思うように子は育たぬが、育てたように子は育つ

2019年07月01日 16:52

男子はボーっとしているから後伸びする

 毎年夏の面談シーズンには、塾生とご新規の方のご相談を合わせると大体100名前後の親御さんとお会いしていることになります。お父さんのご参加も多くなっているとはいえ、まだまだ面談にお越しになるのはお母さま方が中心です。 〽男と女の間には、ふかくて暗い川がある・・・  お母さま方とお会いしていると、たまにこんな歌を思い出してしまうことがあります。女性からすると、男の子のボーっとした感じは、ちょっと理解しがたいものに思われることが多いようです。 「こんなにボーっとしていて大丈夫なのか心配です」 「忘れ物も多いし、勉強もできないし。どうしてこんな風になっちゃったのかと思います」 などなど、男のお子さん

続きを読む

—————

2019年06月30日 22:06

部活は本来レジャーであることを理解できない日本の中高生

 国語道場では現在夏期講習のお申し込みを受け付け中です。最終的な締め切りは、7月13日(土)午後7時半となります。  夏期講習のお申し込みの際は、日程表のご提出をお願いしております。学校の部活動の予定が発表されるのが例年夏休みの始まる1週間前ころということで、一度ご提出いただいた日程をこれから変更されるという方はたくさんいらっしゃいます。  もちろん、国語道場の夏期講習はそのようなことが可能なシステムですので、そのこと自体一向に問題はありません。しかし、いつものことながら少々違和感を覚えることがあります。それは、一日たりとも部活動を休むことがないように、きれいに授業の予定を調整しようとするお子

続きを読む

—————

2019年06月29日 20:23

時代は、塾も学校も「個別最適化」を目指していくべき時

 本日も面談で、お菓子をちょうだいしてしまいました。お心遣い、まことにありがとうございます。 日本のチョコレートってどうしてこんなにおいしいのでしょうか。  ご新規の方からのお問合せも、本日もたくさんいただきました。国語道場に関心を持っていただいて、ありがとうございます。  いただいたメールには、本当に親御さんのお子さんに対する強いお気持ちが伝わってくるものがございます。拝読していてまことに身の引き締まる思いがいたします。私どもがお力になれるようでしたら、喜んで応援させていただきたいと思います。  最近のニュースで、ある政府機関が、「令和の教育改革に向けた、『未来の教室ビジョン』」を取りまと

続きを読む

—————

2019年06月28日 23:17

いよいよ明日が締切!夏期講習早期申込割引

 お蔭様で本日も大変忙しゅうございました。レギュラーの授業に加えて、塾生のための夏期面談、入塾のお手続きに来られた方への対応に、メールやお電話でのご新規のお問い合わせへの応答など。あと、夏期講習の申込の受付もあります。  その関係で、メールなどの返信が、夜中の1時過ぎなどけっこうとんでもない時間になることがありますが、なにとぞご容赦ください。その時間でもできるときにご返信しないと、いつまで経ってもご連絡できないということになってしまうためです。よろしくお願いいたします。  なんだか最近血圧が少し高くなってきているような気がします。若い頃は最高血圧100...

続きを読む

—————

2019年06月27日 23:36

自分の学校生活ぐらい

 進路の話になると、しばしば 「◯◯高校は△△部がないからなあ」 とか、 「××高校はあんまり□□がさかんじゃないんです」 などと生徒が言うことがあります。  そういう時私は、 「何言ってんだよ。部活がなかったら自分で友達を募って、仲のいい先生に顧問になって作ればいいだろう」 とか、 「その高校が弱いんだったら、俺が行って変えるくらいに思えばいいだろう」 などと話します。でも、子どもたちにはいまいちピンと来ない様子。  私と同じかそれ以上の世代の方でしたら、部活はなければ自分で作るということはよくあったと思います。千葉県には1970年前後に作られた高校がたくさんあるのですが、それらの高校に今あ

続きを読む

—————

2019年06月26日 23:44

安心してください。入塾金も夏期講習も無料にはなりません(笑)

 いや、もう猛烈に忙しいです(''ω'')ノ  今日も塾生の面談が5件ありまして、そのほか入塾手続きに来た方もいらっしゃったりして、提出された夏期講習の申込を台帳に転記して、それで中学生の国語の授業はいつも通りあり…といった感じでした。生徒たちが帰った後に「息抜き」のつもりでポーランド語の単語テストをやっていたら、軽く頭が痛くなりました。そりゃそうか。  面談にいらした保護者の方から、差し入れをいただきました。  パッケージのデザインが実にいいですね。おいしくいただきました。ありがとうございます!柑橘系の成分がよかったのか、頭が痛かったのが落ち着きました。  まれにお問合せで、「入会金無料と

続きを読む

—————

2019年06月25日 23:41

本当に子どもが伸びる教育とは

 私は学生時代、東京日仏学院の通信講座でフランス語を学んでいたことがあります。  課題と一緒に毎月ニュースレターが送られてきていました。その中の一つで、なぜか今も覚えているものがあります。その内容とは、講座は自分のフランス語のレベルに合ったものを選んでください、というものでした。どうも自分の実力にそぐわない上級者向けのコースを受講して、ろくでもない答案を送り返している受講者が少なくなかったようです。  勉強して最も効果が上がるのは、本人の学力に合った教材を使うときです。本人の学力に合っていない学習は無意味というか、そもそも学習と呼ぶに値しません。ですから、現状の学力がどの程度のものかを把握する

続きを読む

—————

2019年06月24日 13:35

ただ本を読むだけでは語彙力は伸びません。では語彙力が伸びる読書法とは

 国語道場の入り口のドアには、ドアノブがついています。教室に出入りするときは、ドアノブをつかんで回す必要があります。  「何を当たり前のことを言っているんだ」と思われるかもしれませんが、実はこれが分からないお子さんが意外といるのですよ。教室に入ろうとしてドアノブを握る。そしてそれを回さずにドアを押したり引いたりして、「開かない、開かない」と慌ててしまうお子さんは、少なくありません。  私は当初、子どもたちの握力の問題かなと思っていたのですが、犬の散歩中に最近建った家々の玄関のドアを見て納得しました。ドアノブ式の玄関ドアは、近年ほとんどないのですね。ほとんどがレバー式またはハンドル式になっていま

続きを読む

—————

2019年06月23日 14:31

長時間の勉強は本当に「効率が悪い」のか?

 時まさに第16回チャイコフスキイ・コンクール真っ最中であります。  チャイコフスキイ・コンクールは、世界で最も権威が高い芸術音楽演奏者のコンクールの一つと言われております。今回、ピアノ部門では、藤田真央さんという日本出身のコンテスタントが活躍しています。現在決勝ラウンドまで進出。  コンクールの様子は medici.tv...

続きを読む

—————

2019年06月22日 23:12

国語道場は中学2年生が一番「たいへん」

 先日の記事では、今回の第1回定期テスト・前期中間テストで90点以上の高得点を紹介しました。  しかし、国語道場は、入塾試験を実施して成績が良くて塾の実績になりそうな生徒ばかり集めている塾ではありません。あくまで生徒たちの学力・成績を上げるということに命を懸けている塾ですから、そちらの方で頑張った生徒たちも紹介したいと思います。 理科 +20点 緑町中3年 英語 +21点 緑町中3年 理科 +21点 千葉大附属中2年 理科 +22点 緑町中3年 英語 +23点 幸町第一中2年 数学 +24点 緑町中3年 社会 +24点 緑町中2年 英語 +25点 緑町中3年 理科 +31点 千葉大附属中3年

続きを読む

—————


お問い合わせ先

国語道場(西千葉)

稲毛区緑町1丁目27-14-202
千葉市
263-0023


043-247-7115
お電話のお問い合わせは、火~土曜日の午後3時~9時
メールは24時間承っております。