っていた記事は、なかなか興味深い教養ものでしたけれども・・・ 案内の主のホームページをチラッと見てみると、なんと生徒や保護者の方向けのトークネタの映像まで販売していることが分かりました。 うーん、いいのか? まぁ、私は、不器用な感じではありますが、自分の頭で考えたこと、自

続きを読む

—————

2014年12月16日 01:33

松岡修造氏による羽生結弦選手へのインタビューが素晴らしかった

国語道場は月曜日が休校日です。それで、普段は殆ど見ないテレビのオンエア放送を見ていましたら、フィギュアスケーターの羽生結弦選手と松岡修造氏の対談があり、それがあまりに素晴らしかったのでメモして見てしまいました。 中国での大会で大怪我をして、それからわずかの期間で実施されたグランプリファイナル。そこで優勝してしまうのですから、我々も驚いてしまうわけですが、そのことについて、 「中国大会での怪我のおかげで、練習の大切さが分かった」、「本番と同じ緊張感で練習することが出来た」 と言っていました。 普段の練習で、求められていることはそこそここなして、たまに失敗することがあるけどまあいいや、といった感じ

続きを読む

—————

2014年12月14日 03:09

選挙も子どもの学びの場

なんともおかしなことがまかり通る世の中になってきたものですが、いよいよ本日は衆議院議員選挙の投票日ですね。 賢明なる国語道場生の保護者の皆様にとっては釈迦に説法というところかと思いますが、子どもが自らすすんで学ぶ人間に育ってほしいと考える親にとって、「選挙に行かない」という選択肢はありません。 これは、子どもたちの未来の為にどのような政治が必要か考えましょうといった話ではありません。子どもを勉強好きに育てるためには、選挙に行くのは当たり前だということです。 話は単純です。親御さんが、よく分からないとか興味がないとか言って、選挙に行かない方だとする。それで子どもが社会科、特に公民や歴史が苦手だと

続きを読む

—————

2014年12月09日 02:51

勉強嫌いな大人が勉強嫌いな子どもを育てている

国語道場の生徒の保護者の皆様は大変素晴らしい方々で、私も日々多くのことを学ばせて頂いています。 最近ことに印象的でしたのは、お子さんが最近、なんのために勉強するのか悩んでいて、そのことに対して真剣に向かい合っていらっしゃる親御さんのお話でした。 この、勉強の意味について悩むお子さんというのは、勉強なんかしたくないといって反抗しているのでは全くなく、むしろ平生の授業では非常に学習意欲に富み、自分からどんどん質問もしてくるようなお子さんです。ただただ純粋に、勉強してより良い成績を取るとか、偏差値ランキングの高い学校にいくことにどのような意味があるのかを知りたいのでしょう。 こちらの親御さんは、ご自

続きを読む

—————

2014年12月02日 00:44

「なんとなく大手塾」から学ぶものなし

国語道場にお問い合わせを下さる方の中に、親御さんは国語道場に関心をお持ちになっているのですが、お子さんは「大手の塾がいいと言っている」という方が一定の割合でいらっしゃいます。 まあ、これは仕方のないことだと思います。 ただ、重要なのは、お子さんが、自分にとって何が必要かということをちゃんと考えているかどうかということです。それについては、お子さん自身にも考えさせる必要があるし、ご家庭でも議論を深めていただきたいところです。 お子さんが「大手がいい」という理由で多いのは、「友達が行っているから」ということですね。 なんとなく人と群れていたいとか、自己承認欲求を満たしたいということで塾を選ぶという

続きを読む

—————

2014年11月25日 02:51

語彙数≒学力アップに効く「ことばの学校」

  先週のことですが、「ことばの学校」事務局(本部)の方が国語道場に取材に来られました。 「ことばの学校」とは、国語道場がご提供する小・中学生向けの読書指導プログラムです。 国語道場における「ことばの学校」受講者に、顕著な成績向上が見られることが、本部の方の目に止まったということでしょうか(ノ´∀`*)イヤイヤ 質問を受けていて感じたのですが、読書指導ということから得られる「成果」は、学習姿勢や生活態度の改善ということに期待の中心があるようです。国語科の指導でも、「すぐに成績に現れにくい」などといったことがよく言われますが、それに通ずるものがあるようです。 たしかに、数学や

続きを読む

—————

2014年11月17日 23:13

高すぎる個別指導チェーンの授業料にNO

国語道場では学習相談を随時承っていますが、定期的な面談期間の1つが先週終わりました。出来る限り塾生の保護者の皆様全員とお会いすることにしています。 面談では、先日の記事にもありますように、こちらからお子様お一人お一人の学習状況のご報告や今後の指導方針のご説明をさせていただく他に、皆様から様々な情報をこの機会に聞かせて頂いております。 そんな中で、個別指導チェーン塾さんでは、今でも目玉が飛び出すような高額の講習費を請求するところがあるというお話をしばしば耳にしました。まあ、なんだか相変わらずだなあという感想です。 一昔前の「東洋経済」などの雑誌には、「塾や家庭教師の中には、何十万円という法外な受

続きを読む

—————

2014年11月10日 23:23

すべての作文が求めていることはひとつ

週末にテレビを見ていたら、「少年の主張全国大会」のニュースが流れていました。 ニュースバリューとしては、中学生たちがどのような発表を行ったかよりも、秋篠宮の二のヒメミコの初めての単独公務のほうが高かったようですな^^; 私としては、秋篠宮の内親王殿下よりも、隣に座っている松本零士のほうが気になりましたが・・・(審査委員長だったんですね)。 こちらは、いわば意見作文の「甲子園」といったところでしょうか。一方、私の住む地区の文化祭でも、この時期にあわせているのかどうかは定かではありませんが、子どもたちの意見作文の発表があります。そして、今年は私の息子が代表の一人に選ばれたそうです。 塾屋の息子とい

続きを読む

—————

2014年11月07日 13:18

中3受験生の募集を再開します

轟町中、緑町中3年生の事実上最後の定期テストが終わりました。 国語道場では高校入試に向けての指導体制に早くも切り替わっています。 中3ともなると秋を過ぎると今いる塾などで受験勉強をやり通すのかなと思っていたのですが、この時期になってどうにかならないかという中3受験生の方からのお問い合わせをいただくようになりました。 これまで塾などに行っていなかったとか、この時期に塾を変わることになったとか、ご状況は様々のようです。 そういうわけで、国語道場では少しでもそういった方々のお力に慣れればということで、 中3受験生の募集を再開することにしました。 11月までにご入塾のお手続きを頂いた場合、来年2月いっ

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター