記事のアーカイブ

2018年09月24日 00:12

これは「いじめ問題」の多くを解決するだけではなくて、学力向上にも役立つ

 ツイッターを見ていたら、タイムラインに↓こんなインタビュー記事の紹介が流れてきました。 「なぜ「いじめ」はなくならないのか?春名風花さんがたどり着いた結論 みんな「逃げろ」と言うけれど…」  問題点の指摘、提言について、私も日々同じようなことを考えていたのと、彼女が現役の高校生だと知ったこととで大変驚きました。皆様にも、味読熟読精読をお勧めいたします。 「大人は、『逃げろ』って簡単に言うけれど、逃げた後のことまでは考えてくれません。不登校になった後どうすればいいのか、その後どんな風に社会と関わっていけばいいのか。そこまで選択肢を提示して考えてくれる人は、ほとんどいません」  これは、ホ

続きを読む

—————

2018年09月21日 21:41

子どものアタマとカラダは、親が与えるものでできている

 先日、NHKの「あさイチ」を見ていたら、出演者の女優さんが、子どもの体は親が与える食べ物でできているのだから、食べさせるものにはすごく気を遣っているということを言っていました。  そうでしょうねえと思いながらふと考えたのですが、子どもの知能や精神は、親が直接話しかけたり見せたり聞かせたりした言葉によって形成されるはずだなということに思い至りました。  まあ、幼稚園や学校に通いだすと、親以外から与えられる言葉の割合も非常に多くなりますけれども、いずれにせよ子どもの知能、精神を形作るのは、様々な形で親から与えられる言葉が大部分を占めると考えて間違いないのではないでしょうか。  国語道場では中学生

続きを読む

—————

2018年09月20日 21:26

中学生が塾でふだんから理科・社会を勉強しないのは、やっぱり時間のムダ

 中学1・2年の、8月の学力テストがようやく業者さんから返ってきました。  本当はもっと早くできるはずだったんですが、期限までにテストを受けてくれない人がいたので、少し遅くなってしまいました。期限通り受けてくれた皆さんには、大変申し訳ありませんでした。  最近、70代という偏差値は、国語道場ではよく見かける数字になってきました。今回、8月の実力テストでは、中2なら道場生の半数が何らかの教科で70以上の偏差値を取りました。  どの教科で70以上の偏差値が取れているかというと、理科と社会でした。最高で78というのがありました。  国語道場では、原則として中学生は5教科受講していただいております。中

続きを読む

—————

2018年09月18日 20:56

りゅうせい君、誕生日おめでとう!

 りゅうせい君も国語道場での学習スタートは今年度からになりますが、ここまでなかなか順調に成績を上げられていますね。  定期テストの点数は続伸で、入塾前の昨年度末の第4回定期テストから比べると、5教科合計で30点ほど得点が上がっています。今回の第2回定期テストは問題が難しかったようなので、得点アップしたりゅうせい君は、学年順位も確実に上がったことでしょう。報告を楽しみにしています。  ともかくも、入試が近づいてきています。この調子で最後の最後まで駆け抜けていきたいですね。先生たちも最後まで応援していきますよ!

続きを読む

—————

2018年09月16日 21:51

かいり君、誕生日おめでとう!

 国語道場では今年度からの学習スタートですが、春~夏にかけて着実に実力がついてきているようですね。  3教科の伸長が特に顕著で、実力テスト偏差値は、4月から8月にかけて国語が約10ポイント、数学が約15ポイント、英語が約15ポイントも上がっています。  国語道場に来て、かいり君なりによく努力した成果が表れてきていますね。先生たちもとてもうれしく思います。  受験が近づいてきました。最後の最後まで応援していますから、ともに頑張りぬいていきましょう!

続きを読む

—————

2018年09月15日 15:39

隠し事の多い人は受験で失敗する

 今月は私立高校の塾対象説明会が集中する第2のピークです(第1のピークは6月)。今週は敬愛学園高校と桜林高校の説明会に行ってきました。毎年、市内の私立高校の塾対象説明会にはすべて参加しています。  中3受験生の皆さんは、受験する私立高校はもう決まっているんでしょうか。  第一志望校が早いうちに決まっている人ほど、目標を達成しやすいと言われています。しかし、実は学力検査で合否が決まるような公立高校、難関私立高校受験の最終決定は、それほど急ぐ必要はありません。受けるか受けないかを自分で決めて、自分で出願すればよいからです。(もちろん調査書の発行に必要な時間というものもありますが。)  しかし、「保

続きを読む

—————

2018年09月12日 21:21

まさや君、誕生日おめでとう!

 夏期講習からのスタート、夏休み後も続けてくれてありがとう!  国語道場で読書指導「ことばの学校」の受講を始めて1か月とちょっと。最初は「本を読むのが嫌いだ」なんて言っていましたが、もう早くも長めの本を4冊も読破しているんだね。素晴らしいです。  これからもっともっとたくさんの本を読んで、さらにたくさんの言葉に出会いましょう。そうしていくうちに、きっととても豊かな人生がまさや君に訪れると思います。  また一緒に頑張っていきましょう!

続きを読む

—————

2018年09月11日 11:14

子どもの能力はどこから来るのか

 今朝の千葉日報の朝刊を見たら、1面に、千葉市出身のピアニスト高木竜馬さんがグリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェイ)で優勝したというニュースが載っていました。  高木さんのリサイタルには、家族で何度か聴きに行っています。なんと言ってもそのエネルギッシュな演奏に惹きつけられます。毎回プログラムも自作されているようで、それを読むと1曲1曲について様々な角度から熱心に研究されていることが感じ取れます。私も、自分の仕事にもっと誠実に取り組もうという元気をもらえるピアニストさんですね。  帰国されたときに、千葉~稲毛界隈の身近な小規模な会場でも精力的に演奏会を開かれているので、機会があったらぜひお出か

続きを読む

—————

2018年09月10日 12:28

女の子は大変

 先週は、院内の千葉聖心高校の説明会に行ってきました。  同校の副校長先生自ら言われている通り、「模試の偏差値ランキング表で一番下の方を見るとすぐに見つかる」高校です。  しかしながら、その副校長先生の「子どもたちに自尊心を持ってもらいたい」というお話には大いに共感しました。  同校では、小・中学校で活躍できなかった子どもたちに学校行事等で活躍の機会があるとか、毎日「自己探求」という時間があって、それこそ小・中学校の課程で身についていなかったことなんかを学び直してできるようにする取り組みしているということでした。筋の通ったいい教育をやっておられるなと思いました。  件の副校長先生はもともと中学

続きを読む

—————

2018年09月04日 09:37

お子さんの「勉強する能力」そのものを測ります

 今年は、夏休みの終わりごろにかけて、子どもの自殺を予防する目的で、行きたくなければ学校に行かなくても大丈夫だという話題がテレビで盛んに言われていたように思います。  学校になじめない、行かないという子どもは年々増える一方で、今後も減ることはないでしょう。学級制というストレスフルで無意味な仕組みを変えていこうとしない限り。  国語道場の塾長という立場で、現在の学校のダメなところを指摘させてもらうと、中学生の大半が、中学生としての学習に必要な日本語能力を身に着けさせることができていないことですね。  私には、学校の先生方を批判する意図は毛頭ないです。自分の子どもたちがお世話になった/なっている先

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。