国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年08月13日 22:46

英検(2019年度第2回)国語道場準会場では、5級はあと1名で締め切りです!

 今月2日の記事で、今年度2回目の「英検」・「漢検」の申し込み受付を告知いたしましたが、英検5級はあと1名で定員となります。公開会場などの申し込み受け付けはまだ続きますが、各準会場には英検協会より定員が定められているため、準会場・国語道場としましては、一両日中に英検5級の受付が終了する可能性が高いです。あらかじめお含みおきください。  英検5級以外の級、漢検の申し込みはまだまだ承っております。どしどしお申し込みください!  国語道場での「英検」・「漢検」の実施要項を再掲いたします。ご確認ください。 実用英語技能検定(英検) 2019年度第2回 実施日 10月5日(土) 時間割 9:10

続きを読む

—————

2019年08月12日 23:14

若い魂には「後期ロマン派」が必要だ

 国語道場は、今日で夏期休校を終えまして、明日より夏期講習後半戦に入ります。既習事項の復習と弱点の徹底克服、そして前期期末テスト・第2回定期テスト対策の学習を再開します。みんなとまた再会するのがとても楽しみです!  今日は千葉県吹奏楽コンクール高校A部門の本選大会を聞きに、朝から千葉県文化会館に行ってきました。 ↑開演前の舞台 私の出身高校のA部門での久々の本選出場を応援するためと、幕張総合高校がラヴェル作曲のバレエ音楽『ダフニスとクロエ』の抜粋を演奏するという話を聞きまして、それをぜひ聞きたいと思ったためです。  さすがに「吹奏楽王国」と呼ばれる千葉県の本選大会、開演30分前になっても当日

続きを読む

—————

2019年08月10日 22:59

後期(9月以降)の時間割変更の受付をまもなく開始します

 今日は青葉の森芸術文化ホール2階で行われているエジプト展のギャラリートークに、あきこさんと小6の娘といっしょに参加してきました。  お話は、アブド・ジダンさんという方で、なかなか流ちょうな日本語で、古代エジプト人の死生観について解説してくれました。現在、『エジプト・ワールド・ステーション』というエジプトに関する日本語のフリーペーパーの代表を務めているそうです。  面白かったので、しばらく道場にも置いておこうと思います。ご興味のある方は是非ご覧ください。  エジプトは、1990年代に観光客を狙ったテロが発生し、その影響で観光客が減ったと言われています。こうして日本に来てエジプトのことを知って

続きを読む

—————

2019年08月09日 23:25

遊ぶときは、遊びましょう

 夏休みということで、小2の甥っ子が我が家にお泊りに来ました。私の甥なので、うちの2人の子どもたちからすると当然従弟ということになります。  いとこというと、たぶん私と同じ世代の方々だと、とてもたくさんいたという人が多いのではないでしょうか。10人以上いるという方も珍しくないでしょう。私も、母の兄弟が7人いましたから、いとこはたくさんいました。  ところが、私がひとりっ子だったこともあり、うちの子どもたちにとって、今回遊びに来た甥っ子は、彼らにとって今のところ唯一のいとこになります。少子化のすさまじい勢いを感じずにはいられません。  この甥っ子ですが、非常に知能が進んでいると感じるところがあり

続きを読む

—————

2019年08月07日 23:44

私は優しいですが、厳しいです

 最近入塾したお子さんの保護者の方もおっしゃっていたのですが、恥ずかしげもなく申しますと、私はしばしば「優しそう」と言われます。まあ、そのように見えるということは仕方のないことですし、おおむね私は優しい人間だと受け取っていただいてもかまいません。  しかし、より厳密には、 「私は優しいですが、厳しいです。」 と申し上げておきたいと思います。  これは、私の大好きな映画である『メリー・ポピンズ』の中の主人公メリーのセリフです。映画の中でこの言葉を聞いて、これはいいな、使わせてもらおうと思って、たまに言うことがあります。  『メリー・ポピンズ』は、米国アカデミー賞5部門を受賞した、ディズニー映画史

続きを読む

—————

2019年08月06日 23:18

塾生を見ていて気になることーーくしゃみを止めるな

 今日の午前中、自宅の居間で宿題をやっている小6の娘の姿を何とはなく眺めていた時のことです。彼女は、急に両手で鼻と口を覆い、クシャンと大きなくしゃみをしました。  我が家の子どもたちは、みな大きな音を立ててくしゃみをします。それはおそらく私がいつも「へっくしょん、畜生」と、これまた大きな音を立ててくしゃみをするから、それが普通だと思って生きているからだろうと思います。  こうして娘の大きなくしゃみを聞いて、ふと、国語道場でたまにくしゃみを抑えている子どもたちがいることを思い出しました。  くしゃみを抑える方法はさまざまで、鼻をつまんで止めているもの、「イ゛」と何とも言えぬ短い音を鼻だか口だかか

続きを読む

—————

2019年08月05日 23:37

ファンタジーの世界は死んだ。自分の生き方は自分で決めてこの世界を変えろと『天気の子』が言っている

 今日は、あきこさんと小6の娘とイオンモール幕張新都心に、話題の映画『天気の子』を見に行きました。  イオンモールの映画館はいいですよね。駐車場はなんかいつもタダだし、座席もゆったりしています。映画館の向かいにゲーセンがあって、そこに80年代ゲームのできる筐体が1つ置いてあるんですよ。私はいつもそこでゼビウスを1ゲームキメて、映画を見ます。今日は絶不調で、最初のアンドアジェネシスも越えられませんでした。情けない。  さて、映画についてですが、この先本作の核心部分についてのネタバレがありますので、これからご覧になる方はお読みにならないか、その上お含みおきの上ご覧いただければと思います。  まず、

続きを読む

—————

2019年08月04日 23:03

国民が英語が苦手なのは国家としてはピンチでも、個人レベルではのし上がるチャンスではないかと

 先日の記事で、英語が苦手な人は、この夏休みにここだけは押さえようというポイントを紹介しました。一つは、英文を書く上でのルール、もう一つがbe動詞の意味、そしてもう一つが現在形でした。  この記事を書いたそのすぐ後に、今年の全国学力テストの結果がマスコミでも大々的にも報道されました。新聞などでご覧になった方も多いことでしょう。その中に、このようなものがありました。  さすがオレ。結局みんな中1英語ができていないんですよ。というか中1英語は「難しい」んですよ。それにしても、三単現に関する問題で正答3割というのは深刻ですね。  「三単現のsの付け忘れ」なんて、いかにも軽度なうっかりミスみたいに言

続きを読む

—————

2019年08月03日 21:40

夏期休校と英検申し込み状況についての告知

 みどり台にハクビシンがいますね。  先ほど、国語道場の前を通る学園通りの車道を猫ほどの大きさの獣がのうのうと歩いているのを見かけました。猫だったらもっとサーっと道を渡っていくと思うのですが、のっしのっしという感じで歩いているものですから、「変だな」と思ってよく見てみると、ハクビシンでした。  アガパンサスの植え込みを抜けてのんびりとこちらの歩道に入って私の目の前を堂々と通り抜けようとします。こんなに動作が緩慢だったら捕まえられるかなと思って手を伸ばしたところ、脱兎のごとくカフェ=ソッリーゾさんと隣家の間の金網塀の上をサーっと走り抜けていきました。  ハクビシンで検索すると、顔の黒い部分が濃い

続きを読む

—————

2019年08月02日 22:35

もうすでにお申し込みをいただいておりますが(^^; 第2回「英検」・「漢検」の申込受付を開始しました

 先日、塾生ではない親子連れの方が突然国語道場を訪問されました。今年度第2回目の漢検をお申し込みになりたいということでした。  あいたた・・。本来7月中に配布する予定だった第2回英検・漢検の案内の作成を、多忙にかまけて行っておりませんでしたm(__)m  その日は、残っていた第1回の書式の必要事項をその場で書き換えて、お申し込みをしていただきました。さっそくのお申し込み、まことにありがとうございました!  そして、本日ようやく第2回の案内・申込書が完成いたしまして、塾生宛にはさっそく塾連絡アプリにて配信させていただきました。明日以降、紙のご案内も配布いたします。  各要項は次の通りです。例によ

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター