国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2014年01月22日 00:44

なぜ高校受験模試の合否判定は外れるのか

日経BPから『日経ホームマガジン 偏差値のカラクリ...

続きを読む

—————

2013年12月17日 02:37

大切なのは「ぎょぎょぎょ」と「じぇじぇじぇ」

 漢検の日本漢字能力検定協会の会報『漢検ジャーナル』に、タレントで東京海洋大客員准教授のさかなクンのインタビューが掲載されています。興味深い内容なので道場生全員に配布することにしました。ぜひお読みになってください。  魚介に対する愛情を貫いているところ、自分にチャンスを与えてくれる人々との縁を大切にし自己実現を果たしているところと、一風変わっているけれども、立派だなあと尊敬の念を抱いてしまいます。2010年、当時絶滅したと考えられていたクニマスが、彼の活躍で再発見されることになったのですが、これを天皇陛下が名指しでお讃えになったという栄誉は、彼の生き方に対する天からのご褒美のようにも感じられま

続きを読む

—————

2013年11月18日 04:46

「何となく分かった」は理解ではない

子どもたちから見ると、塾長はよく分からないところで突然怒り出すなどと思われているだろうなと思うことがあります。 もちろん、むやみやたらと怒っているわけではないのですが、それはそれで、彼らが成長したところで、なぜ私が怒ったのか分かってくれるようになればよいと思っています。 塾長も、塾という形で子供たちの教育にかかわって20年以上になるので、怒るところというのは当然学習上重要なポイントにおいてです。その一つが、「何となく分かりました」とか「だいたい分かりました」と生徒が言う時です。 そんなことで怒られるのかと思われる方と、なるほどと思われる方といらっしゃると思います。では、なぜ「そんなこと」で塾長

続きを読む

—————

2013年11月01日 21:23

勉強のやり方を、成績が上がるようなものに変える

塾とは、子どもたちに何をするところか。 それは勉強を教える、授業をするところだということになる。しかし、親御さんからすると、塾に行かせるからには、成績を上げてほしい、志望校に合格させてほしいと、当然思っていらっしゃるだろう。だから、単に「勉強を教える、授業をする」ではだめだ。授業をするだけで子供たちの学力が伸びるのなら、学校に行くだけで十分なはずである。 ということで、国語道場では、子どもたちの成績を上げさせるために、授業は、ただ単にモノを教えるだけではなく、子どもたちの勉強のやり方を変えさせる指導ということになる。 次の画像を見ていただきたい。 これは、同じ生徒(中1)の数学ノートである

続きを読む

—————

2013年10月23日 20:11

阪神桧山選手、最後のホームラン

塾長は30年来の広島カープファンですが、それでも今年のクライマックスシリーズファーストステージ第2戦での、阪神桧山選手の現役最終打席のホームランは感動してしまいました。   その日の夜のスポーツニュース番組で、元阪神監督の野村克也さんが言っていたことが印象的でした。野村さんといえば、ID野球と呼ばれるデータを重視した緻密な試合運びで有名で、毎試合後のミーティングが充実していることも知られています。ヤクルト・スワローズは、野村さんの指導でその黄金時代を築きました。一方、阪神はというと、ほとんどの選手がミーティングで監督の話を聞いていなかったと言います。しかし、そんな中で、桧山選手だけが

続きを読む

—————

2013年09月08日 16:21

皇后陛下と子どもの読書

 読書は,人生の全てが,決して単純でないことを教えてくれました。私たちは,複雑さに耐えて生きていかなければならないということ。人と人との関係においても。国と国との関係においても。...

続きを読む

—————

2013年09月08日 16:18

坂本竜馬と男の子の子育て

 坂本竜馬は日本の歴史上最も人気のある人物としてしばしば紹介されるように、竜馬が好きというおじさんは、そこいらへんにいくらでもいるわけですが、屈折した青年時代を送っていた塾長は、40を過ぎてようやくこの輝かしい快男児を心から好きだと言えるようになりました。一旦好きになってしまうと、それこそ四六時中竜馬のことを考えるようになり、伝記やら手紙やらを読みあさり、関連のテレビ番組やDVDをのべつ見るようになります。    ご存じの方も多いかと思うのですが、数ある竜馬伝の中でもとりわけ人気のあるものに、『おーい!竜馬』という漫画があります。これの特徴の一つは、ほとんど何の資料もないといってよい

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター