国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年10月03日 23:46

どんなに教育のシステムが発達しても、学びの基盤となる力はやはり国語力だった

 今日は午前中、都内某所にてある塾さんによる勉強会があり、それに参加してきました。そちらでは、コンピュータやインターネットの、いわゆるIT技術ですが、それを使った個別指導をやっていました。  いや~、すごいと思いました。解説や問題が、各生徒の力量に応じて調整されて、自動的に与えられるようになっていました。よくこれほどのシステムを構築したなということに感心しきりでした。  しかし、こうしたシステムが作り込めるのはけっきょく英語と数学ということで、国語についてはそういうものは作り切れないようでした。そのように明言してはいませんでしたが、国語については説明の最後にちょっと流す感じだったので、まあ、そ

続きを読む

—————

2019年10月02日 12:01

Vもぎ(実力テスト)の「対策」はするな

 これもたまにいただくご質問なのですが、 Vもぎの対策に何をやったらいいですか? というものがあります。  「Vもぎ」は最近はほとんどの場合県立そっくりもぎという名称になっていることが多いですね。この質問は、Vもぎに限らず、全国や全県規模の偏差値が出たり、志望校合否判定が出たりするような実力テストに向けて、どのような勉強をしたらよいかとお尋ねになるものだといえます。  この記事のタイトルで出オチ感がありますが、国語道場の生徒ならば、「実力テストの対策」として個人で何か特別なことをやる必要はありません。国語道場では、実力テストを毎年4月・8月・1月の年3回実施しております。いずれも春期講習・夏期

続きを読む

—————

2019年10月01日 23:25

国語道場における英検1次試験には、受験票は発行されません

 今週土曜日(5日)は今年度第2回目の「英検」(実用英語技能検定)の1次試験です。  あれ、何時からだっけと思われる方もいらっしゃるかもしれません。過去記事を探すのもご面倒かと思いますので、時間割を再掲します。 実用英語技能検定(英検) 2019年度第2回 実施日 10月5日(土) 時間割 9:10~10:50 準2級     11:00~12:00 5級     12:10~13:25 4級     13:35~14:50 3級     19:40~21:40 2級 詳細を読む:...

続きを読む

—————

2019年09月26日 21:05

子どもの苦手にばかり着目するのは愚の骨頂

 定期テストの点数や学年順位などの情報が出そろってきました。今回も、学年順位を一気に30位以上上げた生徒など、頑張った子どもたちから喜びの報告をたくさんもらっています。  国語道場の私は、子どもたちのテスト結果の報告をもらった時に、基本的に良いことしか言いません。得点の一覧を見回して、得点の良いものや前回より得点が伸びたものを指して、 「今回はずいぶんと数学頑張ったじゃん」 といった感じで一人一人コメントして歩きます。  こう言うと、以前は、 「いや~、でも、今回英語がダメでした・・・。」 なんて、良くなかったところをわざわざアピールする子どもが多かったんです。こういうのはちょっと悲しかったで

続きを読む

—————

2019年09月25日 23:43

理科・社会が暗記科目だと思っている人に、まず優秀な人はいません

 皆さん、中間テスト・第3回定期テストの勉強、始めていますか?  「いや、この間期末テストが終わったばかりで、まだ前期も終わっていないよ」と思っているかもしれませんが、おおむね今現在、次の定期テストまで平均して残り40日くらいでしょう。中3だと、もう1か月ちょっとしかないというところもあれば、1・2年生だとまだあと60日以上というところもあります。  いずれにしても、国語道場では、すべての中学生に次回のテストの目標を聴取しているところです。  中間テストがそう遠くないといっても、もちろんまだまだいろいろなことをやる時間が十分にある時期でもあります。皆さん、どんな風に勉強を進めていますか?  し

続きを読む

—————

2019年09月24日 23:21

素人見立ての国語力判断は、けっこう危険ですよ

 9月も残り1週間になりました。今年の9月は、例年に比べてご新規の方のお問い合わせが多かったですね。その中でも、やっぱり「国語力」ということでご相談や無料体験授業においでになった方が多かったです。今日は、保護者の皆さんとお話をしていて気になったところがあったので、その点についてお話ししたいと思います。  「国語力」の判断って難しいなと思います。  なぜか。一口に「国語力」といっても、それにはいろいろな側面があるからです。異口同音に「うちの子は国語力がないんです」と言ってこられても、その中身は実に多様です。「国語力」のどの点に問題があるのか、国語力についての様々な観点からの学習指導経験のない人に

続きを読む

—————

2019年09月22日 22:58

困ったときはしかるべき人にすぐに助けを求めましょう

 国語道場は、個別指導の塾です。個別指導の塾といいますと、授業時間の振替が多くの場合できるようになっています。「振替」とは、塾に行って授業を受けることになっていた日時にのっぴきならない用事が入って授業を受けられなくなってしまった生徒を救済するために、他の都合のよい日時に改めて授業を実施する制度です。  国語道場もご多分に漏れず授業日時の振替を承っているのですが、生徒数の増加に伴って、この振替業務の量が結構膨大な件数に上るようになっています。このままいくと本来の学習指導に支障をきたすのではないかと不安になってきました。そこで、IT技術を使った塾運営サポートツールを導入しまして、振替のリクエストを

続きを読む

—————

2019年09月20日 23:34

10月の予定を公開しました

 本日、連絡用アプリにて、塾生の皆様には10月の予定を公開しました。ご確認ください。  10月はイベントがたくさんあります。  まず5日(土)には「英検」、18日(金)には「漢検」があります。中学3年生にとっては「内申書」に記載される最後のチャンスになりますので、頑張りましょう!  6日(日)は、県立そっくりもぎです。例によって15時から、「県立そっくり模擬」見直し会を実施します。実力テストの学習は、その日のうちに!  国語道場が加盟する千葉学習塾協同組合主催の、私立中・公の合同葬段階である「スクールフェア2019」は13日(日)に三井ガーデンホテル千葉で開催されます。併願校だとしても私立高

続きを読む

—————

2019年09月19日 23:42

8月実力テスト 好成績、大幅偏差値アップに喜びの声続々

 本日、小学生と中学1・2年生の8月実力テストの成績表の配布を開始しました。夏休みに頑張った成果が成績に現れ、大幅成績アップを実現したたくさんの子どもたちから、喜びの声が聞かれました。 緑町中3年のHさん、数学が+5ポイントアップ! 千葉大附属小3年のT君、算数の偏差値が7ポイントアップ!2教科の偏差値も過去最高に! 稲浜小5年のS君、算数が+7ポイントアップ! 轟町小6年のY君、国語の偏差値が+7ポイントアップ! 花園中1年のT君、国語が+7ポイントアップ! 蘇我中1年のKさん、国語の偏差値が+7ポイントアップ! 緑町中2年のNさん、社会と理科の偏差値がともに+7ポイントアップ! 都小4年の

続きを読む

—————

2019年09月18日 23:43

ホームページ内の料金表示を、すべて消費税10%込価格に修正しました

 主にこちらのページですが、10月1日より消費税率が変わるのに対応しまして、料金の表示をすべて税込み価格に直しました。  これまでは一の位まであるような料金体系でしたが、10月より一の位は、小学生のアカウント維持費以外すべて0になります。実は消費税10%で切りのいい金額になるように、6年前から授業料等を設定していたのでした(^^)  今回の消費税率アップは、なんだか妙ですね。  前回、5%から8%になる時は、確か中小企業庁かどこかだったと思うんですが、消費税率を上げないように強要する取引先などがあったら密告するようにという文書が送られてきました。ジュースの自動販売機で、税率アップ後も料金を上げ

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター