国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年10月15日 22:35

多くのお子さんに足りないのは、読解力以前の力なんだが

 昨日は、津田沼の習志野文化ホールで行われた、椎名雄一郎さんというオルガニストのJ.S.バッハのオルガンコンサートに家族で行ってきました。オルガンの仕組みやバッハについての簡単なレクチャーを織り交ぜてのコンサートで、演奏もさることながら勉強にもなって、とてもお得な気分になりました。  津田沼ということで、コンサートの後で丸善に行きました。千葉周辺で大きい本屋と呼ぶに値するのはここくらいしかないことをいつも残念に思います。  丸善の店内に入ってすぐのところに、週刊『東洋経済』が平積みになっていました。「AIに負けない読解力を鍛える」という特集の10月12日号です。表紙からして最近出版された、新井

続きを読む

—————

2019年10月13日 22:27

やっぱり理科・社会は「勉強」するな

 台風19号は、東日本の広い範囲に大変な被害を引き起こしているようです。台風がすでに通過した今日になって、利根川河口の銚子では上流から大量の水が流れてきたのと満潮のタイミングが重なって、冠水が発生したそうです。もうちょっと上流の香取市では、いまだに避難勧告が出されています。まだまだ厳しい状況にある方々がたくさんいらっしゃると思います。早く平生の生活が取り戻せますように心よりお祈りいたします。  国語道場のある西千葉地区では、昨日停電が発生しましたが、今は復旧しているようです。15日(火)には通常どおり開校できる見通しです。  私は、入試問題や授業で使用するテキストに掲載される文章のもとの本を、

続きを読む

—————

2019年10月13日 19:31

台風去って時間ができたので、よい理科教材を見つけた

 被災お見舞い  みどり台周辺で停電が発生 今は解消 何とか火曜日15日には通常どおり開校できる見通し  コンサートが中止に 幕総出身 フルート奏者 習志野シンフォニエッタ千葉での演奏が大変すばらしかったので、どこかでやっていないかと思って探した ドビュッシーのフルート、ビオラ、ハープのソナタ 最晩年の傑作 来年の春に延期  仕方がないので庭掃除  優れた教育アニメ作品 はたらく細胞 ギャグマンガ的な演出でありながら、最新の知見が反映している 免疫系細胞のT細胞が、キラー、ヘルパーなどに分化するところが、青春ドラマ的に表現されていて秀逸 アマプラで見られる  理科や社会は、極力「勉強」せずに学

続きを読む

—————

2019年10月12日 17:14

巨大台風、何とか無事に乗り切りましょう

 今朝がた、いきなり停電がありましたね。台風本体の上陸・通過はまだまだこれからでしょうから、先が思いやられます・・・。  国語道場は、来週火曜日(15日)より通常どおり開校を予定しております。「予定しております」なんて言い方をしておりますのは、台風の通過によって停電が発生し、それが長引くようだと開校できるかどうかわからないからです。現に台風15号が通過した際、県内各地で授業を実施できなかった友人・知人の塾がいくつもありました。  西千葉駅周辺に住んでいる子どもたちを見ておりますと、あまり台風を心配していないように見えます。おそらく停電を経験しなかったからではないかと思います。  私は自宅が稲毛

続きを読む

—————

2019年10月11日 21:19

10月12日(土)は全日休校といたします

 当初、12日は午前中に授業を実施する予定でしたが、全日休校とさせていただきます。授業の予定のあった皆様には、すでに個別にご連絡をしておりますが、改めてこちらでも告知いたします。  一昨日の段階に比べまして、台風の接近・上陸の時間がかなり早まったことと、千葉市全域の住民全員に避難準備情報が出されていることから、このような判断になりました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、お子様の通塾の安全を鑑みての決定ということで、ご理解のほどお願いいたします。  なお、一昨日告知しました、午前中に授業を実施する旨の記事は、混乱を避けるために削除いたしました。  来週火曜日(15日)から通常通り開校する

続きを読む

—————

2019年10月10日 14:02

10/13の「県立そっくりもぎ(Vもぎ)」は全県で実施中止

 台風19号接近に関する対応が次々と発表されていますね。  進学研究会の会場模擬試験「Vもぎ」・「県立そっくりもぎ」ですが、13日(日)の全面中止が発表されています。 2019-10-10【重要】台風19号接近による10月13日Vもぎ中止のお知らせ 10月13日(日)都立そっくりもぎ・千葉県立そっくりもぎは、 大型の台風19号の接近に伴い、各交通機関の大幅な計画運休による混乱が予想されるため、 中止となりました。 今回の件の対応につきましては、 個人申し込みの方は、10月末までに詳しいご案内を郵送いたしますので、そちらをご確認ください。 塾申し込みの方は、恐れ入りますが

続きを読む

—————

2019年10月10日 00:07

スクールフェア2019が延期されました

 10月13日(日)に三井ガーデンホテル千葉で開催予定でした千葉学習塾協同組合主催の市立中学校・高等学校の合同葬段階である「スクールフェア2019」は、台風19号接近によりまして、11月4日(月・振替休日)に延期になりました。  会場は同じく千葉中央の三井ガーデンホテル千葉。開催時間は13時~16時30分(入退場自由)です。  「ワクワク先生の面白講座」「これで納得!の学校選び」「制服試着コーナー」「お楽しみ大抽選会」等のイベントも、予定通り行われるとのことでした。  この「スクールフェア2019」につきましては、学校などでも案内のチラシが配布されているとのことで、お出かけの予定の方もたくさん

続きを読む

—————

2019年10月08日 23:55

子育ての心の持ちようをお話しします。秋の面談、お申し込み受付中です!

 すでに塾生の皆様には連絡アプリにてお伝えしておりますが、10月22日(火)よりおよそ1か月にわたって、秋の面談を実施いたします。万障繰り合わせの上ご来校ください。  国語道場の面談は、そこいらのチェーン個別指導塾のような営業トークではありません。チェーン個別指導塾では年中行事となっている、30万円払って冬期講習に参加しないと高校に行けないみたいな、そういう法外なぼったくり話で延々と脅迫されるようなことは全くありませんのでご安心ください(^^)  国語道場の冬期講習は、中学生は定額制の授業受け放題ですから、そんな洗脳トークをやる必要がないんですね。国語道場の面談は、お子さんの学習状況、成績、そ

続きを読む

—————

2019年10月07日 15:54

塾に「変な人」がいなくなるのは残念なことである~佐藤忠志先生追悼

 学生時代のアルバイトを含めて、30年近く塾の仕事を続けています。その中で、塾の務めについては、一つ独自の信念を持っています。その務めに、勉強を教える、勉強の仕方を教えることはもちろんですが、「世界の広さ」を子どもたちに感じさせることがあると思っています。  これは、私自身の中学時代の塾経験に由来します。私が中学生の時に通っていた塾の国語の講師が、授業中にこんなことを言っていたことがあります。 「本をたくさん読めよ。エロ本でいいからたくさん読め。」  まあ、塾講師の人気取りのためのよくある下ネタだといえばそうかもしれません。しかし、私がこれに衝撃を受けたのは、こんなことを言う人間がこの世に生き

続きを読む

—————

2019年10月06日 23:00

英検合否結果、読書指数診断成績表の返却日程

 10月。公立学校が2期生の千葉市では定期テストはありませんが、英検などの検定試験や模試が集中する月です。国語道場でも、昨日が「英検」1次試験と「読書指数診断」の受験最終日で、きょう6日は中3受験生が県立そっくりもぎを受けに行きました。  「英検」並びに「読書指数診断」につきましては、本日までに私が責任をもって答案を主催者にお送りしました。  検定試験の合否、模試や「読書指数診断」の成績について、いつ返却されるかしばしばお尋ねをいただきます。気の早い人だと、試験から1週間後くらいに、 「〇〇の結果はまだですか。」 なんて尋ねてこられます。たしかに県立そっくりもぎなんかは1週間ほどで帰ってきます

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター