国語力=学ぶ力の基礎ができていないのに、「お勉強」ばかりさせても身につかない!

お子さんの日本語は大丈夫でしょうか?

 こんな風に申しますと、「バカにするな。日本語なんて大丈夫に決まっているだろう」とお怒りになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろん、ここで申し上げているのは、ご家族間の日常的な会話などの日本語のことではありません。あらゆることを学ぶベースとしての日本語のことです。

「普通に」やっていては上位層の日本語力が身につかない

 国語道場では、「読書指数診断」という日本語語彙力を測定するテストを年に2回実施しています。

 その結果から見えてくることなのですが、中学生の半数は中学の学習に必要な日本語語彙が身についていないといって過言ではありません。「普通に」公立小学校で学び、そこを卒業して中学に進むお子さんですと、中学校で学ぶ内容を十分に理解し、身につけるだけの日本語語彙力がない方がむしろ普通です。

 学年相応の語彙力がない状態では、教科書や学校の先生の説明は完全には理解不可能です。「分かった」と言っていても理解があやふやで、自分の言葉でそれを説明することはできない状態のはずです。自分が勉強している内容を言葉で言い表せず、学んだことを言葉として整理できないので覚えることも簡単ではありません。

「教育の七五三」という言葉を知っていますか?

 この言葉は、小学生の7割、中学生の5割、高校生の3割しか、学校で学ぶ内容を習得できていない日本の教育の実態を揶揄したものです。

 中学生の約半分が、中学の学習内容をマスターできない?・・・私が初めてこの「教育の七五三」という言葉を知った時は、そんなものだろうかとそれほど深刻に考えなかったものです。

 しかし、上記の日本語語彙力テスト「読書指数診断」の実施を通して中学生の半数が学年相応の日本語語彙力を身に着けていないという実態を知るにつけて、中学生の約5割は中学校までの学習内容を習得できないという話が大げさでも何でもないなと実感しています。

 子どもの学力問題の背景には、日本語力の問題が間違いなく存在します。

学力問題=日本語力問題に向き合わない大人たち

 しかし、多くの親御さんは、ここで子どもの日本語力をどうにかしようとはしません。多くの塾は、日本語力をどうにかしなければいけないことはなんとなく分かっていますが、その方法論を持っていません。

 かくして、子どもの日本語力の問題を放置したまま、その場しのぎの「学習指導」が続けられますが、子どもの日本語能力は伸びていませんからなかなか定着しません。

 これは、小さなコップにバケツの量の水を注ぎ込もうとしているに等しいと言えましょう。バケツの量の水を入れたければ、入れ物をそれだけ大きくしなければいけないのです。

 ここで“コップ”とか“バケツ”とか言っているのは、子どもの頭脳のことです。水とは、知識のことです。入れ物の大きさは、知識を蓄えるキャパシティ、つまり日本語力の比喩です。

「日本に生まれた日本人だから日本語ができて当たり前」ではない

 子どもの日本語力をまずどうにかすることに大人が消極的になる理由の一つに、「日本に生まれた日本人なんだから」わざわざ日本語を勉強させる必要はないという思い込みがあるのではないでしょうか。

 たしかに家族や友達との会話もできないというお子さんは、あまりいないでしょう。しかし、だからと言ってお子さんの日本語に問題がないという証拠にはなりません。

 家族間や友達との「コミュニケーション」では、言葉のやり取りの多くが自動化され、大して意味のないことが多く、さして頭を使う必要もないことが多いです。そのような会話の中で、子どもの日本語の問題が表面に現れてこないのは当たり前のことです。

 実際、ちょっとしたことでも言葉で説明させるとグダグダになってしまう、文章に書かせてみると言葉が足りない、言葉の使い方がおかしいなどといった問題を持ったお子さんは少なくありません。いや大げさでなく、本当の意味で日本語を使いこなせていないお子さんのほうが普通なのではないでしょうか。

 論理的な文章を読む、自分の考えを人に分かるように書いたり言ったりする。このような、大学入試や社会人として必要な日本語能力は、家族や友達間のナアナアな「コミュニケーション」で身につくものではありません。それには、後天的なトレーニングが必要なのです。

まずは30,000語

 中学の学習内容をマスターするために必要な日本語語彙数は約30,000語です。これは学術的調査でも結論づけられた数字です。

 誤解のないように申し上げますと、この30,000語という語彙数は、「標準的な」学力の中学生のそれではありません。これは、学力上位層に入る中学生であれば、最低限クリアしている語彙数ということです。

 「標準的な」学力の生徒の語彙数はもっと少ないです。一般的な公立小学校を卒業して中学に入る子どもたちの語彙数は、せいぜい2万数千語であることが分かっています。

 「うちの子どもは『普通で』十分だ」とお考えですか?それも生き方としてはありですが、それでは中学校の学習内容はマスターできないということはご理解ください。

日本語力を伸ばすから、全教科伸びる

 国語道場ではもちろん国語の受講が必須です。日本語力の向上なくして、本当の意味での学力の向上などありえないからです。中学生は、国語に加えて、原則として5教科受講していただきます。

 国語の授業では、日本語の語彙知識を増やし、良書・良文に考えながら取り組ませることで読解力を向上し、理解したことを話させ、書かせることで日本語の運用能力を高めます。

 このように、教科としての国語だけではなく、あらゆることを学ぶ基盤としての国語力を向上させつつ、数学・英語・社会・理科といった教科指導を、一人一人にぴったりと合わせて個別に指導することで、全教科の学力向上、成績アップ、そして志望校合格を実現していくのが、国語道場の学習指導です。


思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年11月13日 23:35

正しい中学受験の導入に・・・中学受験スタート模試を実施します12/8

 私は、東京の塾で働いていた時は、中学受験は結構積極的に取り扱っておりました。しかし、独立して千葉で塾を始めてからは、それを強力に推し進めることはだんだんなくなってしまいました。  なぜか。どうも東京に比べて、千葉の人は、中学受験でお子さんに合う学校を探すよりも、まず学校のネームバリューから入る人が多いように思われるからです。上昇志向が強いということなんでしょうか。子どもに合った中学校との出会いによるお子さんの成長よりも、中学受験のコストを有名校に子どもを合格させることでペイさせたいのかなといった感じの親御さんは、私はちょっと苦手です・・・。  よく、「稲毛中はどうですか」といったご質問をいた

続きを読む

—————

2019年11月12日 23:19

日本語ができるから勉強ができるという当たり前のこと

 日本語語彙力と正確な読解力を測定する検定である「読書指数診断」の結果が先週返ってきました。国語道場では、原則全塾生が年2回受検してもらうことになっています。  今回の「診断」で、みごと日本語語彙力30,000語調を達成したのは、次の5名です! 緑町中2年 ひなこちゃん 花園中1年 たいこう君 緑町中1年 こうき君 緑町中1年 あみちゃん 緑町小1年 こうすけ君  春に引き続き、今回も出ちゃいました。小学生での語彙力30,000語達成!一度に5人というのも、国語道場始まって以来で、私もとても喜んでおります(^^)/  語彙力30,000語は、このブログでもたびたび言及している数字ですが、簡単に

続きを読む

—————

2019年11月10日 19:24

一人ひとりに合った学習指導

 今日は定期テスト対策学習会「日曜道場」第3ラウンド。来週定期テストがある幸町第一中と千葉大附属中の生徒が主な対象でしたが、すでにテストの終わった緑町中の3年生や再来週にテストが予定されている緑町中の1・2年生も参加してくれました。朝9:30から終了時刻の16:30までぶっ通しで7時間頑張った生徒もいて、定期テストに向けた並々ならぬ思いのほどがうかがい知れました。本当に国語道場生はよく勉強しますね。私は中学・高校とあまり勉強してこなかったので、わが生徒ながら、本当に立派な子どもたちだと尊敬の念さえ覚えます。  この「日曜道場」では、特に試験直前の生徒に対しては、自分で持ってきた教材を自主的に進

続きを読む

—————

2019年11月06日 23:26

本気なら、自分で自分に怒るくらいでなきゃ

 秋の面談シーズンも半分を過ぎたところです。  面談では、ご家庭でのお子さんのご様子をお話ししてくださる保護者の方がいらっしゃいます。その中で特に印象的だったものがあります。そのお子さんは、おうちの方と勉強の話をしていて、「英語の◯◯という単元で、注意しているんだけれどもどうしても間違えてしまう。」とぽろぽろ涙を流したというものです。  これはいいですね。「いいですね」って、子どもがとても悩んでいるのに何が「いい」だと思われるかもしれません。  しかし、この「悔しい」という思いや、自分のできなさ加減に対する怒りというか、情けなさといった感情。これは間違いなく成長につながるものです。  私自身も

続きを読む

—————

2019年11月05日 23:31

第3回定期テスト・後期中間テスト速報

 先週金曜日に実施された緑町中3年の第3回定期テストの結果が返ってきつつあるようです。  国語道場では、生徒の個人用学習記録用紙にテストの得点や通知票評定を記入してもらうことになっています。生徒がそれを書き終えたかなという頃に、私がへらへら生徒のもとに寄って行って、見せてもらいます。  「どれ、テストはどうだった?」 と言って学習記録用紙をひったくります。なぜかこちらと目を合わせません。 <・・・あれ、もしかして悪かったのかな…。> と思ってみると、数学100点・社会94点!  「おおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!すげェ~じゃんねえ!数学100点!やったーーーー!!!」 思わず叫んでしまいました

続きを読む

—————

2019年11月03日 23:08

内申点は「ホームラン」と同じ

 今日は明治天皇誕生日というか文化の日で日曜日でしたが、定期テスト対策学習会「日曜道場」第2ラウンドでした。  国語道場生で来週中間テストがあるのは花園中と加曽利中で、塾生の中ではメンシェヴィキということになります。そんなわけで、きょうは来る生徒も少ないかなと思っていたのですが、テスト直前の生徒のみならず、すでにテストの終わった緑町中の3年生や、再来週以降にテストがある緑町中の1年生や蘇我中の生徒、小学生も来てくれました。なんだかんだ勉強モードが盛り上がっている国語道場です。  中3にとってはもはや取り戻すことのできない1・2年生の日々ということで、一度つけられてしまった内申点を変えることはで

続きを読む

—————

2019年11月01日 15:06

宿題忘れが多いときに、まず見直すべきこと

 何度も申し上げておりますが、現在国語道場では、秋の面談を実施しております。  話題の一つとして、塾での学習状況のご報告があります。そしてその中には、宿題の達成状況というものもあります。  このご報告は、生徒たちにとってはなかなか緊張の一瞬のようです。話によってはおうちの方の表情がたちまち曇ったり、「ピキッ」と音が聞こえるような時があったりしますから。  「あなた、いつも私が『宿題はやったの?』って聞くと、『やったよ』って言ってるわよね。宿題忘れがあるってどういうことなの?」 と、その場で保護者の方がお子さんを問い詰められることもあり、面談が修羅場と化すこともあります(^^;  まあ、もちろん

続きを読む

—————

2019年10月31日 22:35

冬期講習だけで20万だの30万だのというような塾に子どもを通わせている親が終わってる

 ちょっと前の話ですが、実業家の堀江貴文さんがあるツイートにかみついたことが話題になりました。  十数年働いているのに手取り給料が14万円しかない。日本は終わっているといった内容のツイートに対し、終わっているのはそんなことを言っているお前のほうだと堀江さんが返信したところ、たくさんの人々から反響があったという話です。  たしかに一見したところ、貧困差別のような発言に見えないこともありません。しかし、その後,堀江さん自身によって、その釈明の動画がYouTubeに公開されました。私はそれも見てみましたが、まあ、なるほどと思える内容ではありました。  ポイントは2つありまして、一つは、今の時代、同じ

続きを読む

—————

2019年10月30日 23:03

冬期講習案内をアップしました!

 私、自宅から国語道場までいつも徒歩で通勤しています。運動不足解消のため、ある程度遠回りして歩きます。今日は敬愛学園高校の横を通ってきたのですが、校地と歩道の間に植わっているタカトオコヒガンザクラがなんと開花していますね。もう異常気象が普通になってしまったんでしょうか。  さて、お恥ずかしい話ですが、この国語道場ウェブサイトのメニューの右端に、ずっと「夏期講習」のご案内が表示されっぱなしでしたね。慣れというのは恐ろしいもので、まったく気になっていませんでした。今日、それを非表示にする方法を知りました。日々勉強であります。  早速ですが、それに変えて、冬期講習のご案内をアップさせていただきまし

続きを読む

—————

2019年10月29日 22:31

面談で、うれしいご報告をたくさんいただいております

 面談の実施期間ということで、連日塾生の保護者様にご来校いただいております。  私は、基本的にデータ重視主義なので、お預かりしているお子さんについてできるだけ数字で示せるものを用意して、お話をさせていただいております。主観的な印象の話はまったくしないこともないのですが、それほど時間を掛けません。「頑張っています」とか、「集中しています」とか、「すごいです」とか、そんな中身のないことばかり言っていても何の意味もないですからね。  「やる気」というか取り組みの熱心さについては、例えば宿題の達成度(割合)で示します。前回の面談の時から当日までの期間の宿題の達成度を計算して、これまでの推移とともに示し

続きを読む

—————


このホームページのお問い合わせフォーム、

電子メールでお問合せの方

国語道場からのメールが届かないケースが非常に多くなっております。とくにヤフーメールは不達になりやすいようです。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになる場合は、

国語道場からのメールが受け取れるようにしてくださいますようお願いいたします。

お問い合わせフォームやメールでお問合せになってのち2日ほど経っても当方から返信がない場合は、国語道場からのメールが受け取れない状態になっている可能性が高いです。お手数をおかけし大変恐縮ですが、この場合はお電話でお問い合わせくださいますようお願いいたします。

なお、次のようなケース(RFC違反のアドレス)では、国語道場のアドレスにメールがお送りになれません。

①メールアドレスの@より前の部分に、「.」(ピリオド)、「_」(アンダーバー)が2つ以上連続している方

②メールアドレスの@の直前に文字・英数字以外の記号がある方


塾生募集状況

このセクションは空白です。


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。



アクセスカウンター