国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年10月28日 15:27

勉強嫌いは低学年で決まる。大人も学び続ける必要がある令和の時代、勉強嫌いは一生祟る!

 30年も塾をやっておりますとそれこそ数えきれないほど多くの保護者の方々とお話をさせていただいているのですが、ときおりこのようなことを言われる方がいらっしゃいます。 「まあ、私も勉強は嫌いでしたけどね。勉強なんて好きな人はいませんよね。」  (゜_゜)うーん。そう仰られてもなあと。  国語道場のホームページをご覧になっている方々にはこういう感覚の方はあまりいないのかもしれませんが、もしこういう「勉強嫌いは当たり前」なんて感覚が普通だと思っている方がいらっしゃいましたら、 そんなの全然フツーじゃありませんから ということを肝に銘じてほしいと思います。「勉強嫌いが当たり前」なんていう自分の感覚を、

続きを読む

—————

2019年10月27日 22:58

「英検」一次試験結果発送のお知らせ

 今日は、既報の通り、定期テスト学習会「日曜道場」を実施しました。「今日は」といっても、きょうから11月いっぱい毎週日曜日に開校するんですがね。  まあ、なんだか国語道場の場合、女の子たちがたくましいですね。もうスタートの9:30からラスト16:30までみっちり頑張りました。  「日曜道場」を始めた十何年か前は、とにかく来てもらうだけでも大変でしたね。こっちは朝から道場を開けるんですが、生徒は誰も来ないなんてことがありました(^^;  こちらの考えや「日曜道場」の意義が浸透してきたということだと思います。来週以降も、どしどし参加してくださいね。  さて、先月実施しました「英検」一次試験の結果が

続きを読む

—————

2019年10月26日 20:02

第3回定期テスト/後期中間テストでゴリ押せ!

 いよいよ第3回定期テスト/後期中間テストが押し迫ってまいりました。中3受験生にとっては事実上最後の定期テストです。  国語道場では、塾生ができる限りベストの状態で定期テストに臨めますように最善を尽くしております。「日曜道場」はそのための学習イベントです。したがいまして、塾外の方が体験的に参加することはできません。塾生のための学習会であることをご理解ください。  今年度は塾生の定期テスト日程が11月全般に広がっておりますので、明日の10月27日と11月中はすべての日曜日が「日曜道場」として開校されます。定期テストに向けた学習指導が中心ですが、テストが終わった中学生や小学生の自習も可能です。お気

続きを読む

—————

2019年10月25日 22:37

学習相談が二者面談ではあまり意味がないワケ

 昼に弁当を食べながら、評論家の岡田斗司夫さんの講演動画を見ていました。これはなかなか勉強になりました。  動画が、長い講演の一部を切り取ったもののようなのでわかりにくいところもあるのですが、人生相談についての内容です。塾の面談も人生相談に通じるところがありますから、非常に共感するものがありました。  岡田さんは、「困る相談」のパターンを挙げているんですが、その一つとして、第三者についての相談があると言っています。つまり、自分の親についてとか、配偶者について、子どもについて、はたまた友人についての相談ですね。  そのような相談がなぜ「困る」かというと、そんなことは相談者と岡田さんが話し合っても

続きを読む

—————

2019年10月24日 22:10

秋の面談を実施中です!

 今週から秋の面談がスタートしています。塾生・保護者の皆様に連日ご予約の上ご来校いただいております。そのうえ、ご新規の方のお問い合わせやご相談などもありまして、毎日忙しくさせていただいております。  このようなわけで、現在お問い合わせに対する返信に通常よりも時間をいただいている状況です。まことに申し訳ありません。また、ご相談や教室見学などにおいでの際は、必ず事前にご一報いただけますと幸いです。  国語道場の面談、今回のテーマは、「空想から科学へ。妄想から行動へ」ですね。いや、思い付きです(^^;  しかし、総じてこの「ただ思っている」状態から「実現に向けて体を動かす」というのは、多くのお子さん

続きを読む

—————

2019年10月22日 23:37

子どもの「分からない」、「難しい」を恐れるな

 日曜日は、あきこさんと小6の娘と一緒に、蘇我の映画館で話題の映画、『蜜蜂と遠雷』を見に行きました。主人公亜夜(松岡茉優)が弾くピアノを実際に担当しているのが、私の大好きなピアニストの河村尚子さんだと聞いて、かねて見たいと思っていたのでした。   う~ん、映画としては正直微妙。皆それぞれに自分だけが奏でられる音楽を見つけられましたっていうテーマなんでしょうけれども、総じて弱い。おっと思わせるような場面は所々出てくるんですが、それぞれが映画全体を支える構造を形作るまでには至っていないと思いました。映画最終盤、バルトークのピアノ協奏曲第3番で盛り上がっていって、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番

続きを読む

—————

2019年10月21日 12:45

11月の予定

 11月は中学生の定期テストがある月です。今年は各校の後期中間テスト・第3回定期テストの日程が月全体にばらけているので、定期テスト対策学習会「日曜道場」は来週10月27日より毎週実施します。  また、明日(10月22日)より11月16日は秋の面談実施期間です。すでにたくさんのご予約をちょうだいしておりますが、お申し込みがまだの方は、お早めにお願いいたします。  今年度の冬期講習のご案内、申込書の配布は明日(22日)より開始いたします。中学生は、11月30日(土)までにお申し込みいただいた場合、受講料を1,000円引きとさせていただきます。

続きを読む

—————

2019年10月20日 21:52

「漢検」合否・成績について

 昨日は国語道場を準会場とする今年度第2回目の「漢検」を実施しました。受検してくださった皆様、まことにありがとうございました。  塾外から受検された方々には、火曜日(22日)以降、問題用紙をお送りいたします。  検定の結果・成績表ですが、11月14日(木)に、漢検協会より発送されるとのことです。翌15日(金)に国語道場に届くと思われます。塾外受検者の皆様には、合否・成績の発想はこれ以降となります。よろしくお願いいたします。  漢検協会から、「今年の漢字」募集の案内が届いております。もうそんな時期なんですね。国語道場では、小学生の「国語記述」、中学生の国語の授業において、今年1年を振り返って、そ

続きを読む

—————

2019年10月17日 23:08

子どものうちから主体的に勉強する姿勢を身に着けるよう努めているかどうかで、今後の人生が大きく変わってくる可能性がありますね

 あらゆる子育てに共通のゴールは、子どもの自立です。したがって、子どもの自立につながらないような「教育」は間違っていると断言してよろしい。日本中あちこちに瀰漫しているチェーン個別指導塾のように、子どもに手取り足取り教えこむような「教育」など、およそ教育と呼ぶに値しないものであることはちょっと考えればわかることです。  国語道場は個別指導の塾です。しかし、子どもたちの持っている依存心を助長しないように、自席で自らの手を動かし頭をフル回転させて、教わったことを使って問題を解かせることを大切にしています。  チェーン個別指導塾から国語道場に移ってきたばかりのお子さん。チェーン個別指導塾では甘やかされ

続きを読む

—————

2019年10月16日 22:47

今週金曜日(18日)は「漢検」です!

 台風が通過して、急に冷え込んできましたね。そのせいか、カゼをひいている生徒が多くなっています。  それにしても、台風19号による被害の甚大さに、ただただ唖然としています。犠牲になった方々に心より哀悼の意を表します。家や勤め先の建物の損壊や汚損、停電や断水など、大変な困難の中にある方が大勢出ていることに、胸を痛めております。一日にも早く元通りの生活に戻れますよう願っております。  週明け、台風への備えのために未処理のまま残っていた事務仕事を片付けていると、漢検協会から何かが届けられました。 「ん?いまさら漢検協会から何の案内だろう?」 と思ったら、「漢検」の問題と解答用紙など検定用資材一式でし

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター