国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年08月18日 14:01

Vもぎの過去問で満点!

 お母様方、長かった夏休みも残り10日ほどになってまいりました。あともう少しの辛抱です。  千葉大附属の方は本当にあともう少しですね。  さて、夏期講習も終盤、国語道場ではここまで、ずっと前の学年から戻って一人ひとりの弱点徹底指導を繰り返してきましたが、今週あたりから前期期末テスト・第2回定期テスト対策へと内容が移行していきます。  定期テスト対策前に、復習の最後の仕上げとして、去年の8月の実力テスト(中3生は去年の8月県立そっくりもぎ)をやってもらいます。みんななかなかいい成績です。  轟町中のHちゃん、英語の去年の過去問を解いてもらって、先生たちが採点をします。  な、なんと全問正解!偏差

続きを読む

—————

2015年08月14日 19:00

千葉県公立高校入試で勝つための最低限必要なこと

 勝負に勝つためには、「ルール」をよく知っている必要がある。  「勝負事」の中でも入試はかなりシンプルな「ルール」で行われている。それは、学力検査の成績がいい順に上から定員いっぱいまでが「勝ち」になるというもの。  内申点とか不確定な要素もあるにはあるが、特に千葉県の公立高校入試においては、極端に悪いということでもなければその影響は限定的だ。  そんなことは分かっている、当たり前じゃないかという人も少なくないだろう。でも本当の意味で分かっていると言える人は半分くらいじゃないのかな。  「成績がいい順に」「勝ち」になるということは、人と比べていい点数が取れるかどうかが問題になる。だから高校入試の

続きを読む

—————

2015年08月13日 18:52

国語の読解は知識の教科でもある

 国語の読解の授業で、こんな問題があった。  文学的文章(小説)の読解問題で、時は第2次世界大戦終戦直後、中国戦線から帰ってきた日本軍元兵士たちが、復員列車に乗って博多から故郷へと向かう場面を描いた文章を読んで、設問を解くというもの。  もちろん、国語の読解問題だから↑こんなふうに話がまとめて書いてあるわけではない。シチュエーションをところどころにほのめかしながら、物語が進んでいく。  何十時間も発車せずに留まっていたと思われる汽車には、疲れきった男たちがギュウギュウ詰めに乗り込んでいる。ようやく汽車が走りだした記述が始まり、文章の10行目くらいになってようやくそれが博多を出発したものであるこ

続きを読む

—————

2015年08月12日 19:04

身近な人に思いを伝える

 小3の生徒のから残暑見舞いをもらった。  オクラやレンコンをスタンプにしているのかな?とてもすてきな見舞い状。嬉しくなったので、スタッフに見せて回った。  裏には、「勉強をおしえてくれてありがとうございます。」というメッセージ。簡単だけれども、こういうことをきちんと伝えられていないことって多いんじゃないかな。  今年の夏期講習、授業の合間に、家の人に暑中見舞いを送ろうということをやったんだけれども、これは実は私の個人的な出来事から発案した。  先月の末、私が家族を連れて実家を訪れた時、親父から説教をされた。「暑中見舞いくらいよこせ」と。  「教育に携わる人間がそういうことに気づかないでどう

続きを読む

—————

2015年08月11日 18:54

あいちゃん、誕生日おめでとう!

    道場に入ってすぐの頃は、少し自信を失いかけていて、心細げな印象だったのだけれども、最近は自分が考えたことを自分の言葉で伝えられるようになって、たくましくなってきたなと感じます。  あいちゃんの持っている学力の下地はとてもしっかりとしたものがあるので、自分の力を信じて、ひとつひとつのことを身につけていけるように進んでいけば、きっと大きな成果を成し遂げられるだろうと思っています。  これからの成長に期待しています。一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2015年08月01日 20:27

書き方を教えるというよりも書きたい気持に火をつけること

 授業の中で、身近な人に暑中見舞いを書こうという課題をやっている。  はがきや記念切手、装飾用シール、それに本文テンプレートを道場で用意して書かせている。そう、正真正銘の暑中見舞い状を作成させているのだ。  塾で見舞状を書かせるなんてと思う人もいるかもしれないが、僕はそんなことはないと思っている。むしろ、皆さん「お勉強」しすぎだとさえ感じる。  1から10まで何でもかでも「お勉強」で身につけるものだと思っている人は少なくないなあというのが僕の皮膚感覚で、でもそれじゃあ子どもたちも勉強嫌いになるよと思ってしまう。いろいろなことを見て、聞いて、触ってみることから身につくことのほうがよっぽど多いし大

続きを読む

—————

2015年07月31日 20:07

◯◯お見舞い申し上げます(千葉県平成24年度前期国語)

 平成24年度の千葉県公立高校入試国語で、「□□お見舞い申し上げます」の空欄に「暑中」と答えさせる問題が出たことがある。  正答率はかなり高くて、多分ほとんどの受験生が正解できたんじゃないかと思う。  ただ、まあ、こんなことは受験教育の悪弊の最たるもの。「暑中お見舞い申し上げます」なんて言葉を知ってりゃ偉いんだったら、キャンディーズファンはみな偉い。ましてや、こういう問題が過去に出たから、今度は「残暑お見舞い申し上げます」を暗記しましょうとか、手紙の書き方をお勉強しましょうなんてバカげたことになってはいかんと思う。  大切なことは、自分の世話になった人が、この暑い中元気で過ごしているかどうかを

続きを読む

—————

2015年07月30日 14:22

塾長に言われて、昨日から始めました

 夏休みの宿題・・・  それ、何十回も言ってきたことだけどね。ようやく聞いてくれましたか^^;  まあ、そうやって自分の思いを言葉で使えようというところは立派です。気づいてくれてうれしいよ(T_T)  さてさて、夏休みが始まったかと思ったら、一般公立中・千葉大附属中の次の定期テストまであと40日くらいになりました。  もう一度言います。次の定期テスト、つまり前期期末テストまたは第2回定期テストまで、だいたいどこもあと40日です。  何度でも言いますが、千葉市の中学生だったら、夏休みの宿題は7月中に終わらせるしかないんです。  なぜかというと、これも何度も言っていることですが、お盆休み明けとか

続きを読む

—————

2015年07月28日 22:20

私にとっての学びの原点~ロシア

 久々に鎌ケ谷の実家に戻って書棚を漁っていたら、20年以上前のロシア留学時代に撮った写真が見つかりました。上は、セルギエフ・ポサードというモスクワ近郊の町にある至聖三者大修道院遠景。知らなかったんですが、私が訪問した1993年に世界遺産になっていたんですね。  ロシアの冬は厳しく、しかも長いです。日照時間が短いので、関東出身の人間としては、非常につらいものがありました。でも、今は外が猛烈に暑いので、ちょっと冬景色を。  場所はサンクト=ペテルブルクの冬宮広場。1917年のロシア革命(10月革命)の時は、労働者や兵士たちがこの広場になだれ込んだんですね。  私がロシアに滞在していたのは199

続きを読む

—————

2015年07月27日 13:46

けいと君誕生日おめでとう!

 どこか無限のポテンシャルを感じさせるけいと君。ここ数カ月、メキメキと力をつけてきましたね。「ことばの学校」での一つの目標、小学生のうちに日本語語彙力3万ご突破はとても立派です。  これで、勉強すればするだけもっと伸びる素地は出来上がりました。あとは自分を信じて最後まで頑張りぬこう!  国語道場は最後までけいと君を応援するよ!

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター