国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年02月11日 14:37

明日(2/12)の公立高校前期入試の心得!

明日はいよいよ千葉県公立高校の前期学力検査日だ。 今日の授業でも伝えるが、明日の入試での心の持ちようについて、2つだけ言っておく。 1つ 自分が苦しいときは、まわりもみんな苦しいはず 千葉県の公立高校学力検査の教科の実施順は、まず国語、次に数学だ。 つまり平均点の最も低い2教科から始まる。 毎年のことだが、この2教科を受けた時点で、「終わった・・・」と思う受験生がたくさんいる。 しかし、落ち着いて考えてほしい。 みんな同じ問題を受けているんだ。君だけが特別に難しい問題をやらされているわけじゃない。きみが「難しい」と感じたとすると、それは周りのみんなも同じはずだ。調子こいて余裕かましてるやつがい

続きを読む

—————

2015年02月10日 01:03

お子様の日本語力、判定します!

毎日国語道場のホームページに何十人もの方々がご訪問くださっているようで、誠にありがとうございます。 さて、3月に国語道場で実施する「読書指数診断」の案内文書が完成しましたので、早速明日から塾生の皆様のご家庭に発送いたします。 このブログでも、子どもの日本語語彙力と学力の関係についてはしつこく書いてまいりました。それでは、その子どもの日本語語彙力はどうやって調べることができるのか。 この、「読書指数診断」を受けていただくことで可能になります。 お子様の日本語語彙力がどれくらいか、知りたいとお思いになりませんか? 私はものすごく興味があります。^^; そういうことで、私も自分の息子に「読書指数診断

続きを読む

—————

2015年02月07日 20:49

2/8(日)も午前9:30より「日曜道場」

2月は、公立高校入試と地元の中学校の定期テスト対策で、全ての日曜日に「日曜道場」を実施します。 「日曜道場」は強化学習のことですが、通常の授業と同様で、個別に教えます。 普段の授業と違うところは、最長で7時間と、時間が長いことです。 そんなに長いこと集中して出来るのか心配されるかもしれませんが、「日曜道場」はテスト前の日曜日に集中して実施しますので、子どもたちのモチベーションが違いますから大丈夫です。本当に7時間ぶっ続けで頑張るお子さんもいらっしゃいます。 ですので、朝からお弁当持参で参加されるのがいいですね。 どうしても学校のワークを終わらせなければいけないという場合は自習も可能ですが、基本

続きを読む

—————

2015年01月31日 00:18

失敗したくない子どもたち

国語道場の国語の授業では月に1回作文の時間があります。毎月最終週が作文の日になるのですが、1月は、中学生の定期テストが近いので、第3週目に実施しました。 今回のテーマは、「1度だけタイムマシンが使えるとしたら、過去に行きたいですか、それとも未来に行きたいですか」というもの。どちらかを選び、その理由を200字で書かせます。 ひととおり添削が終わったところで、非常に興味深いことがあったので、こちらで紹介します。 過去に行きたいという生徒と未来に行きたいという生徒の比率はだいたい半々でした。ところが、その理由がほとんど全員同じだったのです! 未来に行きたいと言っている子どもも、過去に行きたいと言う子

続きを読む

—————

2015年01月28日 02:55

「ことばの学校」は「速読術」ではありません2

 さて、それでは「ことばの学校」とはどのようなものなのでしょうか。  一言で申しますと、朗読音声の助けを借り、古今東西の名作や子どもたちが大好きなシリーズ本、近年の入試頻出文章の原典などの本をまるごと読ませながら、同時に言葉や表現を身につけさせられるシステムです。  では、なぜ朗読音声を聞きながら読むのでしょうか。  それは、朗読音声を聞きながら読むことで、読み聞かせのような効果があるからです。  小さなお子さんは、読み聞かせが大好きですね。それは、読み聞かせてもらうことで話が分かって面白いと思うからです。  読んでいる内容が分かったほうがおもしろいと思うのは、小中学生でも同じです。朗読音声を

続きを読む

—————

2015年01月27日 21:36

家庭教育の限界を補完する塾

「ことばの学校」のご紹介の途中ですが・・・。 本日は朝日新聞社の教育コンテンツ部門の方が国語道場を訪問されました。私のブログも御覧になっているそうで、単純なのでちょっと嬉しくなりました。その方とのお話から考えたことを書いておきたいと思います。 私だけでなく、多くの方が感じているところかと思いますが、現代の多くの子どもの学習上の問題に、語彙力の不足と常識的な知識の不足があります。 慣用句やことわざなどの知識は、小学校から中学校に上がったばかりの子どもたちの間では崩壊状態です。世の中についての常識的知識が不足しているために、社会科や理科の暗記さえ困難を感じるお子さんも少なくありません。 こうしたこ

続きを読む

—————

2015年01月27日 02:45

「ことばの学校」は「速読術」ではありません

入試シーズン真っ最中ですが、新年度も近いということでちらほらとお問い合わせをいただくようになっています。小・中学生向けの読書指導「ことばの学校」についてご案内したいと思います。  「ことばの学校」公式サイトにも「速読」という言葉があり、誤解を招くところがあるかと思い申し訳ないのですが、「ことばの学校」はいわゆる「速読術」ではありません。  「速読術」というのは、私が調べたところ、文字を読むのではなく、本をざっと眺め、短い時間で書かれている文字を拾い、知識や想像で意味を組み立てる方法であるようです。  私の感覚ですと、こうした「読書法」は、知っている内容の本や、タイトルや帯を見れば読まなくても分

続きを読む

—————

2015年01月20日 01:54

2002年生まれ(現小6)の危機

 報道では、小学生の英語活動が3年生からになって、5年生の英語は正式な教科になるということが言われています。それでは、早速新年度からそうなるのかなと思うと、実はそうではありません。それではいつから始まるのかと思っているうちに、さらにいろいろな情報が入ってきて、さっぱり分からなくなってしまうということが、教育の話にはよくあると思います。  学校教育の変更が分かりにくいのは、まず変更が発表される時期と、実際に実施される時期との間に数年間あるからです。また、数年の間に子どもはどんどん進級していきますから、結局その変更が、誰が何年生の時に行われるのかということが把握しにくいからということもあるでしょう

続きを読む

—————

2015年01月07日 14:44

「みんなが勉強しているから楽しい」

最近入塾された小学1年生の道場生のお母様がこんなお話をしてくださいました。 ご家庭で独自に取り組んでいらっしゃる日記に、その小1のお子さんが、 「みんなが勉強しているから楽しい」 といったことを書かれたそうです。 小学1年生と言うと、まだまだ幼い子供のように思ってしまうかもしれませんが、これほどのことを感じ取っているのです。 《みんなが進んで勉強する雰囲気になっているから、自分も一生懸命に取り組める。》 《一生懸命にやると、勉強って楽しいなあ。》 そうです。学ぶことは本来楽しいものなんですよ。 国語道場では、みんなが主体的に学習に取り組んでいる雰囲気があります。それが入塾間もない小学1年生にも

続きを読む

—————

2015年01月06日 02:37

寺子屋型個別指導が子どもを伸ばす

2015年が明けまして、NHKの新しい大河ドラマ『花燃ゆ』が始まりましたね。史上最も偉大な塾のひとつである松下村塾とそれにかかわった人々がたくさん出てきますから、私は大変楽しみです。毎回じっくりと見ていきたいと思っています。 初回の放送で松下村塾の様子が少し出てきましたが、ご覧になった方はお気づきのように、江戸時代の私塾や寺子屋は基本的に個別指導の形態をとっていました。現代の学校における学級単位での一斉授業は、1891(明治24)年に出された文部省令によって始まり、現在に至ります。 さて、学級単位の一斉授業形式も100年以上の歴史を持ってはいるわけですが、しかし次のような問題点があります。 ま

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター