国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年01月25日 23:17

小学生の頭脳大爆発!1月実力テストで大幅成績アップ続々

 1月度実力テストの成績のウェブ閲覧が開始されました。成績表の返却は、来週以降になります。今しばらくお待ちください。  昨日、小学生、特に低学年の爆発的な学力・成績向上について書きました。  読書指導「ことばの学校」を受講することどもたちの成績は、まさにそのことを実証するかのようです。みんな本当によく頑張っています! 緑町小2年のまもる君、国語の偏差値が前回から8ポイント上昇です! 同じく緑町小2年のあつと君、国語の偏差値が前回から12ポイントアップ!自己記録更新! 緑町小6年のあみちゃん、算数の偏差値が前回から8ポイントアップで、自己記録タイ! 同じく緑町小6年のあきひろ君は、国語が5ポイン

続きを読む

—————

2019年01月24日 20:17

頭が「良い」・「悪い」は語彙力で決まる

 突然ですが質問です。  お子さんは自分のことを頭がよいと思っていますか?それとも悪いと思っていますか?  根拠もなく自信過剰なのは困りますが、どちらかといえば、お子さんが自分のことを頭がよい、何でもかんでもできるというわけではないけれども、勉強に関して何となく自信を持っているほうがいいのは言うまでもありません。自分は出来ないと思い込んでしまうと、ちょっと難しいと感じただけで問題を解くのを諦めてしまったり、勉強そのものが嫌いになってしまったりしてしまうからです。  では、この自分は頭がいいような気がするとか、悪いような気がするというのは、いつからどのように子どもはそのような自己評価を持つように

続きを読む

—————

2019年01月23日 20:40

看板が復活しました

 先日の記事にも書きましたが、創業以来17年間入り口で頑張ってくれていた看板がついに壊れまして、新しく作り直しておりました。そしてそれが本日納品されました。  れ?何も変わってない?  せっかく看板を新調するので、これまでのものとは違った形状やデザインにしようかなどとあれこれ考えはしたのですがね。結局、看板の本体は、以前のものと全く同じタイプのものにしました(^^;  前回からなにぶん20年近くたっていますから、マイナーチェンジはしているようです。盤面は、以前のものはつるつるでしたが、今回のものはつやが消してあって、明かりがつくと柔らかい明るさに輝く感じになっています。あと、キャスターと電源

続きを読む

—————

2019年01月22日 20:50

同じ合格でも一つ上を目指させる

 私立高校前期入試が終わり、国語道場の受験生たちは全員合格を果たすことができました。まずはみんなよく頑張りました!  皆様もご存じの通り、昨今の私立高校入試は、一部の難関校を除き、中3時点の内申点によって学校長推薦が付き、事前相談を通っていれば原則として不合格にはならないようになっております。ほとんどの受験生がこの制度を利用して受験していることでしょう。  これはこれでありがたい制度ではありますが、いささか緊張感に欠けるところは否定できません。そうすると、単願の受験生は出願先が決まったところで勉強のモチベーションを失い、併願の受験生にとっては公立高校入試の練習にならないといった弊害があります。

続きを読む

—————

2019年01月22日 20:35

りおちゃん、誕生日おめでとう!

 りおちゃんは、昨年の春からのスタートですね。お家もちょっと遠いところから、いろいろな習い事で忙しい合間を縫って、読書指導「ことばの学校」の受講をがんばって続けています。4月末の受講開始から今日まで、もう50冊もの本を読んでいます。  秋の「読書指数診断」の成績は、すばらしいものでした。語彙力は、りおちゃんの今の学年の標準的な語彙数を3,500語も上回り、学年で1個上の国語力を身につけられています。これまでのがんばりの成果ですね。  これからの成長にも期待しています。また今週も楽しみにしていますよ!

続きを読む

—————

2019年01月20日 15:49

けんたろう君、誕生日おめでとう!

 けんたろう君は2019年の国語道場入塾第1号です。早くもお誕生日なんですね(^^)  日本語語彙力については、今の学年のものまでほとんど完ぺきにマスターできていて、たのもしい限りです。これまでも人の話をよく聞くといった習慣が身についているのでしょう。  いつも誰よりも早く道場に来て、自習室で学校の宿題を済ませ、帰る時も道場の宿題を終わらせてから帰るという、とても良い習慣ができていると思います。ここまでのところ勉強への取り組みはばっちりです。  このまま頑張っていけるよう先生たちも応援しています。これからの成長を楽しみにしていますよ!

続きを読む

—————

2019年01月19日 21:30

国語道場のチラシ、配布開始します!

 国語道場の新年度生募集のチラシですが、配布のスケジュールが決まりましたのでお知らせします。  来週の週末、26日(土)ごろからお配りいたします。ぜひお手に取ってご覧いただければと思います(^^♪  毎度手描きのチラシでお目汚しをさせていただいております。塾長の家内のあきこさんが中心になって作っています。今回は、小5の娘が描いてくれたカットも使っています。  私の書き下ろしのコラムも掲載しております。ブログには掲載しておりません。国語道場の運営を通して日ごろつくづく思うことを、心を込めて書かせていただきました。どうして国語が大切なのか、分かりやすくご説明したつもりです。お読みいただければ幸い

続きを読む

—————

2019年01月18日 23:16

喜びの声続々、私立高校合格発表

 私立高校の合格発表は早いところが多いですが、昨日の入試の結果がもういくつか発表されています。  今日報告に来てくれた国語道場生は、みごと全員合格していました。みんなおめでとう!  多くが入試相談を経ての受験でしたので、基本的に不合格はないものとされてはいるのですが、子どもたちにとっては大きな外部の組織に入れるのか拒否されるのかという経験は初めてのものです。緊張感もあったと思います。  今日までのところ無事全員合格ということで、胸をなでおろしているところでしょう。やっぱり勝つとか受かるという経験は、何よりの薬です。ほとんどの受験生にとっては、これから第一志望校の入試が待っているのですが、この成

続きを読む

—————

2019年01月17日 23:50

定期テストで学年順位トップ10だったら翌月授業料半額始めます!

 いよいよ千葉県内私立高校入試が始まりましたね。  国語道場の受験生たちは、今日私立の入試があった生徒たちでも、ほとんどが休まずに授業に出てきました。みんな本当によく頑張っています!  公立高校入試までは、残すところあと26日となりました。最後までやるべきことをやりぬかせていきます!  さて、公立高校入試が近づいてくるとなりますと、忘れちゃいけない、中1・中2生は第4回定期テスト・後期期末テストです。多くの学校が公立高校入試日程にかぶせてきていますから、こちらのほうもあとわずかです。  あらゆる学びの基盤としての国語力を確かなものにし、5教科全体の成績を上げるというのが国語道場の教育方針ですが

続きを読む

—————

2019年01月16日 20:35

聞かれていることにこたえることの難しさ

 国語道場では、今週13日から毎週日曜日、4週にわたって千葉県公立高校入試問題演習「過去問道場」を実施しています。  本番と同じ制限時間内に問題を解いてもらい、ただちに塾長が採点をして結果を返却します。そうすることで、例えば不正解となった問題についてはどのような点がいけなかったのか、受験生たちにつぶさに点検させています。  今回の練習で特に印象的だったのが平成27年度前期の理科の問題でした。  黄色いBTB溶液の入った試験管に水草を入れ、その全体をアルミ箔で覆う。一昼夜その状態で置いておいてからアルミ箔を取ると、BTB溶液は黄色のまんまである。それはなぜか、植物の働きに触れながら述べよという問

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター