国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年10月07日 11:26

ノーベル賞を取るような超一流の人が関心をもつこと

 突然ですが、平氏っているじゃないですか。あの人たちってどこの出身かご存じですか?  答えは今の千葉県です。まあ、桓武天皇のご子孫なので、元をたどれば京都の人とも言えますが。  初代平高望(たいらのたかもち)が、平安時代のはじめに上総の国司に任命され、たぶん今の市原あたりに住み始めたんでしょうね。国司ですから6年とか4年の任期が終わったら通常は都に戻るんですけれども、よっぽど総州が気に入ったのか、帰らずにそのまま土着していきました。  そして彼とその子孫たちはバリバリ働いて、上総・下総に一大勢力を築いていきました。  バリバリ働くと言っても古代の産業は農業しかありませんから、農地を切り開いてい

続きを読む

—————

2015年10月06日 20:55

塾長も勉強しています

 道場の開校時間は午後3時です。  それまで私は何をしているのかと言いますと、色々と家のことをやったり、勉強会に参加したり、こうしてブログを書いたりしています。  家のことと言うと、私が毎日やっているのは飼っている犬の世話です。散歩に連れて行き、ねどこの掃除をし、エサと新鮮な水をやります。  そうそう。動物にエサを「上げる」なんて言わないように。動物にはエサを「やる」というのが正しい日本語です。  さて、その後は、例えば今日のように勉強会に参加したり、高校の塾対象学校説明会に出掛けたりして、特にそういうことがない日は、道場に来て授業の準備をします。  塾長の「勉強会」って何?と思うかもしれませ

続きを読む

—————

2015年10月04日 23:04

さとる君、誕生日おめでとう!

 さとる君というと、なんと言っても自立した学習態度が素晴らしいと思っています。  大人にやれと言われてやっているような感じがまったくなくて、「ことばの学校」にしても国語記述にしても、これは自分で楽しいとか大切だと思って取り組んでいることがよくわかります。授業の変更なんかも全て自分で連絡して取り決めているとか、この年齢でここまで何でも自分で決められるものかと感心してしまいます。 これからのさらなる成長に期待しています。

続きを読む

—————

2015年10月03日 11:44

全国の塾長が真っ先に挙げる、成績が上がらない子どもの特長

 なんて言って、アンケートも何も取ったことありませんが^^;  とは言え、まず私がお会いしたことのある、”これは”という塾長先生方だったら、10人が10人こういう子は成績を上げやすいと言う特徴があります。それは、 素直であること です。  「例題を見てみよう。この問題は、ここをこうして次にああして・・・。こういうところに気をつけてね。それでは類題をやってみよう。」  「はい。」 と言って、その通りにすることができる子どもは成績が上がりやすいです。もちろん、長い人生の中では、そういうお子さんでも行き詰ることはありますが。  逆に、人の言うことを聞かないお子さんは、成績の上げようがないです。  「

続きを読む

—————

2015年10月02日 12:18

すべては初めての体験

 今朝がたのひどい風雨で、学校はどこも休校になってしまったみたいですね。  私の自宅のほうでは、ルームもお休みになったために、お勤めのお母様方が困っていらっしゃいました。  ここ数年、左太もも正面の真ん中辺に、時折針で刺すような痛みが出るようになりました。放っておくと数分で治まるので、特段診てもらうということもなく過ごしていたのですが、ネットの情報で、結構まずい病気なのではないかという情報に出くわしました。  なんでも、痛みの周辺の血流が良くなく、最悪そこから先が壊死して、切断しなければいけなくなるかもしれないとのこと。  いささか不安になり、今朝がた近所の病院に行ってきました。  見立てとし

続きを読む

—————

2015年10月01日 11:37

国語道場が新しい英語教育に力を入れるわけ

 今日から10月。毎月一日に私がまずやることは、  神棚のお供物の交換。  そんなに熱心な神道家というわけでもないんだけれども、こういう慣習が好き。  神道の供え物は、とにかく何でも新しいものにするということが大事らしい。  古代の日本では、煮たり焼いたりして凝った料理を作るということがあまり行われていなかったらしい。新鮮なものは生で、そうでないものは干物にして食べたということだ。ということは、古代人にとって食品の新鮮さというのは、食品の「たたり」を避けるためにもとりわけ重要な問題だったんじゃないか。  神に供えるものはとにかく新しいもの、植物なら青々としたものとなっているのは、単なるしきた

続きを読む

—————

2015年09月30日 22:41

しんやくん、誕生日おめでとう!

 H先生のご紹介ということで、すばらしいご縁に感謝しています。  難しいところでも、自分なりに少しずつでも進めようとするところがとてもよいと思っています。  これからも一緒に頑張っていきましょう!先生たちもみんな応援しています。

続きを読む

—————

2015年09月30日 11:14

女の子はこうして国語ができなくなる

 後期からのご新規の入塾者を募る告知の準備をしているんですが、そう思っていると体験授業のお申し込みが3件たて続けにあって、昨日までに2名の方のご入塾のお手続きがありました。  ここのところ、お蔭さまで、告知をしようとするとお問合せがあって、実際告知するころにはほとんど募集終了となる状態が続いています。ぱっと見たところ募集しているのかいないのかよく分からない状態かもしれません。申し訳ありませんm(__)m  もし国語道場にご関心のある方がいらっしゃいましたら、チラシなどをお待ちにならずに、お問い合わせくださるほうがよいかもしれません。  さて、国語道場の生徒の男女比なんですが、4:3くらいの割合

続きを読む

—————

2015年09月29日 11:22

塾長のスクールフェア活用法

 27日(日)は、ここでも告知したように、幕張国際研修センターで県内の私学の先生方に一堂に会していただいての進学相談会、スクールフェア2015が開催された。 2階に謎のおじさんの胸像  会場名は何で「国際」なのかよく分からなかったが、バブル経済華やかなりしころ、幕張新都心の開発だってことでもともと国が作ったものらしい。それだけに天井も高くて床面積も広く、合同学校説明会を開くにはとてもいい会場だったと思う。  これは開会前。顔見知りの先生方のところを回って挨拶する。某高校の先生から、学校主催の説明会で余った和菓子(賞味期限切れぎりぎり)をありがたく頂戴する。  開会後。出足が悪いようだった

続きを読む

—————

2015年09月26日 11:59

「滑り止め」をまじめに考えない人は、たいてい大失敗する

 さて、明日(27日)は、国語道場も加盟している安心の優良塾軍団、千葉学習塾協同組合主催の「スクールフェア2015」が開催されます。  去年まで西船橋で開催していたんですが、今年から我らが千葉市にやってまいりました。  中3受験生は必ず参加するように。  会場は、幕張メッセ・・・の近くの幕張国際研修センター。午後1時~4時半まで入退場自由でやっています。  この「スクールフェア」で君たちが何をするべきなのか。それは、 「滑り止め」探し です。  「滑り止め」なんて、私学さんにはいささか失礼な言い草なんだけれども、受験する側からすれば現実にその通りなのだし、実際そういう仕組みによって世の中成り立

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター