国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2018年02月10日 19:29

ホント、人の話を聞いてないですよね

 現在西千葉地区を中心に配布している国語道場のチラシにも書いたこととも関連しますが、子どもが学業不振に陥る原因の一つは、 人の話を聞いてない という習慣上の欠陥です。このことを認識せずに、「子どもを塾に入れて教えてもらえば成績が上がる」などと考えている人は少なくないようです。  国語道場の通常期の授業は、学校の予習です。ですから授業は、まず最初に一人一人の生徒に対して新しい単元の説明と問題の解き方を教え、それからその問題演習をしてもらうという流れになっています。  しかし、集団塾で成績が上がらないなどの理由で国語道場に転塾して間もない生徒の中には、問題演習がなかなか進められずにぼーっとしていた

続きを読む

—————

2018年02月06日 10:28

「教科書が読めない子ども」とは、あなたのことですよ

 NIIの新井紀子先生の「AI VS....

続きを読む

—————

2018年02月02日 11:01

国語道場のご案内を配布させていただいております

 今週の頭から、西千葉周辺のご家庭に、国語道場の新作チラシをお配りしております。ご笑覧いただければ幸いです。  今回、挿絵の一部を小4の娘に描いてもらいました。なかなか楽しい雰囲気のチラシができたと思っております(^^)  ここのところご入塾になった皆様のほとんどが現・元塾生のご紹介によるもので、今回チラシを配布するまでにも過去最多のご新規のお問い合わせをいただいているところではありますが、国語道場について全くご存じない皆様にも知っていただこうということで、新しいチラシを作製、配布いたしました。  「うちには配られてない」という方でご所望の者方がいらっしゃいましたら、お送りいたします。お気軽

続きを読む

—————

2018年01月30日 10:27

お子さんが、豊かな言葉に日々さらされているかどうか

 インフルエンザが流行っていますね。  いつも思うのですが、学校の学級閉鎖とか学年閉鎖ってインフルエンザの発症者が1~2名出たところで断行すべきですよね。クラスの3分の1が欠席するまで学級閉鎖にしないなんて、わざわざ教室に押し込めてインフルエンザに罹患させてるようなものですよ。  さて、ベネッセさんの教育情報サイトを私はよく見るのですが、先日このような4コマ漫画を読んで、思わず笑ってしまいました。  上の子どもがほとんど3語しか話さなくなったと下の子どもに相談したお母さん、その下の子どもに、「ママだって3語だと思うよ」と逆に指摘されてしまうというオチです。家庭での会話で使う言葉なんてパターン化

続きを読む

—————

2018年01月26日 21:23

ひなこちゃん、誕生日おめでとう!

 いよいよ入試本番を迎えますね。  中1の途中から国語道場に来てくれるようになって、ここまでのひなこちゃんの頑張りをずっと見てきました。本当によくやっていると思います。  道場に来る前から考えると、通算で30位以上も学年順位を上げることができました。これも素晴らしいですが、今も成長が続いていて、公立高校過去問演習会「カコモンGO!」では、回を重ねるごとに合計得点が上昇し続けています。  これほど頑張ってきたひなこちゃんだから、先生たちも心から志望校合格を果たしてほしいと願い、信じています。最後まで一緒に走り続けよう!

続きを読む

—————

2018年01月26日 16:12

定期テストで学年順位を上げる「方法」

 毎日たくさんの方々が国語道場ウェブサイトを訪れてくださっているようで、大変ありがたく思っております。1日のPV数が1,000件を超える日が続いていまして、先日は6,000件を超えていてびっくりしてしまいました。どのような方がご覧になっているのか皆目見当もつかないのですが、感謝感謝ですm(__)m  そのこととも関係すると思いますが、今年に入って折込広告などはまだ一度も投入していないのに、すでに何件ものお問い合わせ、無料体験授業、入塾面談、そしてご入塾のお申し込みをいただいております。  さて、いよいよ入試シーズンですが、受験生ではない中学生にとっては、この時期は期末テストの勉強に力を入れなけ

続きを読む

—————

2018年01月24日 20:39

美容と健康効果の高い!?「縄文の貝」

 国語道場の今年の中3受験生ですが、本日までに全員が受験した私立高校の合格をいただきました。  綿密な準備をして入試相談などを経ているので、当然と言えば当然ですが、本人たちから結果を聞くまではやはり心配になりますね。  ほとんどの受験生たちがこれから第一志望の公立高校の入試を控えていますが、この時期に合格をもらうことは、受験生たちには心のゆとりをもたらしてくれるもののようです。先日の「ニューベンゼミ」でも、集中力を高めるにはリラックスすることが大事だと言っていましたのでね。リラックスして次に備えさせたいと思います。  さて、塾長は、しばしばいろいろな勉強会に出かけます。ここ数か月は、千葉市加曽

続きを読む

—————

2018年01月23日 11:11

大学受験新テストでの、英語外部検定の有効期限

 2020年度より現在の大学入試センター試験に代わって新たに「大学入学共通テスト」が始まる(実施は2021年1月)のはもう皆さんご存じですね。今の中学3年生が、留年せずに無事進級していけば、受けることになります。  いきなり話がそれますが、現在高校1年生以上の学齢のお子さんが留年したり浪人したりして、この新テストを受験することになる場合ってどうなるんでしょうね。問題の傾向が大きく変わることや英語の外部検定が必須になることなど、仕組みが劇的に変わってしまうので対応が極めて困難だと思われるのですが・・・。過年度生のために新テストと別に現在のセンター試験みたいなものも用意してくれるなんてことはあるん

続きを読む

—————

2018年01月22日 21:21

「本番が一番楽だった」という状態にする

 評論家の西部邁さんが亡くなったんですね。  初めて西部さんの文章を読んだのは、大学受験向けの問題集でした。  高校受験までの中学生向けの国語の読解問題というと、環境問題でも文明の問題でも、ナイーヴなきれいごと的な文章が多いですよね。大学受験勉強で西部さんの文章を初めて読んだ時の感想は、非常に愉快なものでした。中学生向け文章の子どもだましで図式的な議論と違い、現実に向き合ってそこからものを考えている人が書いている文章だなと思いました。  文章を読む、読めるということは、すでに知っていることや信じたいことを、自分が理解したいように言葉を拾っていくようなことではなくて(このような人はたくさんいます

続きを読む

—————

2018年01月16日 20:32

カコモンGO!はじめました

 いよいよ明日から県内私立高校の前期入試が始まります。  国語道場では今週日曜日から、千葉県公立高校入試過去問演習会「カコモンGO!」をスタートしました。これから毎週日曜日、朝9:30~7時間ぶっ通しで、過去問を使った学習指導を行います。  まず、毎回一つの年度の全5教科の過去問を、入試本番と同じように各50分の制限時間を設けて解かせます。今回は2014年度のものに挑戦しました。  問題用紙や解答用紙は、本物のPDFファイルをプリントアウトしたものを使うこだわりぶり。単なる演習を超えた緊張感の中で問題に取り組みます。  実際のテスト形式での演習終了後、直ちに採点&合否予想を一人一人に知らせます

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター