国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2014年10月04日 16:30

明日はスクールフェア2014!

明日は私立中学・高校合同相談会のスクールフェア2014です。 公立高校が第1志望の人でも、私立高校を受験しない人は殆どいないと思いますので、必ず参加しましょう。 国語道場では、高校受験をする中学生のほぼ全員が公立高校第1志望です。だから、受験する私立高校は、言葉は悪いですが、「滑り止め」ということになります。 しかし、この「滑り止め」を考えることって、実は第1志望校を決めることと同じくらい大切なんです。 もうすぐ大学生の就職活動が始まりますが、大学生にもなって、こんなお粗末な就職活動をする人がいるそうです。 「自分はとにかく大企業にしか就職しない」とか言って、結局どこにも就職できなくなってし

続きを読む

—————

2014年10月03日 14:45

国語道場は5教科対応の個別指導塾です(続き)

昨日は、「まともにものを考える」力である「国語」の力を育てるためには、教科としての国語の勉強だけでは難しい。だから、国語道場は5教科教えます、というお話をさせていただきました。 今日は、現在他の塾に通っているなどの理由で、国語科のみの受講を希望される方についてですが・・・。 そうですね、月に数件はこうしたお問い合わせを頂いております。 そちらの塾の問題点、例えば学校の進度に合っていないとか、授業のレベルがお子さんにあっておらず、分からないと言っている等々、ご相談を頂きます。 正直、それを私に仰って頂いても・・・、そちらの塾に言われたほうがいいのではないかと思うこともあります^^; まぁ、お気持

続きを読む

—————

2014年10月02日 15:04

国語道場は5教科対応の個別指導塾です

塾名が塾名なので、国語道場を国語専門の塾と思われたり、国語だけの受講が可能かとお考えだったりする方からのお問い合わせをいただくことがあります。 すみません、国語道場は5科対応の塾で、国語だけの受講は出来ませんm(__)m 理由は2つあるんですが、1つは、国語だけ勉強しても「国語」の力がつかないからです。 もちろん、これは全国の国語専門の塾さんのあり方を否定するものではありません。 でも、入試や学校のテストは5教科勉強することが必要ですから、5教科の成績が上がらなければしょうがないじゃないかという気はします。 それで、そのためには、私が考える 「国語」の力=「まともにものを考えて答える」力 をつ

続きを読む

—————

2014年10月01日 14:53

心が自由だと勉強も身につくというお話

生徒「○○君って学校と塾だとぜんぜん違う人みたいなんです」 塾長「へ~、そうなの?普通に明るくて元気なんじゃないの?」 生徒「いや~、学校だとまじめ一本という感じで」 塾長「じゃぁ、塾じゃまじめじゃないんかいな(^_^;)」 でも、こんなお話が聞けると、ほんとうに嬉しいですね。道場に来ると、気兼ねなく自分らしくいられるということなんだと思います。 あ、ちなみにこの○○くんは、今回の第2回定期テストで5科50点超、学年順位は前回から13位アップを実現しています。 さらにその前からだと、通算で42位アップしているんですね。 心が自由だから、勉強が身につくということはあると思います。 周りに気兼ねし

続きを読む

—————

2014年09月30日 22:26

やった35人抜き!

第2回定期テストの順位の確認作業、最後の最後に超大物が待っていました! 緑町中2年のM君、 5教科順位一気に35人抜き! 片手の順位になりました\(゜ロ\)(/ロ゜)/ いや~本当にこんなすごい順位…           とれるだろうと思っていました( ̄ー ̄)ニヤリ 今年の夏期講習、人ってこれほど急成長するものなのかと、その時の驚きはすごかったですけどね。 夏休みの宿題を7月中に早々に終え、8月前半終了を待たずに、中1~夏休み前までの単元の弱点をあっという間に克服してしまいました。 そして、練習に解いてみた、実力テストの去年の過去問、ほとんど満

続きを読む

—————

2014年09月30日 00:13

もうすぐスクールフェア2014

突然ですが、中3受験生の皆さん、受験する私立高校はもう決まっていますか? 「まだ早いでしょ」なんて思っている人、 甘い、甘い、甘々ですよ!!! 今、私立高校は併願でも推薦制度を利用する人がほとんどです。そのために、12月半ばから、学校の先生方が皆さんが受験する私立高校に入試相談に行ってくださいます。 12月に先生方が動けるようになるためには、基本的に11月の3者面談で、受験する私立高校が決まっていなければなりません。 あと1ヶ月半です(・_・;) ちょっとまずいかもと思った人、次にどれくらいまずいかチェックしてみましょう。 ①受験する私立高校は決まっていますか? Yes→②へ No→☆へ ②受

続きを読む

—————

2014年09月29日 01:03

子育てを楽しみましょう

今週の日曜日は、中学生の定期テストも終わったので休校日。家族とのんびり過ごしました。 午前中は、千葉中央おやこ劇場のイベントで、スーパーあやとり教室に小1の娘と参加しました。 子どもたちは本当に飲み込みが早いですね。私がもたもたしているうちに、娘のほうがどんどんとり方を覚えてしまいます。 私も何とか「四段梯子」→「富士山に霞」→「富士山と月」の連続技をマスターしました。 午後はフルートの練習。 中1の息子が吹奏楽部に所属しているのですが、その中学校のバザーでは、子どもたちの演奏に親が混じってもよいのですね。そこで、昔取ったスーパー杵柄ということで、私も参加することにしました。 私、こう見えま

続きを読む

—————

2014年09月27日 20:09

中学2年生も驚異的な成績アップ!

中学生の8月度の実力テストの成績表が返ってきました。 夏期講習中から、生徒たちの実力アップをひしひしと感じていたので、なんとなく予感はしていたのですが、 なんと、夏期講習に参加した2年生全員の偏差値がアップしていました!ヽ(^o^)丿 今年は1名が都合で夏期講習に参加できませんでした。 個別指導の塾と言うと、学力的に真ん中から下のお子さんが通うと言われているようですが、 国語道場の中2生は、60%の生徒が偏差値60以上になりました! 偏差値60というと、正規分布で全体の上位1割に入るということですね。 最初からみんなこんなにできていたわけではありません。実は、4月の実力テストでは、偏差値60を

続きを読む

—————

2014年09月27日 01:27

第2回定期テスト(前期期末テスト) 中3生成績アップ率100%達成!

ようやく集計が終わりました(-_-;) 国語道場に在籍する中学3年生ですが、全員の得点と学年順位が上がりました(^O^)/ もちろん夏期講習からとか短期の生徒は除きますが それも、得点は5教科で平均50点アップ(最大54点、最小が45点アップ)! 学年順位は全員が10位以上(最大19位、最小10位)アップしました! いや~、国語道場生、さすがです!すばらしいです! まぐれではありませんね。周到に準備してきた成果です。 7月中に夏休みの宿題をすべて終わらせ、8月前半は既習範囲の徹底復習。そして8月後半からは試験範囲の反復学習! すべては計画通り( ̄ー+ ̄) 次の第3回的テスト(後期中間テスト)も

続きを読む

—————

2014年09月22日 03:47

第2回定期テスト(前期期末テスト)も好調な道場生

第2回定期テスト(前期期末テスト)の成績が出揃ってきました。今回は特に、道場に1年以上通っている中3生が好調でした。全員が過去最高得点で、5教科で一人平均50点アップ!最も得点の伸びが小さかった生徒でも、+45点。自分の塾生たちながら、道場の生徒たちは本当によく勉強するなぁと思っていますが、その成果がここに来て結果に結びついたと思います。今週は学年順位も出揃うようですね。とても楽しみです。まあ、実際のところテストの難度が変われば点数の取りやすさも変わります。そういう意味では単にテストの点数が上がったということで喜ぶのはいささか愚かしいことではあります(事実そういう塾さんの広告も少なくありません

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター