国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年04月25日 20:53

作文を「書ける」ようになる唯一の方法

 ネット雑誌の記事にちょっと面白いものがありましたので、ご紹介したいと思います。 東大生が教える「文章がスラスラ書ける」凄ワザ  現役の東大の学生さんが書いているんですね。ふむふむ。作文(アウトプット)ができるようになるためには、そもそも頭の中に習熟した知識や情報があることが必要で、書けない人はそれができていない。だから、工夫して様々な情報知識をインプットしていくことが大切ですよということですね。  言っていることは確かにその通りなので、ご興味のある方はこの著者の言うとおりに実践してみるとよいかもしれません。  しかし、子どもたちに日々書くことを教えている立場の私としては、上の文章の別のところ

続きを読む

—————

2019年04月23日 23:44

英検申し込み状況、5月の予定など告知

 今日までに、外部の方も含め、英検実施について何件かお問い合わせをいただいております。  ご注意いただきたいのですが、道場生とそのご家族、またはそちらを通してのお申し込み以外の外部の方につきましては、電話やメールのみで英検のお申し込みを承ることはありません。電話やメールでご予約を承ることもありません。お手数をおかけしまことに恐縮ですが、国語道場までおいでいただき、申込書のご記入と受検料の支払いを済ませてはじめてお申し込みとなりますので、ご注意ください。  5級の定員は、4月23日時点で残り3枠となっております。お電話などでお問い合わせいただいた方には、まだお申し込み可能とお答えしておりますが、

続きを読む

—————

2019年04月21日 21:29

「ヒトラー VS. ピカソ」

 今日は、ヒューマントラスト有楽町という映画館で、「ヒトラー VS....

続きを読む

—————

2019年04月18日 20:49

AI時代に求められる能力は、けっきょく基礎学力!「多様な人材」とかいうまやかしに騙されるな!

 今から10年以上前のベネッセ教育研究所のコラムにこんなものがあります。  なりたい職業に見る「学習意欲と親のかかわり 」  要は、将来なりたい職業が明確な子どもは学習意欲が高い傾向があるということで、それではどうやって子どもに将来の職業の希望を持たせたらよいかという記事です。  どうでしょう。この手の話は以前は結構よく耳にしたように記憶するのですが、ここ最近めっきり聞かなくなったように思われませんか?  それはそうでしょう。近い将来AI(人工知能)が普及して人間に代わって様々な業務を行うようになり、その時には現在ある職業の多くがなくなるだろうなんて予想されているわけですか

続きを読む

—————

2019年04月17日 17:38

「謀反人」現る

諸君、謀叛を恐れてはならぬ。謀叛人を恐れてはならぬ。自ら謀叛人となるを恐れてはならぬ。新しいものは常に謀叛である。 ~『謀反論』/徳富蘆花  今日、生徒の一人が授業の前にこんなことを報告してくれました。 「先生、私今日から水曜日は『帰宅部』なんです。」 「え、どういうこと?」 「毎週水曜日は部活を休むことにしたんです。」  聞いて私はたいそう感心しました。  彼女は、勉強と趣味の活動(=部活動)との時間的なバランスを考えて、自ら平日の1日、学校では部活は行われているけれども、自分は勉強をがんばる日に決めたということです。実は、国語道場にはこのような決断を自ら行った生徒たちがほかにも数名

続きを読む

—————

2019年04月14日 19:16

やっぱりちゃんと測らないとだめでしょ

 昨日までに、国語道場の4月度実力テストおよび春の「読書指数診断」が終了しました。新年度のご多用の時期でしたが、塾生ならびに保護者の皆様にはご協力まことにありがとうございました。  成績ですが、実力テストは今月の末、「読書指数診断」は来月20日以降に返却いたします。小学生の実力テストは、全国単位の偏差値、中学生のそれは千葉県全域における偏差値、「読書指数診断」ではお子さんの語彙数、語彙力の学年レベル、読みの正確さが数字で明らかになります。  個別指導チェーン塾から国語道場に移ってこられる方のお話をお聞きしますと、偏差値が出るような実力テストを受けてこなかったという方が結構いらっしゃいますね。中

続きを読む

—————

2019年04月10日 20:32

ヤバい「国語力」の子どもが増えている?

 国語道場では、中学生の国語は塾長が全員直接教えます。  国語の問題を解く上で、まず最初に子どもたちに実践させていることは、自分の答えの根拠を説明できるようにすることです。問題を解いてまる付けをしたら正解だった。だけどそれがたまたま当たっただけだったなんていう場合、それは勉強になっていませんし、仮に間違ったとしても、それなりに考えた結果であれば、次につながる勉強になります。  国語道場には、おかげさまでたくさんのお子さんが通ってくれていますが、生徒が多くなるにつれて、心配な傾向を持つお子さんが世の中には多いのではないかと思うようになりました。もともとそんなものだったのか、それとも最近このような

続きを読む

—————

2019年04月09日 20:58

塾も美容整形外科も、プロの仕事は願望の最適化

 2年以上前の記事ですが、高須クリニックの高須克弥さんのインタビュー記事が非常に面白かったので紹介します。高須さんというと、政治的な発言ではあんまり感心しないことが多いんですが、自分の専門となると話も大変説得力があります。プロたるもの、顧客の希望に何でもかんでも無条件にはいはい従っているようではダメだと言います。 マトモな医者であれば、いくら患者がリクエストしても断るよ。でも、安さをウリにしてたり、オープンしたばかりの美容整形外科クリニックの中には患者さんの言いなりになっちゃうところもある  人の顔の「美しさ」とはバランスの問題なんだそうです。目が小さくても顔の造作が全体的に小作りでまと

続きを読む

—————

2019年04月07日 20:45

悪いことは言わないんで、勉強は若いうちにやるのが一番ですね

勉強は、しなきゃいけないものじゃありません。したいと思うものです(阿久津真矢)  私、最近ポーランド語の勉強を始めました。そう生徒たちに言うと、 「それ、なんか役に立つんですか?」 なんてことを結構な確率で言われます。う~ん、なんというか、分かってないんだよなあ。  私が英語以外の外国語を勉強するのは、これで4つ目です。  最初に手を出したのがドイツ語。高校2年生の時でした。NHKのラジオ講座を全編やり抜きました。がんばった。  高2でドイツ語をやってみようと思ったのは、クラシック音楽が好きで、クラシックといえば何といってもドイツ音楽が中心で、そういう意味でドイツの文化に何となくなじみ

続きを読む

—————

2019年04月06日 18:59

子を持つ親なら選挙には行った方がよいという話

 県議会議員の選挙公報が届かないと思ったら、定数2のところ立候補者が2名しかおらず、2人とも無投票で当選が決まってしまったんですね。  前回の統一地方選挙では、自称ニートなんて人があちこちで立候補していてなかなか面白かったんですが、今回はあんまり盛り上がってないみたいですね。  いずれにしても、国語道場の生徒の保護者の方ですと選挙なんか行くのが当たり前という方がほとんどだと思いますんで、外部の、選挙なんてどうでもいいでしょと普通に思っちゃってる親御さん向けの内容ですね、今回は。  要は、親である前に「ちゃんとした人」でありましょうということです。現代日本という民主主義国家の人間なんですから、

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター