国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年09月10日 12:28

女の子は大変

 先週は、院内の千葉聖心高校の説明会に行ってきました。  同校の副校長先生自ら言われている通り、「模試の偏差値ランキング表で一番下の方を見るとすぐに見つかる」高校です。  しかしながら、その副校長先生の「子どもたちに自尊心を持ってもらいたい」というお話には大いに共感しました。  同校では、小・中学校で活躍できなかった子どもたちに学校行事等で活躍の機会があるとか、毎日「自己探求」という時間があって、それこそ小・中学校の課程で身についていなかったことなんかを学び直してできるようにする取り組みしているということでした。筋の通ったいい教育をやっておられるなと思いました。  件の副校長先生はもともと中学

続きを読む

—————

2018年09月04日 09:37

お子さんの「勉強する能力」そのものを測ります

 今年は、夏休みの終わりごろにかけて、子どもの自殺を予防する目的で、行きたくなければ学校に行かなくても大丈夫だという話題がテレビで盛んに言われていたように思います。  学校になじめない、行かないという子どもは年々増える一方で、今後も減ることはないでしょう。学級制というストレスフルで無意味な仕組みを変えていこうとしない限り。  国語道場の塾長という立場で、現在の学校のダメなところを指摘させてもらうと、中学生の大半が、中学生としての学習に必要な日本語能力を身に着けさせることができていないことですね。  私には、学校の先生方を批判する意図は毛頭ないです。自分の子どもたちがお世話になった/なっている先

続きを読む

—————

2018年08月31日 17:03

大ショック?!2019年度千葉県公立高校入試、千葉市は定員240人減!!

 千葉県教育委員会より、来年度の千葉県公立高校の募集定員が発表されました。  千葉県全体の中学3年生の人数は、昨年より1,000人近く減っているんですね。国語道場では、中3も含めて生徒数が昨年よりも増えているので、正直よく知りませんでした(^^;  今年の中3の人数は全県で53,900人。うち、98.9%が高等学校に進学するものと予想されているそうで、その数約53,300人。  千葉市、船橋市、習志野市などの市立高校も含めた、千葉県公立高校全日制の来年度の募集定員は、33,000人と発表されています。言い換えると、20,000人以上の高校進学希望者は、県内の全日制の公立高校には入れず、私立高校

続きを読む

—————

2018年08月30日 16:37

ヤヴァイと思ったが吉日

 一般の公立小・中学校では、長かった夏休みももうすぐ終わりです。毎日昼食を作らなければならないお家の方々、ゴールはもう少しです(・ω・)ノ  夏休みが終わるということは、塾業界の夏期講習も終わるということです。国語道場では、今年も、夏期講習だけ参加という予定だったお子さん方の中から、9月以降も続けたいという方が何人もいらっしゃって、とてもありがたく思っております。  国語道場って本当に勉強ばかりさせている塾なんですよ。私語なんかしようものなら塾長に叱られますし、基本的に授業中世間話はしません。  世間話は、塾の多くではむしろ奨励されているものだったりします。子どもの興味を引くためとか、講師と生

続きを読む

—————

2018年08月29日 17:20

勉強は自分のペースでしかできない

 息子が、スーツさんという鉄道マニアの動画をよく見ています。  某国立大学の学生さんだそうで、非常に滑らかな口調で話し、興味深い動画を投稿している人です。現在鉄道でヨーロッパを旅行しているそうで、その動画を毎日アップしています。  私は以前ロシアに住んでいたことがあるので、動画のロシア編は、私も懐かしく楽しませてもらいました。  非常にたくさんの動画をアップしている人なのですが、先日息子はその中で、スーツさんが勉強の仕方を語っている動画を見ていました。  子どもが人の勉強法について聞いたり読んだりするのは、とても有意義だと思います。なぜなら、勉強の仕方を考えることは、勉強に含まれるからです。

続きを読む

—————

2018年08月27日 12:23

ここがいい、県立そっくりもぎ見直し会

 昨日は午前中、先週他界した母方の伯父のお葬式がありました。  見た目は少しいかつい感じだったんですが、優しい人で、私も小さいころからよくかわいがってもらっていました。ここ数年お会いすることもなく突然の訃報で、そこは少し悔やまれるところです。  サントリーのモルツビール(プレモルじゃない方)が好きな人で、近所のスーパーに一緒に買いに行ったのが一番最近の思い出ですね。なるほど、おいしいビールはいい水と麦芽とホップからだけで作られるもので、米やコーンスターチを混ぜるべきではないのだということを学びました。  久々に会えたいとこやいとこの子どももいました。赤ちゃんの時から知っているいとこの子ど

続きを読む

—————

2018年08月25日 19:50

テスト、テスト、テスト

 明日は、国語道場の中3受験生たちにとっては初めての会場模擬試験です。国語道場では、今月から4回にわたって、進学研究会の県立そっくりもぎと受けていってもらうことになっています。  中3受験生だけではなく、そのほか小学1年生から中学2年生に至るまで、全員が今月は偏差値が出る実力テストを受けることになっていまして、明日がその締切日になっています。  国語道場では、全生徒数が教室の座席数の4倍にもなってしまうため、一斉にテストを受けていただくことができません。したがって、お一人お一人、都合のよいときに個別に道場に来ていただいて、そして締め切り日までに受験を終了していただくという風に実施しています。

続きを読む

—————

2018年08月23日 21:18

娘が学校に行かないと言い出した

 昨日は家族会議のため、仕事が終わってなるべくすぐに帰宅いたしました。  タイトルのとおりで、小5の娘が、夏休み後も学校に行かないと言い出したということで、それについて家族で話し合うことになったわけです。  現在の学校の担任の先生と夏休み前ごろにいささか折り合いが悪くなったため、学級に戻りたくないという気持ちのようです。  父親の私もかなり自由主義的な人間でありますので、その辺の影響もあるかもしれません。小・中とたいそう学校嫌いだった兄が、日ごろ学校の悪口を言いまくっているのも関係があるでしょう。  ちなみにその兄は、現在木更津の国立高専に通っているのですが、そこの変人やオタクの巣窟的な雰囲気

続きを読む

—————

2018年08月21日 21:26

西千葉で受けられます!2018年度第2回「英検」・「漢検」お申込受付中!

 国語道場は、日本英語検定協会の実用英語技能検定(「英検」)と日本漢字能力検定協会の日本漢字能力検定(「漢検」)の準会場指定教室です。  準会場で受検できるのは、塾だったらそこの塾生さんだけなのかというと決してそうではありません。一般の方も問題なく受検できます。  公開会場ですと、協会から受験票が送られてくるまでどこが会場なのかはっきりとせず、「千葉」で申し込んでもあまり自宅から近くないところを指定されることもあるようです。  準会場は、申し込んだところで受検できるという点はよいところですね。これまでも外部から何人かの方が国語道場で受検してくださっています。  まあ、よく知らない塾で受検するの

続きを読む

—————

2018年08月19日 21:51

小学校低学年での言語能力の低さが一生たたるかもしれないという話

 うちの小5の娘ですが、轟町にある自由保育の幼稚園に通わせていました。  入園式の時、確か園長先生が 「自分の気持ちを人に伝えられるようになりましょう」 というようなことを言われていたのを覚えています。そのほかにも、幼稚園生活の中で「自分がどういう気持ちなのか、どうしてほしいのかを言えること」の大切さが強調されていたように思います。  当時は私にあまりその点についての問題意識がなかったのですが、今振り返ってみると、とても重要なことを言われていたのだなと思い知らされます。  国語道場には、小学1年生から中学3年生までのお子さんたちが通っています。その中で、自分がどうしたいのかということを伝える言

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター