国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年06月30日 23:19

夏期講習生の募集を開始いたします

 連日、塾生の面談にご新規の方のお問い合わせ、ご相談、体験授業の対応で、てんてこ舞いしております。  本日、また新たにご入塾のお手続きを承りましたので、当面の募集人数を残り3名様とさせていただきます。  いよいよ7月1日になります。折込広告などでお知らせしてまいりました通り、夏期講習のみ・夏期講習からのご入塾を希望される方の受付を、午後3時より開始いたします。しかし、上のとおり、受け入れ可能な人数が大変少なくなってしまいました。申し訳ありません。  国語道場の夏期講習中学生コースは、 ①定額制 ②5教科 ③回数が多い ところが特長です。  まず受講料ですが、中学1年生が33,048円(税込)、

続きを読む

—————

2015年06月30日 00:49

読書なんかしても読解力はつかない

 よく、「うちの子は本を読まないので国語が苦手なんです」と言われる親御さんがいらっしゃいます。「国語が苦手だったら、本をたくさん読むといいよ」なんてアドヴァイスする先生も少なくないですよね。  うーん、どうなんでしょうね。  上の例の「国語」を、読解力のことであるとすると、多くの人が読書することで読解力がつくと考えているということになるのでしょう。  しかし、ちょっとお聞きしたいのですが、自分は本はよく読む方だったが、国語の成績は今一つだったという方はいらっしゃいませんか。結構いらっしゃるのではないかと思うのですが・・・。  以前、芥川賞作家の平野啓一郎の本を読んでいて、実際そのようなことが書

続きを読む

—————

2015年06月27日 21:21

塾長の「マイナス思考」が子どもたちにとってのプラスに転化する

 轟町中の3年生は、前期中間テストの学年順位も発表されましたね。  お蔭さまで、国語道場在籍の轟町中3年生は、全員学年順位が上がりました。  あんまりみんな点数が上がるもの(最も上がった生徒は前回+80点)ですから、よっぽどテストが易しかったんじゃないかと心配しましたが、順位も上がったので、純粋に国語道場生のみんなの頑張りだということが分かって、とてもうれしくなりました。  国語道場の塾長こと私ですがめちゃめちゃ「マイナス思考」です。先日の記事にも書きました通りで、生徒たちのテスト前というともう本当に不安しかない感じになっちゃいます。 テスト前 あれもこれももうちょっとやっておきたかった。あの

続きを読む

—————

2015年06月26日 22:37

入試の基本的な情報も知らないチェーン塾が存在する

 本日はお足もとの悪い中、お2方の入塾面談、お1方が入塾のお手続きにおいでくださいました。新規のお問い合わせも1件頂戴しました。いつも本当にありがとうございます。  さて、先日いらっしゃった方との面談で、ちょっと驚くようなお話がありました。  現代は情報化社会で、県立高校も、どのように入学者を選抜するかという情報を、公式サイトで公開しています。  第1学区(千葉市)の中堅上位の高校では、内申点が一定の値を下回ると、前期入試できわめて不利な扱いを受けてしまう学校がいくつもあります。  国語道場は、塾として当然のことながら、中学1年生の段階から内申点についての注意を口を酸っぱくして伝えています。

続きを読む

—————

2015年06月25日 21:37

子どもをほめる言葉の大誤解

 今日はこの時期にしては珍しく塾生の面談がなく、ご新規でお2方の入塾のご相談がありました。その後新規お2方のお問い合わせをいただき、ご入塾のご連絡をお1方頂戴しました。本当にありがとうございます。  本日お1方の入塾のご連絡をいただきましたので、あと4名で当面の募集を打ち切らせていただきます。  さて、面談の中で、子どものほめ方のご相談を受けることがあります。  「ほめたほうがいいでしょうか」、「ほめ方がよくわからない」、「ほめるところが見つからない」などといったご相談ですね。  国語道場は、基本的にお子さんをよくほめます。その点で、私どもはほめ方のプロという自負があります。  一方で、皆様の

続きを読む

—————

2015年06月24日 22:11

前期中間・第1回定期テストで朗報続々!

 かねて告知しておりました通り、本日朝日新聞と読売新聞朝刊に国語道場のチラシを入れさせていただきました。本日はお3方の新規のお問い合わせをいただき、お2方からご入塾のご連絡を頂戴しました。本当にありがとうございます。  そういうわけで、あと5名で当面の募集を打ち切らせていただきます。ご関心のある方はお早めにお問い合わせください。  さて、第1回定期テスト・前期中間テストの結果がそろってきました。国語道場のみんなの頑張りの結果が、続々と届いています。  まさや君、理科は過去最高の92点で、5教科も400点越えおめでとう!  せいと君、理科が前回より30点以上アップで94点、5教科は51点アップ、

続きを読む

—————

2015年06月23日 21:34

明日24日(水)朝刊に国語道場の折り込みチラシが入ります

 改めて告知します。明日24日(水)の朝日新聞と読売新聞の朝刊に、国語道場の折り込み広告が入ります。  しかしながら、実は今年度の本科生の募集を、あと7名で打ち切ろうと思っているのですが、チラシを入れる前から現時点ですでに5件の体験授業、面談の申込をいただいている状況です。  夏期講習のみ、夏期講習からご入塾という方の受付を、7月1日(水)から始めるつもりだったのですが、場合によっては早々に募集を打ち切らざるを得ないかもしれません。その場合は、大変申し訳ないのですが、本ウェブサイトにて告知させていただきます。  なお、国語道場は、ご新規のお問い合わせの受付、面談など、すべて塾長一人

続きを読む

—————

2015年06月23日 00:28

がんばれ塾っ子

 国語道場で私を手伝ってくれているスタッフは、千葉大学などの一流大学に所属する優秀な若者たちです。  どうしたらこういう大学に進学できるのかなと思って、どういう塾に通ったのかなどと聞くのですが、以外にも、約半数は塾や予備校には行ったことがないといいます。  通信教育だけでやってきたとか、高校の課題が大変で、それをこなしているうちに相当の学力が付いたなどなど、自主勉強だけでこういう大学に進学できてしまう人というのは、結構いるものなのですね。  なんだかそう聞くと、塾やら何やらに通うことが、ダメなことのように思われるかもしれませんが、そういうことでもないと思います。  自主勉だけで一流大学に行けて

続きを読む

—————

2015年06月20日 21:57

うちの子、読むのが遅いんですけど

 本日も5件、面談をさせていただきました。  「塾長先生の指摘が的確で・・・」とおほめくださる方もいらっしゃいまして、大変うれしく思います。私は、これまでお預かりしたたくさんの子どもたちとの交流の経験がありますので、この時期はこういうことがっても心配はないとか、こういう点は逆に気をつけなければならないとかいった点が見えやすいわけです。  教育関係などにお勤めの経験などがない限り、やはり子どもというと自分の子どもとしかかかわりがないという方がほとんどかと思います。私の経験が少しでも皆様のお役に立つように、がんばってまいります。  さて、よくご相談いただくことに、お子さんが文章を読んだり、問題を解

続きを読む

—————

2015年06月19日 21:24

同じアドバイスでも他人から聞いたほうが素直に聞ける

 国語道場では現在夏の面談シーズン真っただ中です。授業の準備に面談の資料集めにと、塾長は走り回っております。  今日も塾生の面談とご新規の方の体験授業とが合わせて5件ありまして、心地よい疲労感を味わっております。  お子様方の成績アップ、志望校合格、そして保護者の皆様の子育てお力に結びつきますよう、一生懸命お話をさせていただきます。  さて、私の母は、よく父のことで愚痴をこぼしております。  「お父さんの健康のためにあれがいいこれがいいといっているのに、私の言うことは全然聞かないで、おんなじことを仕事の友達に言われたら、すぐにそのいうことを聞くのよね。」  まあ、でもわかる気もしますね。同じこ

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター