国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年07月10日 22:51

文章の「捏造」は作文技術向上の基本

 いよいよ今週末から夏休みに入るということで、多くの中学校で第2回定期テスト・前期期末テストの範囲が発表されています。国語道場では普段の授業は学校の予習ペースで進んでいるため、すでに数学・英語・社会・理科の教科のいずれかで試験範囲の学習はとっくの昔に終わっていて、ずっと先のところを勉強している者も少なくありませんが。  国語だけは例外です。中学生には、普段の授業では生徒一人一人の国語力に合った教材を使わせ、個別進度式に教えていますが、定期テストが近くなると、教科書準拠ワークを使っての試験範囲の指導になります。普段の授業で身につけた国語力を、定期テストで発揮させるためです。  緑町中1年生の今回

続きを読む

—————

2019年07月09日 23:37

通知表評定は、最低でも4を取るものです

 千葉県教育委員会のウェブサイトで現在高校1年生が中3の時の「内申点」の分布が、中学校別に公表されています。  地域の中学校の成績のつけ方を知る基本的な情報なので塾など教育関係者で知らない人はいないと思いますが、保護者やお子さん方だと、このようなものが公表されているとは知らないことが結構あるようなので、こちらでご紹介させていただきます。  ちなみに、ご存じの方も多いとは思いますが、いわゆる内申点は調査書点などとも呼ばれますが、中学在学中のほとんどの期間において本人に開示されることはありません。それに近い数値として、通知表の点数があります。この記事のタイトルに「通知表評定」とありますが、厳密には

続きを読む

—————

2019年07月08日 23:48

上皇陛下の伝記まんがを待合の本棚に置きます

 お子さんが勉強ができるようになるためには、膨大な時間と労力をかけて学ぶことは当然です。しかしながら、その前段階として、お子さんが日ごろからいろいろなことに疑問や関心を持ち、想像力を働かせたり、面倒がらずにあれこれ考えたりする人間であることが不可欠です。そのためには、学習教材だけでなく様々な玩具類や漫画などに触れることは大切だと考えています。  そのようなわけで、国語道場には漫画やパズルなどを教室に置いておりまして、休み時間などに子どもたちが自由に触れられるようにしています。 放っておくと、いつの間にかルービックキューブなんか6面そろえてしまうようになります。子どもの力はすごいですね。  今

続きを読む

—————

2019年07月07日 23:02

塾長が少々困ってしまうお尋ねとご依頼

 面談やメールなどで、保護者の方々から様々なご相談をちょうだいします。可能な限りご希望に沿えるように力を尽くしております。しかし、中には対応いたしかねるものもございます。その代表的なものをご紹介させていただきます。それは、 「おすすめの自習教材を教えてください」 「家庭用の自主学習の課題を出してください」 です。  念のために申しますと、国語道場では授業で原則として毎回宿題が出ます。対応できないのは塾の管理下にない学習課題を出すことです。  これ、私も若いころはこのようなお尋ねやご依頼を受けますと、かいがいしく対応したものです。おすすめの自主学習用教材をあれこれご紹介したり、家庭の自主学習課題

続きを読む

—————

2019年07月06日 22:26

「ことばの学校」、OLECO英語 親子で体験も承ります!

 本日もご新規の方や塾生の面談、体験授業を締めて5件実施いたしました。  今回初めての試みだったのですが、お子さんと親御さんが一緒に読書指導「ことばの学校」を体験していただきました。振り返ってみまして、これは大変良かったなと思います。  実際、国語道場に「ことばの学校」やマンツーマンオンライン英語OLECOを導入するに際して、私は両方とも自分で体験しているのです。そして、「これはいい。子どもたちの学力・成績向上に役に立つ」と確信して、採用を決定しています。  読書指導「ことばの学校」ですが、朗読音声を聞きながら本を読むのは、なぜか非常に気持ちがよいのです。本を読み聞かせしてもらうのに似ています

続きを読む

—————

2019年07月05日 23:38

田代まさしさんに学ぶ依存症の克服方法

 今日は久々に面談の予定がない日だったんですが、始まってみるとご新規の方からのお問い合わせが立て続けにありまして面食らってしまいました。全部で5件くらいいただいたかと思いますが、皆様こちらのサイトもご覧いただいているということで、大変ありがたく存じます。  明日(6日)はもう面談と体験授業の予定がびっしり埋まっておりますので、新たなご予約は承ることができない状況です。来週以降となってしまいますが、出来る限りご希望に沿えるようにさせていただきますのでよろしくお願いいたします。  私はテレビというと録画視聴ばかりで、毎週見るのは大河ドラマ「いだてん」と「ブラタモリ」、「タモリ倶楽部」くらいです。「

続きを読む

—————

2019年07月04日 23:28

中学受験、とりあえずやらせちゃう人へ。「行かないとしても勉強したことは役に立つ」なんて大嘘ですからね

 ↑は非常に有名なツイートですが、もう10年近く前につぶやかれたものなんですね。月日の経つのは早く、一方で人はなかなか学ばないものだと思い知らされます。  それでもスポーツの世界は、根性論はだいぶ影を潜めて科学的トレーニングが広まっているような印象を受けます。むしろ勉強の方が遅れているかもしれません。  とりあえずお子さんを難関中学受験させることにした親御さんがよく言われる言説ですが、「万一ダメでもそれまで勉強したことはきっと役に立ちますんで」というのがあります。これは、私に言わせれば非常に怪しいと言わざるを得ません。むしろお子さんに合っていない勉強なんかさせたら、子どもを勉強嫌いにする上にア

続きを読む

—————

2019年07月03日 23:20

夏期講習申込締切まであと10日!すでに満席の時間帯も出ています

 先週末から週明けにかけて夏期講習のお申し込みをどっといただきまして、昨日は明け方まで日程表の整理にかかってしまいました。たくさんのお申し込み、まことにありがとうございます。  そういうわけで、ここにきて一気に満席の時間帯が出てきています。全体的な傾向としましては、 7月のウィークデイは、どの時間帯も非常に入りにくくなっています。とくに夕方早いところは満席のことが多いです。 8月はウィークデイの午前中に満席の時間帯がたくさん出ています。 13日(火)、20日(火)、21日(水)、22日(木)、23日(金)、27日(火)の午前中3コマは締切とさせていただきます。  8月の午後、午前でも週末でした

続きを読む

—————

2019年07月02日 22:58

作文力を伸ばす「5か年計画」

 今日の授業で、一人の中学生が、 「先生、最近僕は国語力が以前よりだいぶついて気がします。」 「うん。そうだね。私もそう思うよ。」 「こないだの中間テストで国語に作文が出たんですが、僕のがいちばんよいということで、みんなの前で読まれたんです。」 「ほう。そうれはすごいね。でも、今日の作文を見ていても、作文が本当に上手になったのは分かるな。とてもよく書けているもの。」 なんて、うれしい報告をしてくれました(^^)  この子の場合は確か4年前ですね。授業の課題で作文を書いてもらったことがありました。  もう支離滅裂なんだけれども、ほとばしるように世の中でおかしいと思っていることをとうとうと書いてく

続きを読む

—————

2019年07月01日 16:52

男子はボーっとしているから後伸びする

 毎年夏の面談シーズンには、塾生とご新規の方のご相談を合わせると大体100名前後の親御さんとお会いしていることになります。お父さんのご参加も多くなっているとはいえ、まだまだ面談にお越しになるのはお母さま方が中心です。 〽男と女の間には、ふかくて暗い川がある・・・  お母さま方とお会いしていると、たまにこんな歌を思い出してしまうことがあります。女性からすると、男の子のボーっとした感じは、ちょっと理解しがたいものに思われることが多いようです。 「こんなにボーっとしていて大丈夫なのか心配です」 「忘れ物も多いし、勉強もできないし。どうしてこんな風になっちゃったのかと思います」 などなど、男のお子さん

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター