国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2015年06月10日 22:04

塾生の夏期講習申込受付を開始しました

 6月も中旬に入りますが、持続的にお問い合わせ、体験授業のお申し込みをいただいております。本当に皆様、ありがとうございます。  大変遅くなりましたが、本日より夏期講習のご案内とお申込書の配布を開始いたしました。これより、塾生に限り夏期講習のお申し込みを受け付けいたします。  国語道場の夏期講習に関心をお持ちの皆様におかれましては、どうぞ資料をご請求ください。ただちにお送りさせていただきます。  ただ、今年度は塾生の夏休み期間中の座席を確保するために、そちらの申込を優先させていただきます。夏期講習からのご参加を希望される方につきましては、誠に恐れ入りますが、お申し込みの受付を7月1日(水)からと

続きを読む

—————

2015年06月09日 21:22

国語道場は教材費が不要です

 中3受験生に配布する、千葉県公立高校入試過去問題集が届きました。  国語道場では、毎年中3受験生には県立高校の入試過去問題集を無料でプレゼントしているんです(^_^)/  今日から、一人ひとりに順次配布していきます。渡すときに、塾長から過去問題集の使い方の説明があるので、よく聞いてくださいね。  ちなみに、国語道場は小中学生の教材費をいただいていないってことをご存じですか?  国語道場では、一人ひとりの生徒の学校や進み具合に応じて、それぞれにぴったりなテキストを使っています。ですから、生徒によって使うテキストの冊数がまちまちになってくるのですね。  しかし、そうすると、年間教材費などといっ

続きを読む

—————

2015年06月09日 00:39

「ブラック個別指導塾」報道と学び

 「ブラック個別指導塾」なるものが、NHKや朝日新聞の報道で取り上げられていますね。  明光義塾さんの一部のグループで、学生アルバイトに授業時間外の仕事をさせておいて、ろくに給料も払っていなかったといった事例があるようです。  まあ、西千葉・稲毛近辺のチェーン塾さんでも、報告書を書くのに深夜1時過ぎまで残らないと終わらないとか、大学の授業時間中に生徒の学習計画書を書かないと間に合わないとか、厳しい環境で学生アルバイトを働かせているところもあるようですね。  そんなんじゃ、学生さんはすぐに辞めてしまうんじゃないかと思いますが、どうなんでしょうか。そういえば年がら年中学生アルバイトを募集している塾

続きを読む

—————

2015年06月06日 21:32

ご家庭で心掛けていただきたいこと

 今日は、緑町中の3年生がまだ修学旅行から帰ってこないのと、高校生が授業回数調整のため休講になったのとで、少し静かな土曜日でした。  「国語」道場ですが英語検定の準会場でもあるんです。  そういうわけで、今日は今年度1回目の英語検定が道場でも実施されました。受検生の皆さんお疲れ様でした。  今日は轟町中の体育祭でもあったんですよね。轟町中の受検生は、体育祭終了後の時間に英検を受けました。  そのほかにも、部活動やクラブチーム、自宅から道場が遠いなどといった理由で、土曜日に集中して4コマ5コマ授業を受けている生徒もいるんですが、そうした子どもたちも文句も言わずに英検を受けていきました。  いや、

続きを読む

—————

2015年06月05日 22:02

自転車走行の取り締まりが厳しくなっているようです

 報道でご存じの方も多いかと思いますが、6月1日より、自転車での走行に対する取り締まりが厳しくなっているようです。といっても、道路交通法というみんなのルールをよりきちんと守るようにしましょうということですので、子どもの安全という観点からも、むしろ歓迎すべきことであると思います。  信号無視(懲役3カ月または罰金5万円)なんかは論外ですし、二人乗り(罰金2万円)は普段から注意されているでしょう。それ以外に、自転車で道場に通っている生徒は、次のような点に注意しましょう。 ◎一時停止(「とまれ」)の標識は自転車も対象です。無視はそもそも大変危険ですが、当然取り締まりの対象になります(懲役3カ月または

続きを読む

—————

2015年06月04日 21:47

薬剤師国家試験合格おめでとう!

 明日は変則日程で緑町中2年生のみの第1回定期テストですね。他人との比較はどうでもいいので、とにかく自己ベストを出せるように頑張ろう!  今日は思わぬお客さんが顔を見せてくれました。  8年前まで通ってくれていた生徒なんですが、今年の春、見事に難関の薬剤師国家試験に合格した報告に来てくれました!  来てくれただけでもとてもうれしかったのですが、道場(当時は桜友進学会)で身につけた、勉強への姿勢がここまでくる上でとても力になったということを伝えてくれて、さらに感激してしまいました。大学では、成績優秀ということで、何度も表彰されてきたんだそうです。すばらしい。  卒業生が、こうして一人前になって

続きを読む

—————

2015年06月02日 21:46

漢字検定のお申し込みはお忘れなく!

 今週土曜日(6月6日)は、国語道場における今年度最初の漢字検定の申込締切日です。受検希望者の皆さんはお忘れなく塾長に申込書を提出してくださいね。  もっとも、道場生の場合は、塾長が「押し売り」のような形で申し込むよう促されますので、大丈夫かと思いますが^^;  まあいいではないですか。受けて損はありませんし、なんとなくやり過ごして後になって「しまった」と思うこともありませんよ。  「不合格になったら損じゃないか」ですって?  道場の中学生でしたら、ふだんの国語の授業で実施している漢字テストの練習をするだけで大丈夫です。漢字検定の出題範囲に完全に合っています(というより漢検協会のテキストから出

続きを読む

—————

2015年06月02日 02:40

座りションする男はどうしてイマイチなのか

 「国語道場」という塾名でやらせて頂いております。実際は5教科教えているのですが、「国語」とつくと、どうも男の子の親御さんが「ピン」と来られるようでして、全体的な比率としては男のお子さんの方が多く在籍しております。  男の子というと、とにかく雑、問題をよく読まない、もっとひどいと何も読まないで「答え」を書くということがよくあるようでして、よくそれで何か書けるなと思いますが、そういうことで「国語」と聞くと、男の子の親御さんが反応してくださるのかなと思います。  「イクメン」なんて言葉もありますが、今でもやはり子育ての中心はお母様ですね。母親というのは、まずよっぽどのことがない限り女性です。この女

続きを読む

—————

2015年05月29日 21:28

6月より「ことばの学校」入門編がスタートします!

 本日はあいにくの天気でしたが、読書指導「ことばの学校」受講生のみんなにとっては雨なんて関係ありませんね。  「ことばの学校」は、200冊もの本の中から自分の読書力に合った本を読み進めていくことで、読む力に加えて日本語語彙力を驚異的に伸ばすことができるプログラムです。  でも、受講している子どもたちにとって一番大切なこと、それは楽しいことですね。  国語道場の小学生の指導で心掛けていることは楽しいこと。子どもたちが、勉強が大好きになって、自分から勉強できる中学生へと育てていくことです。  さて、いよいよ6月より「ことばの学校」入門編がスタートします。  「ことばの学校」入門編は、昨年度から開

続きを読む

—————

2015年05月28日 21:44

国語道場が定期テストに強い理由--ふだんから5教科勉強している

 本日も、暑い中入塾のお手続きにお越しくださいまして、ありがとうございました。お蔭さまで、前年度をさらに少し上回るペースで、新規のご入塾者をお迎えしている状況です。本当にありがとうございます。  このホームページのトップにもありますように、国語道場は5教科対応の個別指導塾です。  国語という教科を学ぶことは、すべての教科を学ぶ基盤となる力をつけることにもなります。また、国語以外の数学・英語・社会・理科だって、書いてあることを理解し、考えた結果の答えを人に分かるように書くという勉強のプロセス自体、国語の学びと大きく異なるものではありません。  どの科目もつまるところ「国語」である。そういうわけで

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター