国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年07月20日 22:16

なぜ先進国の中で日本は飛びぬけて子どもの教育に金がかかるのか?

 ご存じの通り国語道場という塾をやっておりますが、つまるところ、本当の意味で「国語」ができる大人ってそんなにいないのかなと思うことがあります。  国語道場のコンセプトは、教科としての国語だけではなく、あらゆる学びの基盤としての日本語力としての国語力を鍛える塾というものです。それは、言語を用いて自ら問題を発見し、それについて考え、それを解決していく力でもあります。  でも、それを日常の生活の中でできている大人ってどれくらいいるんでしょうね。  どうしてPTAはバザーの準備や他団体との会合出席で忙しい一方で、いじめや不登校など子どもたちの深刻な問題について議論したり解決のための行動を起こさないのか

続きを読む

—————

2019年07月20日 00:15

『聲の形』と学校の形

 塾の話とあまり関係がないので話題にするか少し迷ったのですが・・・。  報道されている通り、有力なアニメーション制作会社である京都アニメーションのスタジオが極めて悪質で暴力的な攻撃を受けて、多数の才能あふれるスタッフが死傷しました。犠牲になった方々に哀悼の意を捧げるとともに、今なお怪我に苦しむ方々の一日も早い回復をお祈りいたします。またご家族、関係者の方々のご心労やいかばかりと拝察いたします。  私は、日本に生まれ育ったものとしてご多分に漏れずアニメは好きですが、それほど業界に詳しいわけではありません。したがいまして、今回被害に遭った京都アニメーションという会社が、大変優れたアニメ作品を作って

続きを読む

—————

2019年07月18日 23:17

勉強する気持ちに火がついたみたいです

 一日の授業が終わり、簡単に後片付けを済ませて一息ついているところ、生徒の親御さんからお電話をいただきました。  「明日の◯時から数学の授業を追加できませんか?」  「はい。ちょうど1枠空きがありますので大丈夫ですよ。」  「なんかもっと勉強したいので授業を増やしてくれって言っています。勉強する気持ちに火が付いたみたいです。」  こういうお話は、塾の人間としてなんともうれしいものですね。この生徒は、夏休みが始まってからというもの、自分の授業が始まる何時間も前から道場に来て、学校の夏休みの宿題も着々と進めているのです。それに加えて夏期講習もたくさん来ることになっているのですが、さらにそれに追加し

続きを読む

—————

2019年07月17日 23:06

とにかく触れている言葉の量が少なすぎるんですよ

 だいぶ前のことになりますが、中3の社会の授業でのこと。  裁判所が、法律などが憲法に違反していないかどうかを審査する権限を「違憲審査権」と言います。どうも教えている生徒が、この「違憲審査権」という言葉の意味を分かっていない様子でした。 「つーか、『違憲』ってどういう意味か分かってるの?」 「あ、はい。」 「『違憲』の「憲」は?」 「『憲法』の『憲』です。」 「そうそう。じゃ『違憲』ってどういうことよ?」 「違う憲法。」 「・・・」  「読んで字のごとし」ということわざがございます。書いてある字を見りゃ意味が分かるだろ、という意味ですね。しかし、子どもたちの場合、まだそうはいかないことも少なく

続きを読む

—————

2019年07月16日 22:56

国語道場では早くも夏期講習「終了」の生徒も!(^^)! まだ集団一斉指導でだらだら勉強してるの?

 先週末に夏休みが始まり、塾業界にとっては1年間で最大の行事の一つである夏期講習のシーズンになりました。  と思ったら、国語道場の生徒の中には、「夏期講習終了!」という生徒が続々と現れています(^^)/  どういうことかと言いますと、国語道場の夏期講習のメインの指導内容は、①既習事項の復習、②第2回定期テスト・前期期末テスト範囲の学習です。「夏期講習終了」とは、これらの範囲の学習が一通り終わったということです。  もちろん、「終了」と言っても、もうこれから夏休み中ずっと勉強しなくてもいいよということではありません。残りの時間を使って、得意科目については学習をどんどん先へ進めたり、より考えさせる

続きを読む

—————

2019年07月15日 22:15

この夏休みは一生に一度だけ、二度と帰ってこない

 この夏休みは二度と帰ってこないから、いい思い出を作りましょう。 という話ではありません。塾ですからね。勉強のことです。  受験はまだ先だし、今年は特に何もやらせなくてもいいかな、といった考え方。 まあ、それもそれでいいでしょう。人生のうちでだらっとする時期があるのは何も悪いことではないと私も思います。  でも、そこで勉強せずに過ぎていった時間は二度と帰ってこない。それはいずれ超人的な努力で取り返さなければいけなくなるということは頭の片隅に入れておいたほうがいいでしょう。  夏休みにおける既習事項の総復習。それは中3で初めてやるよりも、中1からやった方がいいに決まっています。中1だったら「総復

続きを読む

—————

2019年07月14日 23:02

他人のチェックが入るから伸びる

 昨日の記事の発表会ネタの続きです(^^;  わが子ながら、娘のピアノ演奏がたいそう素晴らしかったため、気分が盛り上がって今日は何年かぶりに自分のフルートを引っ張り出して吹きました。J.S.バッハのパルティータやモーツァルトの四重奏曲などを適当にヒャラヒャラ吹いたり、家内とモーツァルトのピアノ協奏曲の一部分を一緒に合わせたりしました。まあ、海外旅行から帰ってすぐの時期、「よし、やっぱり英語を勉強しなおして、もっとしゃべれるようになるぞ」などと思うようなものでしょうか。  今回の発表会で娘の演奏の良かったところは、音楽的に豊かだったことです。「音楽的に豊か」とは、単調に楽譜にある音をただ出すので

続きを読む

—————

2019年07月13日 22:41

習い事で成功するために、してはいけないこと

 今日は午前中に娘が通っている音楽教室の発表会があり、開校時間の前にそれを見に行ってきました。  音楽は人間の活動の中で最も素晴らしいものの一つであり、一生のうちのある時期にそれに打ち込むことは大変尊いことであるという信念を、私は持っています。ゆえに子どもに真剣に取り組ませています。少々自立心の強い娘なので、しばしば「もうやめる」などと言いだしますが、なんだかんだでまる5年になりました。発表会が終わればケロリとしたもので、「来年は何弾こうかな」などと言っております。  大変優れた先生に出会えたこともあり、技術的にもめきめき力をつけています。今回の発表会では有名な「ショパンのノクターン」(作品

続きを読む

—————

2019年07月12日 22:52

塾外からの応援、感謝です!

 本日は今年度第1回の「漢検」を準会場として実施しました。今回も、塾外から受検してくださる方がいらっしゃいました。西千葉地区の開かれた準会場として検定を実施しております。交通の便が良いからとか7月にやっているところがあまりないからとかいった理由で結構です。お気軽にご利用ください。  先日実施した「英検」1次試験では、わざわざお礼の電話まで下さる方がいらっしいました。「また上の級を受けるときにはよろしくお願いします」と言っていただいて、うれしく思いました。各地の小学校で英検準会場が普及するまで「英検」準会場を頑張って続けておりますが、とても励みになります。  最近は具体的なご入塾のご相談のお問合

続きを読む

—————

2019年07月11日 23:12

基本的なことですが、漢字はパーツを認識して覚えましょう

 国語道場は、「漢検(日本漢字能力検定)」の準会場指定校です。  千葉市立の公立学校は2期制を取っており、6月は中学校で前期中間テスト・第1回定期テストが行われることが多いです。したがいまして、国語道場では毎年第1回目の「漢検」を7月に実施しています。「英検」と違って、「漢検」は複数の実施日から団体が選択できるようになっているのです。  そしていよいよ明日7月12日が、準会場・国語道場における第1回「漢検」の実施日です。お申し込みいただいている皆様は、それぞれ所定の開始時間の15分前までにご入室くださいますようお願いいたします。  「漢字の覚え方」なんて大仰な言い方をするほどのことではありませ

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター