国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年01月02日 22:56

さらちゃん、誕生日おめでとう!

 今頃は、お家で楽しくお正月を過ごしていることと思います。  国語道場に来てくれてわずか数か月、2回目の実力テストで、算数100点、一気に国・算2教科の偏差値が10ポイント以上も上がったのには、さすがに私も驚きました。  ポテンシャルが一挙に開花したのでしょう。国語道場の指導がさらちゃんにぴったりで、学力・成績を伸ばすことに役立てたことを心から嬉しく思っています。  今年一年、さらなる成長の力になれればと思っています。また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年12月31日 16:47

やさしい天皇の30年

 思ったのですが、もしかして改元が計画的に行われるのは、日本史上初めてってことはないですかね。  元号を変える改元は、古くは時の権力者の考えで行われ、明治以降は天皇の代替わりごとに行われてきました。基本的に突然変わってきたわけです(昭和→平成の時もそうでした)。今回のように、いつ今の天皇が辞めて次の天皇が即位するということが事前に計画され、それに伴い元号も計画的に変更されることになるというのは、もしかしたら史上初?あるいはそうでなくとも、非常にまれなケースなのではないかと思います。  元号が天皇1代につき1つと決められている制度を、一世一元の制といいますが、それをWikipediaで調べていた

続きを読む

—————

2018年12月29日 22:09

合格祈願に行ってきました

 毎年授業納めの翌日は、東京は江東区の亀戸天神者を参詣します。  毎年、一年の息災のお礼を兼ねて、家族連れでお参りしています。今年、高2の長男は東北に一人旅に出てしまったので、あきこさんと小5の娘と3人で参拝しました。  17年前に西千葉に国語道場の前身となる塾を創立する以前、東京の墨田や江東、葛飾といった下町地区で講師、教室長として長く働いていたので、私にとって「天神様」というと亀戸の天神様なんですよね。  以前も書いた気がしますが、実はわたくしとあきこさんはこの神社で結婚式をあげました。なのでいろいろと思い出深いところなのです。  ま、そのようなわけで、今も毎年塾生の合格祈願にはここにお

続きを読む

—————

2018年12月26日 17:45

何もないクリスマス

 今年は、十数年ぶりに、サンタクロースがプレゼントを持ってくるかのような演出をするようなクリスマスをやりませんでした。理由は、娘も小5になり、そのようなことを信じなくなったからです。  思えば、現在高専2年の長男が物心ついたときから、12月になるとアマゾンとかからプレゼントを仕入れ、ばれないように家に搬入して・・・ということをずっとやってきました。そのうちに娘も授かって、長男には必要なくなってからも、娘のためにそのようなことを継続してきたので、かれこれ15年くらいはやってきたことになるでしょうか。  いや、楽しかったですね。  クリスマスイヴの日は、子どもたちはサンタさんのためにお菓子や飲み物

続きを読む

—————

2018年12月25日 20:56

冬期講習空席情報(12月25日更新)

 国語道場の冬期講習にはたくさんの方々よりお申し込みを賜りまして、まことにありがとうございます。  ならびに、時間割につきましてはご希望に添えないケースが多発いたしており、ご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。  こちらに、最新の冬期講習空席状況を掲載してまいります。時間変更などの際にご活用いただけましたら幸いです。×印の付された時間帯は、現在のところ満席となっております。  27日の午後、28日は全日満席となりました。 2018年12月25日現在

続きを読む

—————

2018年12月20日 22:51

ゆうきちゃん、誕生日おめでとう!

 国語道場でのゆうきちゃんの誕生日はこれで3回目になるんですね!来たばかりの時はまだ低学年でしたが、最近はだいぶお姉さんっぽくなってきましたね。  学力の成長も著しくて、今年度の実力テスト偏差値は、平均で初年度のものを10ポイント以上上回っています。  お家の方も、国語道場の指導にご理解をいただいていて、感謝申し上げることしきりです。それだからゆうきちゃんも真剣に楽しく学習を続けられるのかなと思います。  9月の読書指数診断では、過去最高の語彙数とスコアをたたき出していますから、これからまだまだ伸びていくこと間違いなしです。また一緒に頑張りましょう!

続きを読む

—————

2018年12月14日 23:02

こうき君、誕生日おめでとう!

 こうき君が国語道場に来てくれるようになって、2回目の誕生日ですね。  振り返れば、読書指導「ことばの学校」では、小4でいきなりDグレードからスタートとポテンシャルの高さを見せてくれましたが、間もなくいよいよ最上位グレードFに到達するところまでやってきました。また、8月の実力テストでは、過去最高の偏差値をたたき出してくれました。  夏休みの自由研究が非常に高い評価を受けたそうですが、そこで継続的にたゆまぬ研究を続けていることが高く評価されたと聞いて、とてもうれしく思われました。ここまでの光喜君の学力・成績アップの源泉が、学ぶことや知ることに対する愛情にあることが分かったからです。  これからの

続きを読む

—————

2018年12月05日 21:16

「文章中の気持ちなんて、登場人物や作者じゃないから分からない」のか

 今週の「タモリ倶楽部」で、入試に使われた文章の原作者に来てもらって、登場人物などの気持ちを問う問題を解いてもらうという企画をやるらしい。今からひそかに楽しみにしている。  入試問題における気持ちを問う問題の解き方は決まっていて、あくまで掲載されている文章中に書かれていることをもとに解答を決めることになっている。登場人物のセリフや考え、表情、動作、情景などを根拠に、感情を表す言葉を自分の語彙力の中から選び取って記述するか、選択肢問題なら最も近いものを選ぶというものである。  だから、入試問題を解くという状況では、「気持ちなんて作者じゃないから分かりません」ということは通用しないことにはなる。気

続きを読む

—————

2018年12月04日 22:04

千葉県公立高校受験の過去問に取り掛かるタイミング

 入試の過去問をもうやったほうがいいのかということについて、ここのところ中3受験生何人かから質問をもらいましたので、基本的な考え方を説明しておこうと思います。  学校でも、「もう過去問やってるよ」などと言う友達がいるようなことがあって焦ってしまうかもしれませんが、結論から言うと、過去問に取り組み始めるタイミングは人それぞれということになります。自分に合ったタイミングで始めることが大切で、人より早く始めれば入試もうまくいくというものではありません。  それどころか、過去問演習は始めるタイミングと取り組み方が大変重要で、これを間違っているといくら早く始めようが、どれだけ時間と労力を費やそうが、全く

続きを読む

—————

2018年12月04日 00:44

私たちも、何となくこれまでの習慣を変えられない「裸の島」の住人なのではないか

 今朝は、TOHOシネマズ市原の「午前十時の映画祭9」に行ってきました。見たのは、新藤兼人監督の「裸の島」。  瀬戸内海のとある小島。夫婦と2人の子どもの4人の家族が、夏は芋、冬から春にかけて麦を作って暮らしています。島には真水が出ないらしく、夫婦は、日に何度も島と本土を手漕ぎ舟で往復し、小川で水を汲んで大きな水桶2つを天秤棒に担いで運ぶという生活をしています(この場面がとにかく長い)。  本土の生活を見てみると、自家用車も走り、テレビ放送も行われています。すなわち、時代設定は戦後。農地改革も行われた後でしょうから、彼らは小作人で土地から逃げられないので

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにキャリアがdocomoの方に多いです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター