記事のアーカイブ

2019年11月12日 23:19

日本語ができるから勉強ができるという当たり前のこと

 日本語語彙力と正確な読解力を測定する検定である「読書指数診断」の結果が先週返ってきました。国語道場では、原則全塾生が年2回受検してもらうことになっています。  今回の「診断」で、みごと日本語語彙力30,000語調を達成したのは、次の5名です! 緑町中2年 ひなこちゃん 花園中1年 たいこう君 緑町中1年 こうき君 緑町中1年 あみちゃん 緑町小1年 こうすけ君  春に引き続き、今回も出ちゃいました。小学生での語彙力30,000語達成!一度に5人というのも、国語道場始まって以来で、私もとても喜んでおります(^^)/  語彙力30,000語は、このブログでもたびたび言及している数字ですが、簡単に

続きを読む

—————

2019年11月10日 19:24

一人ひとりに合った学習指導

 今日は定期テスト対策学習会「日曜道場」第3ラウンド。来週定期テストがある幸町第一中と千葉大附属中の生徒が主な対象でしたが、すでにテストの終わった緑町中の3年生や再来週にテストが予定されている緑町中の1・2年生も参加してくれました。朝9:30から終了時刻の16:30までぶっ通しで7時間頑張った生徒もいて、定期テストに向けた並々ならぬ思いのほどがうかがい知れました。本当に国語道場生はよく勉強しますね。私は中学・高校とあまり勉強してこなかったので、わが生徒ながら、本当に立派な子どもたちだと尊敬の念さえ覚えます。  この「日曜道場」では、特に試験直前の生徒に対しては、自分で持ってきた教材を自主的に進

続きを読む

—————

2019年11月06日 23:26

本気なら、自分で自分に怒るくらいでなきゃ

 秋の面談シーズンも半分を過ぎたところです。  面談では、ご家庭でのお子さんのご様子をお話ししてくださる保護者の方がいらっしゃいます。その中で特に印象的だったものがあります。そのお子さんは、おうちの方と勉強の話をしていて、「英語の◯◯という単元で、注意しているんだけれどもどうしても間違えてしまう。」とぽろぽろ涙を流したというものです。  これはいいですね。「いいですね」って、子どもがとても悩んでいるのに何が「いい」だと思われるかもしれません。  しかし、この「悔しい」という思いや、自分のできなさ加減に対する怒りというか、情けなさといった感情。これは間違いなく成長につながるものです。  私自身も

続きを読む

—————

2019年11月05日 23:31

第3回定期テスト・後期中間テスト速報

 先週金曜日に実施された緑町中3年の第3回定期テストの結果が返ってきつつあるようです。  国語道場では、生徒の個人用学習記録用紙にテストの得点や通知票評定を記入してもらうことになっています。生徒がそれを書き終えたかなという頃に、私がへらへら生徒のもとに寄って行って、見せてもらいます。  「どれ、テストはどうだった?」 と言って学習記録用紙をひったくります。なぜかこちらと目を合わせません。 <・・・あれ、もしかして悪かったのかな…。> と思ってみると、数学100点・社会94点!  「おおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!すげェ~じゃんねえ!数学100点!やったーーーー!!!」 思わず叫んでしまいました

続きを読む

—————

2019年11月03日 23:08

内申点は「ホームラン」と同じ

 今日は明治天皇誕生日というか文化の日で日曜日でしたが、定期テスト対策学習会「日曜道場」第2ラウンドでした。  国語道場生で来週中間テストがあるのは花園中と加曽利中で、塾生の中ではメンシェヴィキということになります。そんなわけで、きょうは来る生徒も少ないかなと思っていたのですが、テスト直前の生徒のみならず、すでにテストの終わった緑町中の3年生や、再来週以降にテストがある緑町中の1年生や蘇我中の生徒、小学生も来てくれました。なんだかんだ勉強モードが盛り上がっている国語道場です。  中3にとってはもはや取り戻すことのできない1・2年生の日々ということで、一度つけられてしまった内申点を変えることはで

続きを読む

—————

2019年11月01日 15:06

宿題忘れが多いときに、まず見直すべきこと

 何度も申し上げておりますが、現在国語道場では、秋の面談を実施しております。  話題の一つとして、塾での学習状況のご報告があります。そしてその中には、宿題の達成状況というものもあります。  このご報告は、生徒たちにとってはなかなか緊張の一瞬のようです。話によってはおうちの方の表情がたちまち曇ったり、「ピキッ」と音が聞こえるような時があったりしますから。  「あなた、いつも私が『宿題はやったの?』って聞くと、『やったよ』って言ってるわよね。宿題忘れがあるってどういうことなの?」 と、その場で保護者の方がお子さんを問い詰められることもあり、面談が修羅場と化すこともあります(^^;  まあ、もちろん

続きを読む

—————

2019年10月31日 22:35

冬期講習だけで20万だの30万だのというような塾に子どもを通わせている親が終わってる

 ちょっと前の話ですが、実業家の堀江貴文さんがあるツイートにかみついたことが話題になりました。  十数年働いているのに手取り給料が14万円しかない。日本は終わっているといった内容のツイートに対し、終わっているのはそんなことを言っているお前のほうだと堀江さんが返信したところ、たくさんの人々から反響があったという話です。  たしかに一見したところ、貧困差別のような発言に見えないこともありません。しかし、その後,堀江さん自身によって、その釈明の動画がYouTubeに公開されました。私はそれも見てみましたが、まあ、なるほどと思える内容ではありました。  ポイントは2つありまして、一つは、今の時代、同じ

続きを読む

—————

2019年10月30日 23:03

冬期講習案内をアップしました!

 私、自宅から国語道場までいつも徒歩で通勤しています。運動不足解消のため、ある程度遠回りして歩きます。今日は敬愛学園高校の横を通ってきたのですが、校地と歩道の間に植わっているタカトオコヒガンザクラがなんと開花していますね。もう異常気象が普通になってしまったんでしょうか。  さて、お恥ずかしい話ですが、この国語道場ウェブサイトのメニューの右端に、ずっと「夏期講習」のご案内が表示されっぱなしでしたね。慣れというのは恐ろしいもので、まったく気になっていませんでした。今日、それを非表示にする方法を知りました。日々勉強であります。  早速ですが、それに変えて、冬期講習のご案内をアップさせていただきまし

続きを読む

—————

2019年10月29日 22:31

面談で、うれしいご報告をたくさんいただいております

 面談の実施期間ということで、連日塾生の保護者様にご来校いただいております。  私は、基本的にデータ重視主義なので、お預かりしているお子さんについてできるだけ数字で示せるものを用意して、お話をさせていただいております。主観的な印象の話はまったくしないこともないのですが、それほど時間を掛けません。「頑張っています」とか、「集中しています」とか、「すごいです」とか、そんな中身のないことばかり言っていても何の意味もないですからね。  「やる気」というか取り組みの熱心さについては、例えば宿題の達成度(割合)で示します。前回の面談の時から当日までの期間の宿題の達成度を計算して、これまでの推移とともに示し

続きを読む

—————

2019年10月28日 15:27

勉強嫌いは低学年で決まる。大人も学び続ける必要がある令和の時代、勉強嫌いは一生祟る!

 30年も塾をやっておりますとそれこそ数えきれないほど多くの保護者の方々とお話をさせていただいているのですが、ときおりこのようなことを言われる方がいらっしゃいます。 「まあ、私も勉強は嫌いでしたけどね。勉強なんて好きな人はいませんよね。」  (゜_゜)うーん。そう仰られてもなあと。  国語道場のホームページをご覧になっている方々にはこういう感覚の方はあまりいないのかもしれませんが、もしこういう「勉強嫌いは当たり前」なんて感覚が普通だと思っている方がいらっしゃいましたら、 そんなの全然フツーじゃありませんから ということを肝に銘じてほしいと思います。「勉強嫌いが当たり前」なんていう自分の感覚を、

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。