国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2014年11月03日 23:28

子どもの偏差値を40上げたお母さんの言葉

現在国語道場では、中学生の定期テスト対策の指導と並行して、保護者の皆様との面談を実施しています。 それにつけても道場にお子様を通わせてくださる保護者の皆様には素晴らしい方が多く、私自身が日々学ばせて頂いております。道場の面談が、そうした素晴らしい保護者の皆様のお知恵を、私を通して共有して頂ける場になっていることを願っております。 そうした素晴らしい保護者の皆様の中でも、とりわけ印象に残っているお母様のお言葉を、今日は紹介させていただきたいと思います。 高校の合格発表の日、わざわざ教室までご報告に来てくださいまして、昔はこんなことがあったとか懐かしいお話をさせて頂いていた時のお言葉です。曰く、

続きを読む

—————

2014年10月23日 12:33

理性的に考えれば、子どもにスマフォを買い与えてはいけないのは当たり前

ここ数週間、アップルの創業者で iPhone や iPad の生みの親として知られる故スティーブ・ジョブズ氏が、自分の子供にはそれらのデジタル機器の使用を厳しく制限していたということが話題になっていますね。 日本では、中学生のスマフォ保有率が5割、高校生が8~9割と言われていますから、ちょっと考えさせられますね。 私は、最初期のスマートフォンであるシャープの W-ZERO3...

続きを読む

—————

2014年10月20日 13:20

ロンリのちから

平生テレビを見る時間は殆ど無いため、予約録画して休日にまとめて視聴しています。毎週見ている番組の一つに、「NHK高校講座 | ロンリのちから」があります。 その中で、前回こういう面白い場面があったので紹介します。NHK高校講座は、ネット上で番組そのものまで公開されているんですね。 https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/ronri/archive/chapter012.html 『あの塾は合格率が高い』 → 『僕はあの塾に入る』 → 『だから、僕は必ず合格する』 溝口先生は冷たく言い放ちます。 溝口先生...

続きを読む

—————

2014年10月18日 00:48

日本語語彙力が3万語ないと中学校の学習内容は理解できません

本日、読書指導「ことばの学校」が行う「読書指数診断」成績表が帰ってきました。 「読書指数診断」とは、日本語の読解能力の基礎となる語彙力と読解速度を数値化する、全国規模のテストです。 国語道場では、できるかぎり早期の日本語語彙力3万語の獲得を目指し、日々指導しております。 なぜ30,000語なのでしょうか。 どれだけ多くの言葉を知っているかは、学力、学習成績と強い相関があります(当然といえば当然ですが)。 これについては、私の主観になりますが、中学校までの学習課程を完璧に修得するために必要な日本語語彙力が、大体3万語ではないかと見ています。 それだけの語彙力がないと、学校の授業もなんとなく程度し

続きを読む

—————

2014年10月14日 23:47

「ケアレスミス」も「凡ミス」も実力がない証拠

国語道場講師のN先生の大学受験の時のお話。 ある大学の奨学金付きの入試を受けたそうです。奨学金付きで合格するためには、試験を正答率9割で合格する必要がありました。 本番のテストでは特別わからなかった問題もなく、十分に合格できたのではないかという手応えがあったそうです。 ところがフタを開けてみると、ケアレスミスがいくつかあって正答率は8割強。通常の合格はできたものの、奨学金付きにはならなかったということです。 その時のテストを振り返って、 「9割以上理解することはできても、9割正答することは難しい」 と言われていました。 これはこれから受験を迎える皆さんにも、とても大切なことだと思います。 試験

続きを読む

—————

2014年10月14日 01:40

子どもの自己肯定感が第一

例えば、お子さんの学年順位が、前回のテストより1つ上がったとします。それをどのように捉えられますか? 「あまり成績が上がっていない」と思ったり言ったりされるようなら、親として一番やってはいけないことをやってしまっているというお話です。 数ヶ月前、息子の中学校の吹奏楽部が、千葉女子高校のオーケストラ部と合同練習をするというので、ずうずうしく見学させていただきました。女子高オーケストラ部顧問のY先生や保護者の皆様が歓待してくださいまして、色々と興味深いお話をしてくださいました。 千葉女子高校のオーケストラ部は3年おきにヨーロッパ公演をしているとのことですが、スイスの学生オーケストラとの合同練習での

続きを読む

—————

2014年10月11日 20:18

授業の1時間半前には登塾 国語道場の受験生の当たり前

前期期末テストで中3受験生の成績アップ率100%達成 ワンダー個別の国語道場です。 どなたかは存じませんが、いつも facebook の「いいね」を押していただいて、ありがとうございます。 (実は facebook...

続きを読む

—————

2014年10月10日 01:47

成績が上がる国語道場の個別指導に名前をつけよう!

昨日、国語道場が採用している教材を作っている業者さんが見えました。 国語道場では、1年以上国語道場に通う中3生全員が5科平均50点、学年順位10位以上アップを実現、 中学生の75%の成績が上がったということを報告したら、驚いておられました。 ほとんどの個別指導塾では、成績の上がる子もいれば下がる子も半々くらいで、上がった子の成績と下がったの子の成績とで差し引きゼロなんだそうです。 悪いところだと、全体の成績の差し引きがマイナスになるところもあるそうです。 国語道場はもちろんプラスでしたが(...

続きを読む

—————

2014年10月09日 02:35

あなたのお子さんはすでにやる気なのです

今もやっているかどうか知りませんが、スクールIEさんという塾のテレビCM。 子どもの顔に「やる気スイッチ」なるものがあるんですが、母親と思しき女性が全く関係のないところを押しているというのを見たことがあります。滑稽さに思わず笑ってしまいました。 CMを作っている方としては、親御さんがなかなか子どものやる気を出させることができないことを表現しているのでしょう。 しかし、私から言わせれば、そんな「やる気スイッチ」みたいなものがあると思っているような親だから、子どもがやる気にならないのです。いや、子どものやる気に気づけないといったほうがよいでしょうか。 はっきりと申し上げたいのですが、あなたのお子さ

続きを読む

—————

2014年10月08日 14:51

後期中間テストに向けて国語道場はすでにスロットル全開!

秋休だ!とか言ってる場合じゃァない。 第3回定期テスト(後期中間テスト)まであと1ヶ月ほどですよ。 あ、千葉大附属中は秋休み終わりですね\(^o^)/オワタ ということで、国語道場はすでに 後期中間テストに向けて走りはじめています(`・ω・´)ゞ 先の前期期末テストで、国語道場は 中学3年生成績アップ率100%達成を含め 全塾生の75%の成績が上がりました! しかし、これで国語道場は満足しません。さらに、全塾生の成績アップ実現を目指し、走り続けます(((((((((((っ・ω・)っ...

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター